永久保存!日本音楽史上最強の歌姫「宇多田 ヒカル」さんの動画まとめ

FPはた坊
「宇多田ヒカル」さんについての簡単な解説と、動画をシングル発売順にならべました。動画随時追加予定。

https://matome.naver.jp/odai/2144630689497556601/2144631513600424003

宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年1月19日 – )は、日本の女性シンガーソングライター。

本名、宇多田 光(うただ ひかる)。愛称はヒッキー(Hikki)。

ニューヨーク州出身で、デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったとされるが、自身は生粋の日本人と公言している。

2000年頃の日本のR&Bブームに大きな影響を与えた。日本の音楽史上、最多の売り上げを記録した『First Love』を筆頭に、オリジナルアルバム歴代売上の上位トップ2を独占している。

ほぼ全ての曲で作詞、作曲を手がけ、多くの曲で編曲も自ら行う。アルバム『ULTRA BLUE』以降は、プログラミングも自ら行っている。
宇多田ヒカル – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2144630689497556601/2144631798201061203

宇多田ヒカル名義でのアルバムはすべて、日本レコード協会から、ミリオンの認定を得ている。現在、アルバムを3作連続で300万枚以上売り上げた日本のミュージシャンは彼女のみで、“日本で最もアルバムを売ったアーティスト”としてギネスブックに紹介されている。

オリコンで1stアルバムから7作連続で1位というのは、女性グループおよびソロとしては唯一、男女を通じても2番目の記録。

オリコンの「10代のシンガーソングライターによる1作目のアルバムから3作連続で初登場1位」の記録を持つ唯一の存在である。
宇多田ヒカル – Wikipedia

1998年12月、宇多田ヒカルとして1作目のシングル「Automatic/time will tell」でデビュー。プロモーションはラジオ出演のみだったがFMラジオや外資系CDショップのプッシュから一気に人気に火がつきデビュー曲はいきなりミリオンセールスを記録。わずか1枚のシングルだけで音楽メディアはもとより一般の週刊誌やワイドショーまでセンセーションを巻き起こした。そして宇多田が15歳で作詞作曲を手がけていることやアメリカで生活していた帰国子女でかつての演歌歌手・藤圭子の娘だということが分かり世間を驚かせた。

2002年1月、米国のレコードレーベルグループであるアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループと契約。アメリカでの芸名を「Utada」とする。1月31日、世界経済フォーラム(通称ダボス会議)のオープニングセレモニーに出席。2月18日、首相官邸で行われた、ブッシュ大統領歓迎レセプッションに出席。4月、卵巣腫瘍(良性)と診断され、摘出手術を受ける。術後も薬の副作用で体調が回復せずしばらく休養。そのため、テレビ出演などプロモーション活動の中止も余儀なくされた。
宇多田ヒカル – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2144630689497556601/2144631801501062803

2002年9月6日、写真家で映画監督の紀里谷和明と結婚。紀里谷はアルバム『Distance』のCDジャケットや9作目のシングル「traveling」、10作目のシングル「光」、11作目のシングル「SAKURAドロップス」3作目のアルバムのタイトル曲となった「Deep River」などのプロモーションビデオを製作。

2007年3月3日、仕事などお互いの生活のすれ違いを理由に紀里谷和明と3月2日に離婚したことを、U3MUSIC公式サイトの日記「Message from Utada Hikaru」にて報告した。
宇多田ヒカル – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2144630689497556601/2144631802801070103

2010年8月9日、同日付の自身のブログで年内をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表した。

「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と宣言し、「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」とファンに呼びかけ、同年秋には新曲も含めたシングルコレクションを発売することを明らかにした。

「人間活動」について、「50歳くらいになったとき、マネージャーなしじゃ何もできない痛いおばさんにはなりたくなかった」「できればボランティアとか人と関わることようなことを外国でやりたい」「おばあちゃんになるまで生きたい。そのときは日本にいたい」と語った。
宇多田ヒカル – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2144630689497556601/2144631803901070903

