EXPOCITY【ニフレル(NIFREL)】がすごいらしいけど…何なの?

k-z-m
ニフレルは世界最大級の水族館「海遊館」が25年の水族館運営で培った飼育技術と経験を活かした商業施設。コンセプトは「感性にふれる」。生き物の美しさ、不思議さを直感的に楽しめる、今までにないエンターテイメント施設。

いよいよオープンとなったEXPOCITY!!!

エキスポランド跡地に完成した「エキスポシティ」!楽しみにしている人も多いはず!

エキスポシティは、全305店舗の「ららぽーとEXPOCITY」と8つの大型エンターテインメント施設が一堂に会した、エンターテインメントとショッピングを融合した大型複合施設です。

万博記念公園内に作られる施設には、海遊館が初プロデュースするミュージアムや日本一の大観覧車、また最新鋭シネマコンプレックスなど、これまで体験したことのない施設が揃います。

施設および店舗数は312店舗、駐車台数は約4,100台を予定しており、開業後は、日本を代表する巨大レジャー空間となります。
エキスポシティ「EXPOCITY」に行こう!

その目玉でもある、ニフレル!

これが外観!

NIFREL(ニフレル)は海遊館が初プロデュースする、生きものの美しさ・不思議さを直感的に楽しむ今までにない施設です。水族館、動物園、美術館のジャンルを超えて、まるでアートのように生きものを観察できます。
エキスポシティ「EXPOCITY」に行こう!|NIFREL(ニフレル)

感性にふれる」をコンセプトに、地球が育む多様ないのちと個性が、今までにない造形物や空間、照明、映像、音楽と融合する空間展示「インスタレーション」(場所や空間全体を作品として体験させる芸術)を用いて表現し、子どもはもちろん大人の感性をも刺激し心を豊かにします。
エキスポシティ「EXPOCITY」に行こう!|NIFREL(ニフレル)

ミュージアム内は「感性にふれる」をコンセプトに、水生生物や陸生生物などを7つのテーマに分けて展示。
エキスポシティに“生きている”ミュージアム誕生! | ニコニコニュース

今回はその一部を紹介します!

WONDER MOMENTS

生き物がいない「WONDER MOMENTS」では、世界的に活躍するアーティスト、松尾高弘さんの作品が展示され、12台のプロジェクターで、直径5メートルもの球体に水のゆらぎなどを投影、幻想的なムードを醸し出している。
アートとして生き物の魅力を 感性「にふれる」水族館「ニフレル」 万博公園内に建設中 – 緑のgoo

COLORS

生きものが持つ自然の色がテーマの「いろにふれる」では、円形の水槽でニシキテグリなどカラフルな魚たちが展示されます。水のゆらぎを感じる蓋のない13台の水槽に、美しい透明な水の中で泳ぐ、あか、あお、きいろ、色鮮やかな魚たちを見ることができます。
エキスポシティ「EXPOCITY」に行こう!|NIFREL(ニフレル)

BEHAVIOR

ここは生きものたちの遊び場です。1本の小川を隔てて行き交う生きものたち。小川までが、私たち人間がお邪魔できるエリアです。生きものが自由に「うごき」まわる世界をすぐそばで感じられる新体感ゾーンです。ワオキツネザルなど動物が自由に生活する空間を共有できます。
エキスポシティ「EXPOCITY」に行こう!|NIFREL(ニフレル)

さっそく感想が届いています!

ニフレル、規模からいうと小さめの水族館なんだけど大きな水槽を壁状に置くのではなく中規模から小規模の水槽を幾つも置いて近くで全体的に見れるから凄く近く見えて楽しい

からっぱ@_CalappA_

ニフレルのウミウシ、ヒメメリべが居ました。 #ニフレル pic.twitter.com/SXkcP8rkVQ
超大混雑の動物放し飼いで身近に生息しているニフレルに入るよー!! pic.twitter.com/5BCW2z5ENf
ららぽーとエキスポシティのニフレル行ってきたよ!海遊館監修なだけある!!!柵がないとことか距離が近いね!カピバラさん、普通に歩いてた⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾ pic.twitter.com/3l9demco6h
ニフレル控えめに言って最高だった pic.twitter.com/OnyRdk0xq9
https://matome.naver.jp/odai/2144783154973929201
2015年11月18日