新しいネタ探しに!日本語で読める海外の新聞・ニュースサイト【稼いでる人の最新情報源】

takahiroweb
海外の動向を日本語で知ることのできるニュースサイトをまとめました。日頃からお世話になっているサイトと個人的に見て有用だと思ったサイトのみを厳選しています。

グローバル化が進む世界!今や日本だけでなく、世界に目を向けることが重要です!

地方発信はスピード感が重要。
そこで、誰でも世界の情報に触れられるリンクをまとめたので、参考にしてください。

アメリカのブログニュースサイト。主にWeb 2.0に関するウェブサイトなどを扱っている。記事の内容が非常に良い。最新のIT関連の情報をしかも鋭い分析によって紹介しているため、未来の展望を先に見せてくれるかのような内容。IT系の仕事をしている方は必見、一般の方でもいち早く動向を知ることができるでオススメです。

言わずと知れたアメリカのニュースサイト。世界の動向を知る上でアメリカで何が注目されているのかを知ることは不可欠。デザインも比較的シンプルで読みやすい。情報の流れは大体、アメリカ→アジア→日本です。

ニューヨークに拠点を置き、全世界126カ所のオフィスに10,000人以上の社員を配しているメディア企業。主に経済界・金融業界のプロフェッショナルが必要とするツールやデータを1つのプラットフォームにまとめて提供している。株など、金融商品に興味がある人にはオススメです。

ニューヨークで発行される国際的な影響力を持つ日刊新聞の日本語版。ニューヨーク金融証券取引所などんがあるアメリカの金融取引の中心街ウォールストリートに象徴される金融情報を中心としたニュースサイト。

イギリスに本拠を置く通信社からの情報発信。市況速報を手がけていたことから派生してきた金融情報の提供やそれに付随する事業の比重が大きい。株・為替など金融に関わる方は必見。

ヨーロッパ発の経済ビジネス情報を毎日、日本語でお届けするニュースサイト。拡大するEU、新興市場として注目を集める中東欧・ロシア。激動のヨーロッパから最新の経済ビジネス情報を効率よく入手できることを目標とされているようです。

1989年香港で創立、1998年東京に本社機能を移管。 現在、東京、北九州、北京、上海、大連、広州、香港、台湾、韓国、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、オーストラリアに現地法人ないし現地事務所を置き、各地のビジネス情報を日本語で提供しているサイト。

国外向けにスイスのニュースや情報を発信するウェブサイト。ヨーロッパの中央にありながらEUに加盟せず、安定通貨のスイスフランの地盤のうえに独立自尊の立場を保持するスイス。そこから発信される一味違うニュースは日本の国際ニュースでは読むことができない内容。

ロシアの国有通信社がお送りするニュースサイトの日本語版。ちなみにノーボスチとはロシア語で「ニュース」を意味する一般名詞だそうです。

インターネットを使って是非海外の情報もとりいれてみてください!
https://matome.naver.jp/odai/2144851261453207901
2015年11月26日