2013年8月22日午前7時頃、母:藤圭子が、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。衣服の乱れや争ったような跡がないことなどから、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定された。葬儀は行わず、宇多田父子ら親族関係者の数名が火葬に立ちあった。

2014年5月バーテンダーのイタリア人の一般男性と再婚。結婚式を挙げた教会が日本のテレビ番組でも紹介され、当日の立ち入り制限のようすを話す地元民とされる男のエピソードを伝えた。

2015年7月3日、自身の公式サイト「Hikki’s WEBSITE」“Message from Hikki”に「ファンのみんなにお知らせ」と題し、第一子の男児を出産したことを発表した。出産のくわしい日時は記されていない。また同時に、出産に前後し新しいアルバムを製作中であることも明かした。
宇多田ヒカル – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2144630689497556601/2144631805101071803

「ぼくはくま」Tシャツの収益を「世界の子供にワクチンを 日本委員会」に寄贈した。

東日本大震災の義援金として日本赤十字社を通じて8000万円を寄付した。また、被災者支援として人生初の献血(400cc)をした。
宇多田ヒカル – Wikipedia


https://matome.naver.jp/odai/2144630689497556601/2144631806001081503

———————————————————-

Automatic/time will tell

「Automatic/time will tell」(オートマチック/タイム・ウィル・テル)は、1998年12月9日にリリースされた宇多田ヒカルのデビューシングル。
宇多田ヒカル – Automatic – YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=L_QVB4Qdh6o
1998年12月9日発売。宇多田ヒカルのデビューシングル。第41回日本レコード大­賞「優秀作品賞」受賞。第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー­」受賞。2000 年「JASRAC賞」金賞受賞。当時、中腰で歌う宇多田ヒカルの姿が話題に。

Automatic (5:14)

編曲:西平彰(編曲)、Taka & Speedy(Rhythm track Arrangement)、河野圭(Additional Arrangement)
フジテレビ系『笑う犬の生活-YARANEVA!!-』エンディングテーマ
FM802、1998年12月の邦楽(J-POP)ヘヴィー・ローテーション
フジテレビ系『笑う犬2008秋』エンディングテーマ


time will tell (5:29)

編曲:森俊之、磯村淳
フジテレビ系『ごきげんよう』エンディングテーマ
編曲:森俊之、磯村淳

———————————————————-

Movin’ on without you

「Movin’ on without you」 (ムーヴィン・オン・ウィズアウト・ユー)は、1999年2月17日にリリースされた、宇多田ヒカルの2ndシングル。
Movin’ on without you – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=5i_8T7lYucQ
1999年2月17日発売のセカンドシングル(日産テラノCM ソング) 。初のオリコン初登場1位獲得。第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ­・イヤー」受賞。

宇多田ヒカル初の全国ツアー「BOHEMIAN SUMMER 2000」より。この映像は追加公演が行われた千葉マリンスタジアムで収録された。

———————————————————-

First Love

「First Love」(ファースト・ラヴ)は、宇多田ヒカルの3枚目のシングル。1999年4月28日発売。

「First Love」はオリコンカラオケチャートで15週連続1位を記録。
First Love (宇多田ヒカルの曲) – Wikipedia


1999年4月28日発売 サードシングル(TBS 系ドラマ「魔女の条件」主題歌)。大ヒットアルバム「First Love」からのシングルカット。ハイスピードカメラを用いたシーンが印象的なビデオ­。

———————————————————-

Addicted To You

「Addicted To You」(アディックテッド・トゥ・ユー)は、1999年11月10日にリリースされた、宇多田ヒカルの4枚目のシングル。

プロデュースにジミー・ジャム&テリー・ルイスを起用することでも話題となった。Sony Red Hot キャンペーンソング。
Addicted To You – Wikipedia


1999年11月10日発売 4th Single(「Sony Media&Battery RED HOT キャンペーン’99」TVCF 曲)。プロデューサーはJam&Lewis。PVは香港のスタジオで撮影され­た。

