ジョン・デューイとは? プラグマティズムとは?

hogehogeman
ジョン・デューイは、アメリカの哲学者、社会思想家。チャールズ・サンダース・パース、ウィリアム・ジェームズとならんでプラグマティズムを代表する思想家である。機能主義心理学に貢献したことでも知られている。20世紀前半のアメリカ哲学者のなかでも代表的且つ進歩的な民主・民衆主義者(ポピュリスト)だった。

ジョン・デューイとは

ジョン・デューイ(英語:John Dewey, 1859年10月20日 – 1952年6月1日)は、アメリカ合衆国の哲学者、教育哲学者、社会思想家。チャールズ・サンダース・パース、ウィリアム・ジェームズとならんでプラグマティズムを代表する思想家である。また米国では機能主義心理学に貢献したことでも知られている。20世紀前半のアメリカ哲学者のなかでも代表的且つ進歩的な民主・民衆主義者(ポピュリスト)だった。
ジョン・デューイ – Wikipedia

ジョン デューイ
John Dewey
1859.10.20 – 1952.6.1
米国の社会心理学者,哲学者,教育学者。
元・コロンビア大名誉教授。
バーリントン(バーモント州)生まれ。
バーモント大(1879年)卒。
1888年〜89年ミネソタ大、ミシガン大、シカゴ大、コロンビア大教授を経て、’30年コロンビア大名誉教授となる。哲学においては、プラグマティズムを大成し、プラグマティズム運動を世に広めた。教育の分野では、「進歩主義運動」を指導しつつ、広く世界の教育改革に貢献した。シカゴ大学で実験学校を設け、彼の理論を実践した。著書に、「学校と社会」(1899年)、「民主主義と教育」(1916年)、「哲学の構造」(’20年)、「論理学」(’38年)等がある。
ジョン デューイとは – コトバンク

プラグマティズムとは?

プラグマティズム(英:pragmatism)とは、ドイツ語の「pragmatisch」という言葉に由来する、実用主義、道具主義、実際主義とも訳される考え方。元々は、「経験不可能な事柄の真理を考えることはできない」という点でイギリス経験論を引き継ぎ、物事の真理を実際の経験の結果により判断し、効果のあるものは真理であるとするもので、神学や哲学上の諸問題を非哲学的な手法で探求する思想。
プラグマティズム – Wikipedia

19世紀末に米国で生まれ、現代のアメリカ哲学にも影響を与えている思想。語源は「行為」や「実行」を意味するギリシャ語の「プラグマ」にある。この考え方は、反省や思考を重視する近代哲学に対して、その反省や思考が行為と結びつかねばならないことを強調する。プラグマティズムの創始者であるパースは、観念の意味は行為を抜きにしては考えられないとした。プラグマティズムの名を世に広めたウィリアム・ジェームズは、真理の基礎を生の「有用性」に置き、宗教や科学の意義をそこに求めた。デューイは、パースやジェームズの思想の影響のもと、科学的知識や道徳に関する知識は人間が問題を解決するための道具であるとし、「道具主義」を確立した。現代米国の有力な哲学者であるローティは、こうしたプラグマティズムの伝統とポストモダン的な唯一の真理への批判とを結びつける試みを行っている。
(石川伸晃 京都精華大学講師 / 2007年)
プラグマティズム(プラグマティズム)とは – コトバンク

「犬は吠える」という命題を考えましょう。

対応説なら「犬は吠える」が正しいというのは、この世界に存在するすべての犬が吠えるときです。

プラグマティズムにとっては、そうしたすべての犬が問題になるわけではありません。そうではなく、犬に出会うたびに「こいつは吠えるぞ!」と警戒して行動することで犬に恐怖を感じることなく行動できるなら、「犬は吠える」は正しいのだとなります。
プラグマティズム の意味がいまいち分かりません。思想や観念は、環境に… – Yahoo!知恵袋

https://matome.naver.jp/odai/2144037650583122701
2015年08月24日