さよなら不眠!快適熟睡のための簡単なコツ

hk0930
美容と健康の敵、睡眠不足。しっかり睡眠時間をとったつもりでも、なかなか寝付けない、眠りが浅い、など十分な睡眠がとれないこともありますよね。今回はそんな不眠症状を改善するコツをご紹介します。

美容と健康の敵、睡眠不足。
しっかり睡眠時間をとったつもりでも、なかなか寝付けない、眠りが浅い、など十分な睡眠がとれないこともありますよね。

今回はそんな不眠症状を改善するコツをご紹介します。

こんなことで不眠に!快適熟睡のための簡単なコツ

まず、不眠の原因が病気や服用している薬の副作用などに関係する場合は、早めに医師に相談して処置を受けるようにしましょう。
そうではなく日常生活が原因の場合は、適切な対策を行うことで、不眠を解消したり改善することもできます。

熟睡するための4つのコツ

環境を整える

就寝時は、寝室の環境を睡眠に適した環境に整えておきましょう。
【照明】
眠りに重要なホルモンであるメラトニンが分泌されやすくなるよう、できるだけ部屋を暗くしておきましょう。
【温度と湿度】
寝室は心地よい適温に調整、エアコンなどはつけっぱなしにするのではなく、タイマーをセットしておくといいでしょう。
また乾燥しやすい時期は加湿器などを使うのもオススメ。部屋が乾燥し過ぎると、喉がイガイガしたり咳が出て眠りが妨げられてしまいます。

リラックスする

ベッドに入ったら、仕事や悩み事のことは忘れましょう。
好きなアロマやゆったりした音楽でリラックスし、余計なことは考えないで目を閉じます。

刺激を避ける

夜間にはアルコールやカフェイン、ニコチンなど覚醒作用のある刺激を避けるようにしましょう。
カフェインの覚醒作用は人によっては6時間程度続く場合もあるため、できれば夕方以降はコーヒーを摂らず、代わりにハーブティなどを飲むといいでしょう。

また寝る前の1~2時間は、パソコンやスマホの使用を避けるようにしましょう。
画面が発するブルーライトのような強い光が目に入ると、脳が覚醒して不眠の原因になってしまうことがあります。

体温を上げる

就寝時、体温が下がり始めると、スムーズに眠りに入りやすくなります。
そのためには、寝る1~2時間前にお風呂で湯船に浸かって体を温めたり体を動かして体温を上げておくと、就寝時にほどよく体温が下がって深い眠りに就きやすくなります。

不眠を回避する3つのコツ

日光を浴びる

朝一番、もしくは午前中に日光を浴びて体内時計をリセット。 朝日を浴びると、睡眠に大切なホルモン「メラトニン」分泌のタイミングと量に良い影響を及ぼします。

運動する

日中体を動かすことが少ない場合は、できるだけ体を動かす機会を増やしてほどよく体が疲労するようにしましょう。
ウォーキングやジョギング、ストレッチなどの有酸素運動を毎日30分以上行うのがオススメ。家の中でテレビを見ながら昇降運動をするのもお手軽です。

長い昼寝はしない

長い昼寝は夜の睡眠を妨げる可能性があるので、避けるようにしましょう。
昼寝をするなら、昼食後の20分程度が午後の仕事効率アップに有効です。

無意識にやってしまいがちな、不眠を招く習慣。
普段の生活習慣に気をつけて、スムーズに入眠してしっかり熟睡できるようにしたいですね♪

https://matome.naver.jp/odai/2144800988534626801
2015年11月20日