———————————————————-

Wait&See 〜リスク〜

「Wait & See 〜リスク〜」(ウェイト・アンド・シー リスク)は、2000年4月19日にリリースされた、宇多田ヒカルの5枚目のシングル。

PVでは渋谷ロケの路上を、マシンを操って駆け巡る宇多田ヒカルがCG合成されたものとなっている。
Wait&See 〜リスク〜 – Wikipedia

1. 「Wait & See 〜リスク〜」4:48
2. 「はやとちり」 4:15
3. 「Fly Me To The Moon (In Other Words)」 3:24
4. 「Wait & See 〜リスク〜(Baton Girl Mix)」 4:50
5. 「Wait & See 〜リスク〜(ORIGINAL KARAOKE)」 4:48

カップリングの2曲は、オリジナル・ヴァージョンとしてはこのシングルにしか収録されていない。
Wait&See 〜リスク〜 – Wikipedia


2000年4月19日発売 5th Single。プロデューサーはJam&Lewis。第15回日本ゴールドデ­ィスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。マシンを操って渋谷を駆け回る宇多田ヒ­カルが話題に。

———————————————————-

For You/タイム・リミット

「For You/タイム・リミット」(フォー・ユー/-)は、2000年6月30日にリリースされた、宇多田ヒカルの6thのシングル。

「タイム・リミット」の作曲には本名の久保琢郎名義でGLAYのTAKUROが参加している。

2000年7月1日スタートの初の全国ツアーBOHEMIAN SUMMER 2000前日のリリースのため、事実上ツアーのイメージソングとなっている。

CDの裏ジャケット(「タイム・リミット」)の絵は宇多田自身の作によるもの。
For You/タイム・リミット – Wikipedia

1. 「For You」 5:22
2. 「タイム・リミット」 4:54
3. 「For You (Original Karaoke)」 5:22
4. 「タイム・リミット (Original Karaoke)」 4:54
For You/タイム・リミット – Wikipedia


2000年6月30日発売 6th Single 。「タイム・リミット」との両A面シングルとして発売された。第15回日本ゴールドデ­ィスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。当時の全国ツアー「BOHEMIAN SUMMER 2000」開催直前に都内で行われたシークレットライヴの時に撮影された。

2000年6月30日発売 6th Single 。「For You」との両A面シングルとして発売された。プロデューサーはロドニー・ジャーキン­ス。第15回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。当時の全国­ツアーの実際のステージを使用して撮影された。

———————————————————-

Can You Keep A Secret?

「Can You Keep A Secret?」(キャン ユー キープ ア シークレット?)は、宇多田ヒカルの7枚目のシングル。2001年2月16日に東芝EMIから発売された。

ジャケット写真は元夫の紀里谷和明によるもの(この時が宇多田と紀里谷の初の仕事)。

オリコンチャートにおいて、21世紀発売のシングル作品で初めてミリオンセラーを達成した(2001年3月5日付け達成)。また、月9ドラマの主題歌では最後のミリオンセラーとなったシングルである。
Can You Keep A Secret? – Wikipedia

1. Can You Keep A Secret?(5:11)

編曲:西平彰
通学途中に車でセントラルパークを通っている際に浮かんだ曲。タイトルと歌いだしの部分の歌詞はハマりのよさから仮詞のものをそのまま使用した。また当初自身の日記で、この曲のタイトルの日本語訳は「秘密守れる?」であると書いたが、ファンから「誰にも言わない?」はどうかという案が出され、宇多田自身、その訳を非常に気に入ったというエピソードがある。ドラマ「HERO」の主題歌に決定した際、企画書を読んだ宇多田がサビの一部を書き直した。

2. 蹴っ飛ばせ!(4:33)

編曲:西平彰、宇多田ヒカル
ツアー中にできた曲で、友達と遊びでバンドを組んだときに、バンド用に作った曲。宇多田の楽曲のルーツであるロックテイストを盛り込んだ曲。

3. Can You Keep A Secret? ーOriginal Karaokeー(5:08)
Can You Keep A Secret? – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=AwQuXbae3N4
2001年2月16日発売 7th Single”(CX 系ドラマ「HERO」主題歌) 。PVでは恋人役としてロボット”PINO”と競演。第16回日­本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。2002 年「JASRAC賞」銀賞。
http://www.youtube.com/watch?v=avPJdLrLIaQ

