13年ぶりに再始動!セクシーデュオ「E-ROTIC」が2016年復活!

ken-bo-shit
ダンスマニアを知っている人にはお馴染みのE-ROTIC(エロティック)。卑猥な歌詞と過激なジャケットで日本でも話題になったドイツのグループです。そんな彼ら、2014年には2015年に12年ぶりに復活すると宣言したのです。DDR、ダンレボ、ポップ、ダンスミュージック

▼一昔前、E-ROTICというアーティストが居まして!

特徴的なアートワーク

官能的な歌詞とボイスを軸に、煽り立てるようなラップと艶のあるボーカルが一体となった唯一無二のダンスポップは日本でも話題。
E-ROTIC – この曲を聴け!

世界中のチャートでも上位にチャートインし、一躍E-ROTICは世界中で知られる存在となった。なかには、彼らを「一発屋」とコメントした批評家らがいたが、それは見事に裏切られた。その後もセールスはのび続け、累計600万枚を突破。
E-ROTIC

▼「E-ROTIC」を簡単にご紹介

初代E-ROTIC
ラッパー→テレンス・ダービー
ヴォーカル→ジャネット・クリステンセン

1994年ジャネット・クリステンセン(Vo)とテレンス・ダービー(ラッパー)でダンスユニットとして結成。
E-ROTICのレンタル・セル情報 – TSUTAYA/ツタヤ [T-SITE]

1994年11月、「Max Don’t Have Sex With Your Ex」でデビュー。
E-ROTIC – この曲を聴け!

ダンスマニアへ大量の楽曲の収録
累計1000万枚を超える、東芝EMIからリリースされたダンスマニアシリーズ。その多くのCDにE-ROTICの楽曲が多く使用され、さらにこれらのCDからコナミのダンスダンスレボリューションへの曲提供もしていたことから日本での知名度も爆発的にのびた。
1996年 二代目E-ROTIC
この組み合わせが一番長年活動していた。

1997年テレンス・ダービーがソロ活動を志し脱退。チェ・ジュアナー(ラッパー)が加入。
E-ROTICのレンタル・セル情報 – TSUTAYA/ツタヤ [T-SITE]

アバのカバーアルバム
全曲アバのカバーで構成された企画アルバム。
なめちゃいけません!クオリティが高い為ABBAより聞き易いのです。
2001年 三代目E-ROTIC
ラッパーは残留。
ヴォーカルはジャネットからヤスミンへ交代。
2002年 四代目E-ROTIC
メンバー二人が脱退。
ヴォーカルをリディア。ラッパーをロバートが担当。
東芝EMI→AVEXへ
この頃から本国ドイツでのリリースは無くなりAVEXのCDがドイツに流れ込んでいく(?)かたちに。

2001年10月、エイベックスへ移籍後初のアルバム『Sex Generation』がリリースされたが、相変わらずの人気で軽く20,000枚を超えるセールスを記録。
E-ROTIC

事実上のラストアルバム「Cooctail E-ROTIC」
トランス色が強くなったアルバム。
落ち着いたメロディの歌も多く一味違った雰囲気を出している。
このアルバムでヴォーカルのリディアが脱退し、グループは活動休止へ・・・

▼しかし活動終盤、衝撃的な事実が明かされた!

オリジナルメンバーが居た事が明らかに!
ヴォーカルLyane Leighと、男性ラッパーRichard Michael Smith。
日本では知られていなかったが、オリジナルのメンバーはこの二人だったのです。

1996年にLyane LeighとDavid Brandes間の契約問題から、女性ヴォーカリストをスイス出身のジャネット・クリステンセン、男性ラッパーをニューヨーク出身のテレンス・ダービー(テレンス・トレント・ダービーとは別人)に交代した。
E-Rotic | アート用語 by Artue

表向きのメンバーとして長年活躍することに。

プロデューサー
デビッド・ブランデス

ところがこの2人は実はステージパフォーマーに過ぎず、実際のレコーディングにおいてヴォーカルは引き続きLyane Leigh、ラップはDavid Brandesが務めていた。この事実は極秘とされ、後年David Brandesによって明らかにされた。
E-Rotic | アート用語 by Artue

実はパフォーマーだった二人
ヴォーカルのジャネットとラッパーのチェ・ジュアナー。
ライブでは口パクだったのです。
三代目のリディアも実は・・・
1999年、オリジナルメンバーのリアン・ライに代わってヴォーカルを担当していた。しかし表向きに出る事はなく活動。その後2002年に公式でヴォーカルとして登場。

▼別プロジェクトでもヴォーカルを担当していた女性陣

ミッシングハート
ことらも同じデビッド・ブランデスによるプロジェクト。
なんとこのグループも表向きのヴォーカルは「マヌ」という女性だが2001年のアルバムはE-ROTICのリディア、リアン、ジャネットによる収録である。
セックスアピール
E-ROTICとほぼ同じコンセプトのグループ。
メンバーは初期のE-ROTICのメンバーで構成。
メロディもE-ROTICの楽曲と違いが有りません。
現在でも活動中。

▼そんな訳有りなグループはライブも違和感だらけだった!

日本でもライブが行われたことがある

名古屋レインボーホールを巨大なスーパーダンスフロアにする ZIP-FM開局10周年記念 イベント『SUPER DANCE POP NIGHT』
ZIP-FM 77.8MHz

出演アーティストは、SCOOTER、Da Buzz、E-ROTIC、MR.PRESIDENT、PANDORA、LENE(ex-AQUA)
ZIP-FM 77.8MHz

ダンスミュージック界では知らない者はいないと言うほど豪華なんです。

出演していたのは四代目E-ROTIC
四代目は2002年から楽曲のはずですが、新旧問わずに楽曲を披露。しかも歌声が生ではなくCD音源・・・だって曲によって声が違うんですもん・・・

▼そして2015年エロティックがカムバックする発言!

NEWエロティック
公式で発表されたアーティスト写真。
なんと初期メンバーでありS.E.X. Appealのリアン・ライがカムバックする模様。

2014年12月、結成時の女性ヴォーカリストのLyane LeighがE-Roticに戻ってくることを決意。 男性パフォーマー兼レコーディングラッパーは、Stephen Appleton。 2015年内にグループをまとめ、Icezone Musicから、過去のヒット曲を再レコーディングしたものや新しい楽曲を含んだ新しいベストアルバムを発売する予定だという。
E-Rotic – Wikipedia

ALT-D@ALTER_D

え、E-ROTIC復活?

▼すでに2015年はライブも精力的におこなっている

新曲3曲を含むライブ

▼ちなみに日本で人気だったジャネット・クリステンセンの現在は?

E-ROTIC脱退後ソロデビュー。しかしリリースは1曲のみでその後は不明だったが・・・

ジャネット・クリステンセンの現在は夫と2人の子どもに囲まれて暮らしているようです!

https://matome.naver.jp/odai/2144890701071009601
2016年02月03日