ビジネスシーンにおけるエレベーターのマナーまとめ

Calefong
会社等でエレベーターを使用するとき知っておくべき基本マナーをまとめました。

エレベーターのマナー

会社でエレベーターを待っていたら、後ろから上司が!
エレベーターに乗ったら、まさかの上司と二人きり!
あなたなら、どうしますか?
正しいマナーを知って、適切な対応をできるようにしましょう。

エレベーターに乗る順番

お客さまが一人の場合…扉が開いたら、「どうぞ」と声を掛け、お客さまを先に乗せる。
来客応対1 エレベーターの乗り降り:ビジネスマナー – 総務辞典 | 月刊総務オンライン

お客さまが複数の場合…「お先に失礼します」と声を掛けて、案内者が先に乗り込む。
来客応対1 エレベーターの乗り降り:ビジネスマナー – 総務辞典 | 月刊総務オンライン

お客様や上司が乗るときに閉まってしまうことのないよう、乗る順番にも注意が必要です。

また、すでに人が乗っていた場合は、人数に関係なくお客様や上司を先に乗せましょう。

エレベーターの上座・下座

ですので、奥から順に上位者を案内し、下位者がボタンの操作をします。

もしもエレベーターを待っていて、先に乗っていた方が上司や目上の方だった場合は下座であるボタンの前に行き、「私が変わります」と位置を交換しましょう。
上座と下座 ~エレベーター編~ – 困ったときのマナー辞典「ビジネス編」 | ルーキーWeb

降りるときの順番

降りるときは、「開」ボタンを押したままで目上の方から順番に降りていただきます。自分は最後に降りるようにしましょう。
上座と下座 ~エレベーター編~ – 困ったときのマナー辞典「ビジネス編」 | ルーキーWeb

「開」と「閉」を間違えると、大変なことになります。

エレベーター内でのマナー

エレベーター内に同僚や部下が入ってきても会釈程度にしておきましょう。エレベーター内での私語は控えてください。
エレベーターのビジネスマナー | ビジネスマナー講座

おわりに

いかがですか。
覚えることは多くありません。
普段からエレベーターを使う人は特に、完璧にしておくようにしましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2144255018048248601
2015年09月20日