———————————————————-

FINAL DISTANCE

「FINAL DISTANCE」(ファイナル・ディスタンス)は、2001年7月25日にリリースされた、宇多田ヒカルの8枚目のシングル。

この曲のレコーディング中に附属池田小事件が発生。その犠牲者の少女が自身のファンであったことを知り、制作中だった「FINAL DISTANCE」をその少女に捧げ、タイトル・ナンバーにすることを決めた。また、CDパッケージには追悼メッセージが載っている。

本作の売上でオリコン集計によるシングル総売上が1000万枚を突破、デビューから約2年8ヶ月での達成は史上最速であり、この記録は現在も破られていない。
FINAL DISTANCE – Wikipedia

1. FINAL DISTANCE (5:40)
編曲:河野圭 & 宇多田ヒカル、斎藤ネコ(ストリングス・アレンジ)
DoCoMo M-stageCMソング(M-1)

2. DISTANCE -PLANITb Remix- (6:16)
ラッセル・マクナマラ

3. DISTANCE -m-flo remix- (5:57)
編曲:河野伸(ストリングス・アレンジ)、
produced by TAKU (m-flo)

4. DISTANCE (5:42)
編曲:河野圭、宇多田ヒカル

5. DISTANCE -Original Karaoke- (5:42)

6.FINAL DISTANCE -Instrumental- (5:37)
FINAL DISTANCE – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=_6Y6CsnFw44
2001年7月25日発売 8th Single。2ndアルバム「Distance」の表題曲をバラードにしてシングル­化。紀里谷和明監督による初のPV作品。
http://www.youtube.com/watch?v=hmsWv4g4KKA

———————————————————-

traveling

「traveling」(トラヴェリング)は、2001年11月28日にリリースされた、宇多田ヒカルの9枚目のシングル及びシングルDVD。

紀里谷和明が担当したCGやアニメーションを駆使した独創的なPVが、かなり話題となった。そのためか、テレビ番組などで宇多田ヒカルの物まねがなされる場合は、このPV内で彼女が着ていた衣装を模した格好で行うことが多い(例:ミラクルひかる、関根麻里等)。宇多田本人も「PVが出来上がってこの歌が何倍も好きになった」と語っている。
traveling – Wikipedia

1. 「traveling」 5:17
2. 「traveling -PLANITb remix-」 10:34
3. 「traveling -Bahiatronic Mix-」 6:42
4. 「traveling -Original Karaoke-」 5:15
traveling – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=Tfc8w6A-f9U
2001年11月28日 9th Single (NTT DoCoMo[FOMA]CM ソング)。ポップな世界観を持つPVが話題に。第16回日本ゴールドディスク大賞「ソ­ング・オブ・ザ・イヤー」「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」受賞。2003 年「JASRAC賞」銀賞。

———————————————————-

「光」(ひかり)は、2002年3月20日にリリースされた、宇多田ヒカルの10作目のシングル。

スクウェア(現・スクウェア・エニックス)のPS2用ゲームソフト『キングダム ハーツ』主題歌。後にGBA用ソフト『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』、PSP用ソフト『キングダム ハーツ バース バイ スリープ』、DS用ソフト『キングダム ハーツ Re:コーデッド』の主題歌としても使用されている。

JASRACでの登録上は「外国作品」の扱いになっており、2002年度のJASRAC賞では外国作品賞を受賞している。
光 (宇多田ヒカルの曲) – Wikipedia

1. 「光」5:04
2. 「光 – PLANITb Remix」 5:45
3. 「光 – Godson Mix」 4:39
4. 「光 – Original Karaoke」 5:01
光 (宇多田ヒカルの曲) – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=kOSNIIx5u_U
2002年3月20日発売 10th Single( ゲームソフト「キングダム ハーツ」テーマソング) 。PVはワンカメ、ワンテイク(編集なし)で撮影された。第17 回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。2003 年「JASRAC賞」 外国作品賞。

