ブレード(ハネ)のない風力発電機

ビバワールド
欧米諸国に比べ日本での風力発電普及率は低い。理由は、風車の施設には多額の費用、広大な平地の確保が必要となる。元々日本ではクリーンエネルギーとして太陽光発電を重視してきたこと、フランス同様に原子力発電への依存度が大きいことなども挙げられます。

風力発電(ふうりょくはつでん)とは風の力(風力)を利用した発電方式である。
ウィキペディア

風力エネルギーは再生可能エネルギーのひとつとして、自然環境の保全、エネルギーセキュリティの確保可能なエネルギー源として認められ、多くの地に風力発電所や風力発電装置が建設されている
ウィキペディア

Vortex Bladeless
ブレード(ハネ)のない風力発電機

Vortex Bladeless

「Vortex Bladeless」は、米国ボストンを拠点とする Vortex Bladeless 社が開発した風車のない風力発電機です。

風車がないため、より少ない製造材料、より少ない製造コスト、より少ないランニングコストを可能にします。

また風車がないことにより、発生する音は 20Hz 以下と人の耳には聞こえない周波数であるほか、鳥が風車に衝突することもなくなります。
風車がない次世代の風力発電「Vortex Bladeless」 | ガジェットハッカー

この煙突のようなバーがブレード(ハネ)がわりとなり、風を受け、震えることによって発電するシステム

この煙突のようなバーがブレード(ハネ)がわりとなり、風を受け、震えることによって発電するシステムなのです。
http://www.mensclub.jp/lifestyle/news/vortex15_0619/

風力は地球にやさしく、無尽蔵ともいえる自然エネルギー
風力発電 | 風力発電について | J-POWER | 電源開発株式会社

風力発電とは、風車翼と呼ばれる羽を回転させ、回転エネルギーを作り出します。この回転エネルギーを力にして発電機で電気エネルギーへと変換します。
太陽光発電と同じくCO2の排出のないクリーンなエネルギーです。
風力エネルギーは高効率で電気エネルギーに変換できるうえ、風さえあればいつでも発電できるため大事なエネルギー源です。
求める電力 | イーレックス株式会社

風車翼を回し、その回転エネルギーを使って電気を作ります。
可変ピッチなどを駆使して風の吹いてくる方向に風車翼の向きを変えることができます。そのため、常に風の力を最大限に受け取れる仕組みになっています。
風が強すぎる時は、ブレーキ装置を働かせたり、風車が壊れないように風を受けても風車翼が回らないような仕組みになっています。

風力発電所の形式

集合型風力発電所
集合型風力発電所またはウィンドファーム(wind farm)は、多数の風力タービンを1カ所に設置し発電する施設。大規模なものでは数百平方マイルの広大な敷地に数百の風力タービンが並ぶが、タービンとタービンの間の土地は農耕など他の用途に利用できる。洋上に設置される場合もある。
<ウィキペディアより>
洋上風力発電
洋上風力発電、またはオフショア風力発電(Offshore wind power) とは、主に海洋上における風力発電のこと。
洋上では陸上に比べてより大きな風力が得られるため、風力発電所を洋上に建造した場合、より大きな電力が供給できると考えられている。
浮体式洋上風力発電
浮体式洋上風力発電(ふたいしきようじょうふうりょくはつでん)とは、洋上風力発電の一種で、洋上に浮かんだ浮体式構造物を利用する風力発電である。水深50mを超えると着床式では採算性が悪化するので、50m~200mの海域では浮体式風力発電機が設置される。
洋上水素製造構想
太陽電池と風車を組み合わせた長さ約2キロ、幅約800メートルの巨大な発電装置を海に浮かべ、低コストで大きな電力を得る「新型エコ発電所」の開発を太田俊昭・九州大名誉教授らのチームが進めている。
システムの発電能力は約30万キロ・ワット、三つで原子力発電所1基分になる。
空中風力発電構想
米国、ヨーロッパでは次世代の風力発電として、強くて安定した風が得られる上空に風船などで風力原動機を持ち上げて設置する空中風力発電機などのアイデアが検討されている。
https://matome.naver.jp/odai/2144431217582603301
2015年10月26日