Evernoteって大変なことになってるの!?

MasWag
Evernoteが経営的に大変なことになっているという記事がいくつか出ていたのでまとめました。

Evernoteって?

Evernote(エバーノート)は、ノートを取るように情報を蓄積するソフトウェアないしウェブサービスである。パソコンやスマートフォン向けの個人用ドキュメント管理システムとも言える。
Evernote – Wikipedia

Evernoteはクラウドでノートを取るサービス。パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットとも同期したりブラウザから使えるなどの特徴がある。

フリーミアム(Freemium)とは、基本的なサービスや製品は無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を課金する仕組みのビジネスモデルである。
フリーミアム – Wikipedia

Evernoteはフリーミアムの代表格として挙げられるサービスで、使える容量が増えるなどの特典がある有料会員からの使用料で収益を得ている。

Evernoteが大変なことになってるらしい

Evernoteはコスト削減を余儀なくされている。というのもマーケティングについて専門的に調査することなくEvernote Foodなどの新サービスを作り失敗し、有料会員を増やすことができていないからだ。Evernoteには無料ユーザは今でも多くいるが収益を確保するのに十分な人数の有料会員を獲得できていない。また、コスト削減のためにシリコンバレー企業らしい従業員への福利厚生もカットされてしまい従来の”尖ったベンチャー”という感じも失われてしまう。と言う内容。

Evernoteとよく比較されるOneNoteの方が、SurfaceやOfficeとの連携を考えると有力なのではないかという考えもある。

Foursquare,DropboxもEvernoteと同様にまずいのではないかという記事。Foursquareは”Swarm”と”Foursquare”の2つのアプリに機能を分けてしまってユーザが大幅に減ってしまった。Dropboxは今のところ特に大きな問題はないがかなりシンプルなサービスなので今後収益に問題が出てもおかしくない。とのこと。

でもそれ本当なの?

EvernoteにはtagなどのOneNoteにない利点があるという意見や、良い点を振り返ればまだまだ十分持ち返せるなど色々な意見がある。

https://matome.naver.jp/odai/2144826680218737001
2015年11月23日