【ゆるゆり】京子かわいいすぎて死にそうなんだが……

桜砂漠
ゆるゆりの京子ちゃんかわいいですよね!あの太陽を彷彿とさせる笑顔がたまりません!また元気のいい活発な女の子ってなんであんなに魅力的なんでしょうかね!?

ゆるゆり主人公(?)京子ちゃん


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013946303

結衣「この京子の顔はなにか良からぬことを考えてる顔だ」

京子「結衣もまだまだ甘いな!これはあかりいたっけって顔だよ」

あかり「もお!京子ちゃんひどいよ!」ぷんぷん


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013946203

結衣「冬に寒風摩擦とかするから風邪ひくんだぞ」

京子「へぶっしゅん!!」

綾乃「(歳納京子が裸で///)」

千歳「」ブシャー


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945903

京子「だれだこの美少女は……」

結衣「おまえは黙っていれば美人なんだけどなあ」

ちなつ「そうですね、いっそガムテープでもはりましょうか?」

京子「ひどい言われようだ」

あかり「でもあかりは明るい京子ちゃん大好きだよ」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945803

京子「さあおいでちなちゅ」

ちなつ「結衣先輩っ!たすけてください!」

京子「しょうがない。じゃあ綾乃おいで」

綾乃「えっ///」

千歳「」チーン


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945703

ちなつ「京子先輩整形しました?」

京子「なにを言ってるんだいちなつちゃん」キリッ

結衣「京子は顔芸上手いよな」

ちなつ「(ちょっとドキッとしたことは黙ってよう///)」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945403

あかり「うわあ京子ちゃんぽっぺに跡がついてるよぉ~」

京子「これは気合を入れるために自分の頬を」

結衣「いや寝てただけだろ!」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945303

結衣「この頃の京子は泣き虫で人見知りで可愛かったけどな」

結衣「今じゃ……」

京子「なんだよ~結衣~」ベタベタ

結衣「時の流れって残酷だな」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2146491384838676603

結衣「はあ、あのころの京子は~」グチグチ

京子「ゆ、結衣が壊れた!」

ちなつ「ほんとこのころは天使みたいですね……」

結衣「ほら、ちゃんと宿題しなよ京子」

京子「え~めんどくさい~」

結衣「はあ~これが七森中二年の学年トップか……」

結衣「残酷だな」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2146493860780821803

結衣「ほんとあんときはびっくりさせやがって…」

京子「でもあのあとちゃんと切ったじゃん!」

結衣「ちゃんとじゃねーよ!」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945103

ちなつ「きゃあああ結衣先輩恥ずかしがってます///」

京子「結衣にゃん可愛いなあ~」

結衣「う、うるさい///」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938329913943803

京子「エアギター大会出たいなあ」

結衣「言うと思ったよ……」

京子「あかりはエア大会殿堂入りだもんな」

あかり「それあかり空気ってこと!?」アッカリーン


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013944903

京子「ゆい~ラムレーズン~」

結衣「しょうがないな京子は」

結衣「はいお手」

京子「わん!」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2146491384838675703

京子「お手もしたことだし結衣こんだけ買って~」

結衣「おいこら限度ってもんがあるだろ!」

京子「私の辞書に限度の文字はない!」

結衣「あほか」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013944703

あかり「あかりを探してくれてありがとねみんな」

結衣「京子が一番心配してたな」

京子「え?何のこと?」ケロッ

結衣「はぁおまえも正直じゃないな」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2146493860680820003

京子「やっぱこのシャツイカしてるよね!!」

一同「……」

櫻子「めっちゃかっこいいですよ!」

京子「やっぱさくっちゃんだけだよこのハイセンスについてけるのは!」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013944203

京子「ねえ結衣?」キラーン

結衣「なんか悪い予感しかしないんだけど」

京子「宿題見せて?」

結衣「いや」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013944103

ちなつ「これって白雪姫の演劇のときですよね」

京子「そうだよ!劇中で結衣に汚されちゃったんだ」

結衣「なっ!あれはおまえからキスしたんだろ!!」

綾乃「(いいなあ///)」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144940547140071703

結衣「なだこれ///」

京子「なぜわたしと結衣がキスを?」

京子「てか一回したのに結衣はそんなに赤くなちゃってww」

結衣「う、うるさい!」

あかり「(あかりの妄想なんていえないよぉ)」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013944003

あかり「京子ちゃんの笑顔素敵だよぉ」

結衣「ああ。このときだけは輝いていたな」

京子「京子ちゃんは天使だからね!」

ちなつ「すぐ調子乗るんだから」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013943903

綾乃「きゃああああああああああ///」

千歳「」ドクドクドクドク

京子「綾乃はあの時なんでキスしてきたんだ?」

綾乃「し、知らないわよ///」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013946003

京子「結衣は揉み心地よかったなあ~」ワキワキ

結衣「おまえは無さそうだな揉み心地」

京子「地味にひどいっ!!」がーン


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2146493860680821503

京子「ほら結衣ぃ~ボインになった!」

結衣「またくだらんことを…」

京子「名づけてひまっちゃん!」

結衣「そんままじゃねーか!」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013946103

ちなつ「京子先輩すごい顔してますね」

京子「わたし食べ物が美味しいときこの顔になるよ」

結衣「わかりやすい味覚してんな」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013944503

綾乃「と、歳納京子!?///」

京子「なに綾乃?」ガシッ

綾乃「肩に手が///」

京子「良いではないか良いではないか」ユサユサ

千歳「アカン」ブシャー


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2146491384738674003

京子「よーしあかりに落書きだ!」

あかり「ふぇ~んそんなあ~」

京子「じゃあオデコに肉って書きます!」

あかり「あかり筋肉ないよォ~」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945503

京子「はっ!?」

結衣「どうした京子?」

京子「結衣の今日のパンt」

結衣「///」バシッ

京子「いてっ」

ちなつ「京子先輩早く続きを」はあはあ


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945603

結衣「京子がまじめに勉強したら凄いことになりそうだな」

あかり「京子ちゃん学年1位なんだよね?」

京子「一夜漬けしたらなぜか覚えれるんだ」

ちなつ「その能力はずるいです」

京子「でもわたしは勉強よりもごらく部のみんなで過ごす時間のほうが大切だよ」ニコッ

一同「(また恥ずかしいことを///)」

結衣「まあそれが京子らしいけどな」


https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701/2144938330013945203

結衣「中学が終わったらみんなバラバラになるかもな」

京子「そうだねえ」

結衣「京子は寂しくないのか?」

京子「全然!」

京子「だって……」

京子「離れたって一生の別れじゃないし、それに私はごらく部をやめることなんてないから」ニカッ

結衣「なるほど死ぬまでごらく部か」

結衣「しょうがない付き合ってやるよ」

京子「おう!」

みなさんどうでしたか京子ちゃんの魅力!!かわいかったでしょ!?さて私はゆるゆり四期を気長に待つとしましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2144937841907747701
2016年06月03日