全盲になりたくて両目を潰す。「身体完全同一性障害」が恐ろしすぎる・・。

hakyuna
自分の頭の中と身体が全く合っておらず、目や身体の一部(足など)を無くしたくてたまらなくなる病気。閲覧注意でおねがいします。

▼ 「身体完全同一性障害」ってなに・・?

自身の体の一部をなくしてしまいたいという、非常に危険な強迫観念に悩まされる「身体完全同一性障害」
「身体完全同一性障害」に悩む女性 体の一部をなくしたい衝動に襲われる – ライブドアニュース

体の一部を自ら望んで切断したくなる気持ちに襲われるという病気で、切断したい部分は、健康で何の問題もないのに患者は、その部分に違和感を覚える。
身体完全同一性障害 – Wikipedia

F.O.A.F.bot@FOAF_bot

【身体完全同一性障害】『自分の身体が完全であることに嫌悪感を持つ』症状である。この症状になった人間は自ら傷つけたいという願望に駆られる。現在でも顔の目鼻形で一喜一憂しており、整形手術を行うことはあるが、この症状はまるで逆の不完全である状態を望むものである。
今までネットやらの知識のみで見てきた病気のなかでもトップレベルにやべえと思ったのは身体完全同一性障害とかいうの

▼ ”正常な身体の部位”に違和感を覚える奇病

自身の身体のある一部分に常に強い違和感を抱き、激痛やその後の機能不全が伴うことを承知の上で「それをなくして(切断して)しまいたい」という強迫観念にかられるというもの。
「身体完全同一性障害」に悩む女性 体の一部をなくしたい衝動に襲われる – ライブドアニュース

BIIDの患者は、本当に半身不随で車イス生活を送っている人々から、怒りと批判を浴びせかけられる。だが、彼らはBIIDの症状を完璧には理解していない。
【海外:奇病】半身不随になりたい!奇妙な願望を持つ身体完全同一性障害(BIID) | 日刊テラフォー

ジュエルさんの場合は、3~4歳の頃に電気をつけず深夜の廊下を歩き、そこが最も快適な空間であると実感したことが始まりであった。6歳で盲目になりたいと強く意識するようになり、10代になると白い杖を購入。
身体完全同一性障害の女性、自ら目を潰して全盲に(米) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

え る ⍢)@E_L_U_20

身体完全同一性障害(しんたいかんぜんどういつせいしょうがい、Body Integrity Identity Disorder,BIID)とは、自分の体と自分の理想の体のイメージが合わず、自ら自分の体のパーツを切断したいという強迫観念に襲われる

…凄いなあ

蟻さん どこいくの@otsukai_arisan

身体完全同一性障害…私は自分の脂身が要らないわ、完全同一しやがってこのやろう

▼ 原因はまだはっきりと解明できていない・・。

原因はまだよく分かっておらず、右頭頂葉の機能不全により起こるという説があるが不明である。
身体完全同一性障害 – Wikipedia

脳のこの部位は、[自分の体の構造や機能、大きさなどのイメージについての]「ボディマップ」(「脳の中の身体地図」)をコントロールしていると見られている。
自身の四肢を失いたいと考える、身体完全同一性障害について

「自分のイメージする身体と、実際の自分の身体が、まったく一致しないんです。」
X51.ORG : 四肢切断を望む人々 ― 身体完全同一性障害とは(2)

STM さすりか@Retwimoko

四肢があることに感謝し不自由なひとには配慮しなさいとは言われてきたが、四肢があることで悩む身体完全同一性障害
というのがあるとはね。どう受け止めるかは本人にしか関係ないんだなぁ

▼ 患者が行った”恐ろしい”自傷行為

・自分で両目を潰す

全盲願望をもはや抑えきれなくなったジュエルさん。2006年、彼女はついに自身の目に排水パイプ用液体洗浄剤を注入し、頬まで焼けただれてしまうほどの激痛と闘った。
「身体完全同一性障害」に悩む女性 体の一部をなくしたい衝動に襲われる – ライブドアニュース

ほぼ全盲となった自分自身を、ジュエルさんは「これでいいのです。私は盲目で生まれた方が幸せだったくらいなのです」と話す。
身体完全同一性障害の女性、自ら目を潰して全盲に(米) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

ソトン@Thoton

米国のジュエル・シューピンさん(30)は、排水管洗浄剤を使って自分の両目を失明させ、自ら盲目になった。「身体完全同一性障害」を患う彼女は、「これ以上の幸せはない」と話しているという。
nypost.com/2015/10/01/i-b… pic.twitter.com/PicXEholnx

・両足にドライアイスをかけ、凍傷させ病院で切断

自らドライアイスで自分の両足を6時間もかけて凍らせることで壊死させ、わざわざ自ら作成した自動運転装置付の車で病院を訪れたのであった。
自らの体をバラバラにしたくてたまらない「身体完全同一性障害」 | 奇妙な医世界

入院から数日後、カールの足は”期待通り”壊死し、もはや選択肢のない医師の手によって、その足を切断されたのである。
X51.ORG : 四肢切断を望む人々 ― 身体完全同一性障害とは(2)

uran@fonuran

昨日見た身体完全同一性障害の記事思い出した。自分の体を四肢切断したくてわざと凍傷になって足切断してもらった人のお話。

▼ しかし、切断したことに後悔することも多い・・。

実際に、先ほど述べたドライアイスを使って自らの両足を切断させた男性は、のちになって自らの考えが浅はかだったことに対する後悔の念をこぼしている。
自らの体をバラバラにしたくてたまらない「身体完全同一性障害」 | 奇妙な医世界

きつねび@foxtail_0

身体完全同一性障害の人は、自分の身体を完全な物にした後満足するんだろうか

りゃん@_ryaaaaan

身体完全同一性障害の人が、足を失ったのは心底嬉しくてもビーチを歩けないと考えると正直悔いてしまう、っていうの切ない
https://matome.naver.jp/odai/2144404508738637001
2015年10月05日