———————————————————-

SAKURAドロップス/Letters

「SAKURAドロップス/Letters」(サクラドロップス/レターズ)は、2002年5月9日にリリースされた、宇多田ヒカルの11thシングル。

曲名の「SAKURAドロップス」は散った桜の花の意であるが、サクマドロップスともかけてある。当時、日本テレビ系で放送されていた「速報!歌の大辞テン」での発表によれば、このシングルが発売されてからしばらくサクマドロップスの売り上げが上がったという。

「Letters」にはCharとGLAYのHISASHIがギターで参加している。
SAKURAドロップス/Letters – Wikipedia

1. SAKURAドロップス(5:01)
編曲:宇多田ヒカル & 河野圭
TBS系テレビドラマ「First Love」主題歌

2. Letters(4:47)
編曲:河野圭 & 宇多田ヒカル
NTTドコモ FOMAのCMソング(本人出演)

3. SAKURAドロップス -Original Karaoke-(5:01)

4. Letters -Original Karaoke-(4:44)
SAKURAドロップス/Letters – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=mlwCZm2MQbQ
2002年5月9日発売 11th Single。「Letters」との両A面シングルとして発売。伊藤若冲にインスパ­イアされた映像美に注目。第17 回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。

———————————————————-

COLORS

「COLORS」(カラーズ)は、2003年1月29日にリリースされた、宇多田ヒカルの12枚目のシングル。

表題曲はトヨタ・ウィッシュのCMで使用され、2003年3月12日にPVとメイキングを収録したDVDシングルを発売した。このシングルを最後に約1年間の充電期間に入ることになる。

PVはドナルド・キャメロンが監督したが、紀里谷和明以外が監督することになったのは「Can You Keep A Secret?」以来6作ぶりとなった。
COLORS (宇多田ヒカルの曲) – Wikipedia

1. 「COLORS」 4:03
2. 「Simple And Clean」 5:03
3. 「Simple And Clean -PLANITb Remix-」 5:45
4. 「COLORS -Original Karaoke-」 4:02

カップリング曲の「Simple And Clean」は「光」の英語バージョンで、ゲーム「キングダム ハーツ FINAL MIX」のテーマソングとして起用。サビの頭のメロディが「光」とは若干異なるが、これはもともと「光」で使用するメロディだったのが、歌詞があわずにボツとなったものを、この曲で再び使用したという経緯がある。
COLORS (宇多田ヒカルの曲) – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=P8EdOtFrc5w
2003年1月29日発売 12th Single(TOYOTA WiSH CM ソング)。宇多田ヒカルとしては初の外国人監督ドナルド・キャメロンによる作品。第1­7回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。

———————————————————-

誰かの願いが叶うころ

「誰かの願いが叶うころ」(だれかのねがいがかなうころ)は、2004年4月21日にリリースされた、宇多田ヒカルの13thシングル。

シングルとしては、前作「COLORS」以来、1年3ヶ月振り。

彼女の元夫・紀里谷和明が監督を務めた映画『CASSHERN』のテーマソングとして使用された。
誰かの願いが叶うころ – Wikipedia

作詞・作曲・編曲 : 宇多田ヒカル

1. 誰かの願いが叶うころ(4:28)

2. 誰かの願いが叶うころ (Instrumental) (4:27)

今回はカップリング曲は収録されておらず、表題曲の一曲しか収録されていない。
誰かの願いが叶うころ – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=gqPXNz_h8J4
2004年4月21日発売 13th Single ( 映画「CASSHERN」主題歌) 。PVでも映画の出演者と共演。第19回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ­・イヤー」受賞。

