【欠陥住宅】あなたのマンションは大丈夫!?知らないとバカをみる兆候と対策

Kogane2015
旭化成建材のデータ改ざん問題で日本中のマンション住人が不安に陥っています。あなたのマンションは大丈夫で?実は欠陥の兆候があるというのです!今回その兆候と対策実例をまとめてみました!

そもそも今騒がれているマンションの杭打ちデータ改ざん問題って何?

本来建物というのは、倒れないように地面にしっかりと杭を打ち込んで支えておくものです。それもただ打ち込めばいいというわけではなく、それは支持層と呼ばれる強固な地盤の奥深くにまで達している必要があります。
そこまで打ち込んだら、その上に盛り土というものを被せ、そしてやっと建物の建築に入れるのです。
旭化成建材の杭問題。横浜の建物の工法はどんなものだったのか?! | ガールズHacks

しかし旭化成建材は、問題となっている横浜のマンションの建設において、なんと杭を支持層にしっかりと打ちこんでいなかったのです。さらにひどいことには、支持層に達してすらいないものもいくつか発見されているのです。
旭化成建材の杭問題。横浜の建物の工法はどんなものだったのか?! | ガールズHacks

具体的な数を言うと、横浜のマンションで使用された杭52本のうち、2本が「打ち込みが不十分」、6本が「支持層に達していない」と判断されています。
旭化成建材の杭問題。横浜の建物の工法はどんなものだったのか?! | ガールズHacks

つまり堅い支持層に杭を本来打ち込んでいるべきものがきちんと打ち込まれていなかったということ。

さらに、杭をきちんと打ち込んだかどうかを示す工事のデータが残ってしかるべきなのに、横浜のマンションではデータが破棄されていた。

しかし!データを破棄していた業者が悪いのかと言うと、現状、法的な保存義務はない!!

原本は法的な保存義務がなく、保存期間は業者任せになっている。処分された場合は事後検証ができないため、データ改竄の“温床”になったとみられる。専門家は「重要なデータは一定期間保存する法整備をすべきだ」と指摘している。
【マンション傾斜】くい打ちデータの原本、下請け業者が処分 保存義務なく(1/2ページ) – 産経ニュース

そのため、「うちのマンションは大丈夫?」という声が続出!杭打ちデータは残っていない可能性が高い!!

では、大丈夫かどうか調べる方法はないのか?心配なあなたはすぐにマンション管理室へ!

一級建築士・荒尾博氏によると、マンションの管理室には施工した時の図面などの資料が全て保管されているとのこと。
今後修繕やリフォームなどをする際に、別の業者が図面を参考にするために保管してあるそうなのですが、マンションの住民の方は見る権利があるので管理室に行けば確認できるそうです。
直撃LIVE グッディ!「せーの!グッディ!」

↑この方法で杭打ちを担当した業者を調べることができるそうです。

しかし、データが保管されてない場合、改ざんされている可能性がある場合、杭打ちの状態を調べるにはボーリング調査などを行うしかない、費用も数百万円程度かかるため、住人や素人には現実的でないという。

諦めるしかないのか…しかし、杭の状態を調べられなくても、自宅でチェックできるポイントがあるという!

■チェックポイントその① :水漏れ

水回りで水漏れがないか確認しましょう。もし水漏れがある場合、原因が古くなった配管などによるものなのか、それとも建物の歪みによってできた隙間などによるものなのかをチェックしましょう。

水漏れがする ⇒ 配管などの経年劣化によるもの OR 建物のゆがみ・傾きによるもの

■チェックポイントその② :扉の立て付け

例えば、クローゼットの扉がスムーズに閉まらなくなったなどの不具合はありませんか?

クローゼットなどの扉が閉まらない ⇒ 扉自体の立て付けの不具合 OR 建物のゆがみ・傾き

扉自体の金具などが曲がって閉まらなくなっているケースや、建物自体が歪んでいたり、傾いたりすることで起きるケースがあるので、まずはどちらなのかをチェックする。

特に玄関の扉が閉まりにくくなったなどの場合は、建物全体の構造に問題があるケースがあり、要注意だそうです。

■チェックポイントその③ :ヒビ割れ

こちらも建物自体の歪みによるものなのか、建材(ボード)などのズレによるものなのかをチェックしましょう。

さらにヒビ割れの深さをチェックしましょう。深いヒビ割れは要注意だそうです。

■チェックポイントその④ :カビ

カビもチェックポイントは、結露などの構造的なものではないカビなのか?雨漏りやヒビ割れによって水分が溜まりできたカビなのか?をチェックしましょう。

不安に思ったら、マンションの管理組合に行き、不具合が自分の家だけなのか、他の住戸も同様の不具合が出ているのかを確認しましょう!

https://matome.naver.jp/odai/2144612654748563901
2017年07月20日