そんな事が出来るの!? ICチップでハチの大量死の謎を解明しようとする研究が始まっているみたい

cobalt0822
オーストラリアでハチの大量死の謎を解明しようとする研究が始まりました。近年ハチが大量にいなくなってしまう問題が深刻化しています。そんな研究に使うのはICチップ。どの様に行われるのでしょうか??

ハチの大量死の謎を解く研究が始まる

ミツバチをはじめとする植物の授粉を手伝う昆虫は、世界の食料生産において重要な役目を担っている
CNN.co.jp : ハチにICチップ背負わせ追跡、蜂群崩壊症候群の解明なるか – (1/2)

オーストラリアの科学者らは25日、世界中でミツバチの個体数が減少していることを受け、主な要因の解明を目指す世界的な活動の一環として、ミツバチにマイクロセンサーを装着する計画を明らかにした。
ミツバチにマイクロセンサー装着、大量死問題解明の一助に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

(((o(*゚▽゚*)o))) ミツバチ大好き!旅行行くたび地方の養蜂家さん訪ねてる!群崩壊の原因わかるといいなあ

どんな研究なの??

マイクロセンサーは2.5ミリ四方の大きさで、重さ5.4ミリグラムとミツバチが集める花粉よりも軽く、セイヨウミツバチの背中に装着される。
ミツバチにマイクロセンサー装着、大量死問題解明の一助に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

ミツバチの移動を追跡することで、環境からのストレスに彼らがどう反応しているかを調べようというわけだ。
CNN.co.jp : ハチにICチップ背負わせ追跡、蜂群崩壊症候群の解明なるか – (1/2)

使われているのはICタグの技術。センサーを背負ったハチがデータ受信機の前を通るとその記録が残る。
CNN.co.jp : ハチにICチップ背負わせ追跡、蜂群崩壊症候群の解明なるか – (1/2)

CSIROは米半導体大手インテル(Intel)と日本の日立製作所(Hitachi)と協力し、グローバルパターン特定のためのセンサー技術やデータ分析への無料アクセスを提供している。
ミツバチにマイクロセンサー装着、大量死問題解明の一助に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

通常と異なる行動をチェックしてストレス要因を割り出し、ハチを救うすべを見つけたいというのが同機構の狙いだ。
CNN.co.jp : ハチにICチップ背負わせ追跡、蜂群崩壊症候群の解明なるか – (1/2)

世界的にハチの大量死が相次いでいる…

蜂群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん、Colony Collapse Disorder、CCD)とは、ミツバチが原因不明に大量に失踪する現象
蜂群崩壊症候群 – Wikipedia

「CCD」(Colony Collapse Disorder:蜂群崩壊症候群)と呼ばれるミツバチの減少(大量死)が世界的に問題になっています。
ミツバチに何が?世界で相次ぐ謎の大量死 農薬散布の是非をめぐる議論にも発展 (JBpress) – Yahoo!ニュース BUSINESS

CCDの原因は地域によっても違い、複合的な要素もからんでいたりして、今なお謎が多いようです。
ミツバチに何が?世界で相次ぐ謎の大量死 農薬散布の是非をめぐる議論にも発展 (JBpress) – Yahoo!ニュース BUSINESS

原因は未だ特定できず

CCDの正確なメカニズムはいまだ不明であり、原因も一部をのぞいて特定されていない。
蜂群崩壊症候群 – Wikipedia

蜂群崩壊症候群を引き起こす要因としては、ダニや農薬、病気、生息地の減少、電磁波にアルミニウム汚染などさまざまな候補が挙げられているものの、まだはっきりした原因はわかっていない。
CNN.co.jp : ハチにICチップ背負わせ追跡、蜂群崩壊症候群の解明なるか – (2/2)

有機リン系やネオニコチノイド系農薬が原因ではないかと指摘する声がありましたが、日本で行われた実験では確証が得られていません。
ミツバチに何が?世界で相次ぐ謎の大量死 農薬散布の是非をめぐる議論にも発展 (JBpress) – Yahoo!ニュース BUSINESS

ハチがいなくなるとどんなことが起こるのか?

蜂の激減は農業生産激減につながりかねない危機なのです。
蜂が作物を実らせる ミツバチ激減は農業の危機(小出五郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

世界の植物の70%、また人間が食べる野菜や果物の3分の1の授粉を行っているのはミツバチで、昨今の急激な個体数の減少は、食糧安全保障に懸念を引き起こしている。
ミツバチにマイクロセンサー装着、大量死問題解明の一助に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

ミツバチ研究を行う大学や研究所の連合体の調査によれば、今年4月までの1年間で米国の養蜂業者が飼育するミツバチの群れのうち42.1%が失われた。
CNN.co.jp : ハチにICチップ背負わせ追跡、蜂群崩壊症候群の解明なるか – (2/2)

英国では2012~13年、35%近くの群れが失われた。
CNN.co.jp : ハチにICチップ背負わせ追跡、蜂群崩壊症候群の解明なるか – (2/2)

研究者は期待を寄せている

「マイクロセンサーを使用することで、自然環境下と巣の中の両方でのハチの行動を数値化できる
ミツバチにマイクロセンサー装着、大量死問題解明の一助に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

以前は生じえなかった問いを持ち、解明する手掛かりになる」と語った。
ミツバチにマイクロセンサー装着、大量死問題解明の一助に 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

大量死の解明なるか??

原因究明を急ぐとともに、わたしたちも環境保全により強く意識を向けなければいけません。
ミツバチ「消失」でなぜ農作物が危ないの?/木暮太一のやさしいニュース解説 | THE PAGE(ザ・ページ)

ミツバチが絶滅したらヒトも死ぬだろうな

Sanae@myo44

ハチにICチップ 死の謎追跡 – Y!ニュース (2015年8月27日(木)掲載) news.yahoo.co.jp/pickup/6172244 #ミツバチ不足  虫を寄せ付けない遺伝子組み換え植物はミツバチも殺してしまうのではないか?自分の居る関東では原発事故以来ミツバチ数えるほどしかみない

関連リンク

https://matome.naver.jp/odai/2144066455864174401
2015年08月27日