———————————————————-

Be My Last

「Be My Last」(ビー マイ ラスト)は、2005年9月28日にリリースされた、宇多田ヒカルの14枚目のシングル。

宇多田のシングルとしてはおよそ1年5ヶ月ぶりのシングルである。『EXODUS』を作り終えてまもなく曲を書き始めていたという。

CDのみ、CD+DVDの2種類で発売。この形態での発売は今作品が初めてである。

2005年10月公開の映画「春の雪」の主題歌として使用された。前作「誰かの願いが叶うころ」に続いて自身2度目。
Be My Last – Wikipedia

1. 「Be My Last」 4:32
Be My Last – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=fR-IIj4YClI
2005年9月28日発売 14th Single ( 映画「春の雪」主題歌)。PVはチェコのプラハで撮影された。第20 回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。

———————————————————-

Passion

「Passion」(パッション)は、2005年12月14日にリリースされた宇多田ヒカルの15thシングル。

スクウェア・エニックスのPS2用ゲームソフト『キングダム ハーツII』の主題歌。「光」「Simple And Clean」に続いて同シリーズの主題歌に起用された。後にDS用ソフト『キングダム ハーツ 358/2 Days』の主題歌としても使われている。

PVの撮影は中華人民共和国で行われ、多数のエキストラが起用された。理由は、経費削減と草原を映すためと宇多田本人が発言している。当初はCDのみが12月7日、CD+DVDが12月14日に発売予定だったが、両方とも12月14日に変更された(『キングダム ハーツII』の発売が遅れたため)。同時にゲーム内で使われた別バージョン「〜after the battle〜」もカップリング収録された。
Passion (宇多田ヒカルの曲) – Wikipedia

1. 「Passion 〜single version〜」 4:42
2. 「Passion 〜after the battle〜」 5:58
Passion (宇多田ヒカルの曲) – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=kWoJLdXJt0E
2005年12月14日発売 15th Single ( ゲームソフト『KINGDOM HEARTS II』テーマソング)。PVは北京で撮影された。宇多田ヒカル自身の振り付けはダンサ­ーの振りを見て、自ら考案。アニメパートはUtadaでもコラボした森本晃司氏が担当­。

———————————————————-

Keep Tryin’

「Keep Tryin’」(キープ トライン)は、2006年2月22日にリリースされた宇多田ヒカルの16thシングル。

KDDI・沖縄セルラー電話「au LISTEN MOBILE SERVICE(LISMO!)」のCMソング。そのため、キャンペーンとして着うたフルで無料配信された。
着うた・音楽配信では一位を独走し、250万ダウンロードを突破するなどヒットを記録した。

プロモーションビデオは紀里谷和明が監督。ウェイトレス等の職業のコスプレを披露しているほか、紀里谷がこれ以前に手がけたビデオクリップで使用された衣装も各所に登場する。また、ほとんどのセットがダンボールで作られている。また、ものまねタレントのミラクルひかるがエキストラ出演している。

宇多田のシングルでは「Can You Keep A Secret?」以来の新録のカップリング曲「WINGS」が収録されている。
Keep Tryin’ – Wikipedia

1. Keep Tryin'(4:53)
KDDI・沖縄セルラー電話「au LISTEN MOBILE SERVICE(LISMO!)」のCMソング。

2.WINGS(4:51)
元夫の紀里谷和明と喧嘩した時のことを基に、親友と喧嘩した後の複雑な思いをテーマにしている。公式HPで最初に曲名が発表されたときは、小文字表記交じりの「Wings」だった。

3. Keep Tryin’ -Original Karaoke-(4:53)
Keep Tryin’ – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=K0p4V5DLxKU
2006年2月22日発売 16th Single( LISMO!au LISTEN MOBILE SERVICE TVCMタイアップソング)。様々なコスプレをする宇多田ヒカルが話題に。iTune­s BEST of 2006 ベストセラー・ソング。

———————————————————-

ぼくはくま

「ぼくはくま」は、宇多田ヒカルの歌。EMIミュージック・ジャパン(当時の東芝EMI)より17thシングルとして2006年11月22日に発売。歌番組「みんなのうた」で放送され、これを題材として合田経郎が手掛けた絵本も発売された。

