病院に通っても治らない、と過敏性腸症候群で悩む人におすすめのサイト

io_lite
近年、認知度が上がってきた過敏性腸症候群(IBS)。前提はもちろん医師に診察してもらうことですが、原因がはっきりしていないこともありなかなか改善しない人が多いのも特徴。真面目に通院しているのにいつまでたっても治らない……。そんな悩みを抱えている人向けの情報が載っているサイトをご紹介します。

IBS(過敏性腸症候群)とは

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こる。(中略)20 – 40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気である。
過敏性腸症候群 – Wikipedia

数年から10年以上も症状が改善しない人もいる

私が過敏性腸症候群で悩み苦しんだ時期は、中学1年生から高校3年生までの6年間です。
過敏性腸症候群とは。私の事例をもとに症状と原因と治るまでの話を紹介します。

私は大学在学中にIBSにかかり、約7年間苦しみました。
もちろん何件も医者に通い、薬も飲み続けましたが少しも改善せず、一時は投げやりにもなりました。
IBS Smile Line 過敏性腸症候群専門アドバイザー 桑原有希 もうトイレは探さなくてもいい!IBS(過敏性腸症候群)は克服できます! » アドバイザー紹介

高校二年生の6月ごろにガス型過敏性腸症候群にはまってから約18年間。。
32歳の今頃になって自分が過敏性腸症候群という病気だと知った
脱!過敏性腸症候群〜管理人カビンの自己紹介〜

まず病院に行く! 自分がIBSか疑っているならこのサイトへ

◎まずお医者様にかかり、他の原因が考えられるかどうかご確認する事をお勧め致します。
腹痛、下痢、便秘などIBSの諸症状は他の病気の影響である場合があります。
その場合、医療機関で各病気に適した処置を受けるべきです。
IBS Smile Line 過敏性腸症候群専門アドバイザー 桑原有希 もうトイレは探さなくてもいい!IBS(過敏性腸症候群)は克服できます! » サービス紹介

過敏性腸症候群(IBS)の基本情報、治療の概要、専門医療機関の検索までできる、情報を網羅した専門サイト。セルフチェックもできるので、最近便通異常で悩みはじめたばかりの人ならまずこのサイトで情報を得ましょう。

こちらも過敏性腸症候群(IBS)の基本情報が分かりやすいサイト。IBSネットと合わせて確認すれば、IBSに関してはほぼ把握できるはずです。

病院に通っているのになかなか治らない。そんな人向けのサイト

選択基準は以下の通りです。
・過敏性腸症候群(IBS)の経験者が書いている。
・医療とは別の改善法を提示している。
・ある程度わかりやすくまとまった情報が掲載されている。
・露骨に商材を売ろうとしていない。

16年に渡って過敏性腸症候群(IBS)に苦しんだ管理人が、自分の体験を元に食生活やライフスタイル改善のコツを紹介しているサイト。通院しながら参考にするのにおすすめです。

30年近く過敏性腸症候群(IBS)に苦しんでいたのに数ヶ月で治った管理人が、なぜ治ったのかを検証しているブログサイト。万人に効果がある改善法ではないかもしれないけれど、管理人の視点や姿勢は参考になります。

7年間過敏性腸症候群(IBS)で苦しんだ運営者が、克服経験を分析してワークプログラムを作成し販売しているサイト。初めはよくある商材サイトかなと思いましたが、無料でプログラムの一部を解放していたり、IBSで悩む人用のコミュニティ掲示板を作成していたり、自身の克服体験をかなり細かく紹介していたりするので情報だけでも参考になるのではないでしょうか。無料メールマガジンを試してみましたが説得力がありました。

やはり長年過敏性腸症候群(IBS)を患った管理人のサイト。完治までは至っていないようなので最後に紹介しましたが、経験に基づく改善法を提示しているので参考になりますよ。

通院と併用して、改善法を試してみよう

独自の改善法で治った経験をきちんとまとめて紹介しているサイトは意外と少ないようです。
まず医療機関で治療を受けることが大前提! 今回紹介したサイトを参考に、通院と合わせて改善法を試してみることをおすすめします。

https://matome.naver.jp/odai/2144849446122851901
2015年11月26日