この楽曲は、2006年1月の誕生日にもらった大きなテディベアから考え付いたもの。前作「Keep Tryin’」からちょうど9か月振りのニューシングルであった。また、童謡を手がけたのは今回が初めて。

童謡ということもあり、歌詞には難しい漢字や英語は使われておらず、間奏時に割り当てられているフランス語歌詞を除き平仮名で構成されている。

この歌の主人公(ぼく)は人間の世界を外から眺めるクマで、名前は「くまちゃん(クマ・チャン)」とされている。それとは別に「みんなのうた」のアニメーションの中に登場する「くま」は「まくまくん」と名付けられており、そのぬいぐるみがNHKエンタープライズから発売された(2006年12月頃)。
ぼくはくま – Wikipedia

1. 「ぼくはくま」 2:26
2. 「ぼくはくま(オリジナル・カラオケ)」 (インスト) 2:24
ぼくはくま – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=KXcZUDZOLg4

今回のアルバムのプロモーション企画にて、様々な分野のクリエイターが宇多田ヒカル、­もしくは彼女の楽曲をテーマに独自に表現した作品を寄せてくれており、その作品群が現­在特設ページにて公開されております。

<「宇多田ヒカルのうた」特設サイト>
http://po.st/utada15th

———————————————————-

Flavor Of Life

「Flavor Of Life」(フレイバー オブ ライフ)は、2007年2月28日にリリースされた宇多田ヒカルの18thシングル。

TBS系列ドラマ『花より男子2(リターンズ)』のイメージソング及び挿入歌であり、宇多田ヒカルがこのドラマの為に書き下ろした曲であるが、ドラマで使用されていたのはCDの2曲目に収録されている「Flavor Of Life -Ballad Version-」のみ。PVもこのバージョンのみ制作された。ドラマへ楽曲提供したのは5年ぶりである。

宇多田自身が原作漫画のファンだった事から、楽曲提供を引き受けた。歌詞などは、特にドラマの視聴者層を意識して比較的分かりやすくしたという。

最初に出来上がったオリジナルバージョンをドラマ関係者に聴かせた所、「バラードにして欲しい」との要望が出たため「-Ballad Version-」が作られた。なお、「-Ballad Version-」のアレンジには宇多田本人は少し携わった程度で、ほぼ違う人にアレンジを頼んだ形となった。

リリース前の仮タイトルは「安くておいしいミカン」だった。
Flavor Of Life – Wikipedia

1. 「Flavor Of Life」 4:50
2. 「Flavor Of Life-Ballad Version-」 5:26
3. 「Flavor Of Life」 (Original Karaoke) 4:49
4. 「Flavor Of Life-Ballad Version-」 (Original Karaoke) 5:25
5. 「Flavor Of Life-Antidote Mix- (CD Only Bonus Track)」 5:19
Flavor Of Life – Wikipedia

http://www.youtube.com/watch?v=3Ta0vEnki9E
TBS系ドラマ「花より男子2」のイメージソングとしてブレイク。CLIPは一発録り­で行ったレコーディングの雰囲気をドキュメンタリータッチで再現。当時デジタルにおけ­る配信数で世界記録を更新した。
http://www.youtube.com/watch?v=kxkERPpzn6o

———————————————————-

Beautiful World/Kiss & Cry

「Beautiful World / Kiss & Cry」(ビューティフル ワールド/キス アンド クライ)は、2007年8月29日に発売された日本のポップ歌手宇多田ヒカルの19作目のシングル。

宇多田にとって離婚後初のシングル作品である。両A面シングルとしてのリリースは11枚目のシングル「SAKURAドロップス/Letters」以来5年振りとなる。

収録曲3曲全てにタイアップが付いた。PVは、「Beautiful World」はタイアップとなった映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のアニメーションで、「Kiss & Cry」も同じようにタイアップの『FREEDOM』のアニメーションで、それぞれ構成されている。本人がPVに出演していないのはこれが初である。
Beautiful World/Kiss & Cry – Wikipedia

1 2