デスクトップカスタマイズでお洒落に作業効率UP!

shihouhu
無料のソフトを使ってお洒落で使いやすいデスクトップを作る方法を紹介します!

◆ 仮想デスクトップを追加する

開いているすべてのウィンドウの一覧表示や整理を行えるソフト。仮想デスクトップで作業領域を拡張することも可能。

「BetterDesktopTool」は、マウスボタンやショートカットキー、ホットコーナーを使って、デスクトップ上の全ウィンドウが見えるようにサムネイルで一覧表示したり、選択したウィンドウを最前面に移動させたりできる“デスクトップ整理”ソフト。OS XのExpose、Spacesのような機能をWindows上で再現したもので、全ウィンドウを隠してデスクトップを表示したり、複数のデスクトップを利用したりもできる。操作環境のカスタマイズ自由度が高いことが大きな特徴。

◆ アイコンを整理する

Fencesはデスクトップのショートカットアイコンをグループ化するためのデスクトップカスタマイズツールです。
作成されるコンテナはフォルダのような印象ですが、コンテナごとに時間を指定して表示/非表示にしたり、「Home」「Work」のように、利用する場所に合わせて表示するコンテナを指定したりできます。

「Nim Places」を使えば、「仕事用」「趣味用」のように、デスクトップを用途に応じて変更したり、「家庭用」「外出先用」のように、利用するロケーションに応じてデスクトップを変更したりできます。

◆ ランチャーを設定する

RocketDockはMac OS XのDockや、Windows 7のタスクバーによく似たビジュアル系ランチャーです。デスクトップの端に各プログラムの大きなアイコンを並べて、ソフトを起動し易くします。
Circle Dockは、プログラムやフォルダーなどのアイコンが円盤状に配置されているお洒落なランチャーです。マウスホイールをクリックするだけで手軽に表示することができる上、ホイールの回転でアイコンをくるくる回すこともできます。ランチャーやアイコンは、サイズ・大きさ・透明度などを自由に変えることができます。手軽に使えて、かつお洒落なランチャーを探しているという人にお勧めです。
軽量で直感的な操作ができます。カスタマイズ性も非常に高く、スキンやグラデーション、ユーザ設定色によるカラーリング設定の豊富さで「見た目」も重視しています。

◆ サイドバーの設置

「LongBar」は、よく利用するフォルダーやアプリケーションのランチャー機能、マシンのリソース情報などをデスクトップのサイドに表示させておくことができるオープンソースのデスクトップサイドバー用ソフトです。

直感的に操作ができるので、パソコンにあまり強くない人や初心者にも優しい作りになっています。
Windows 8っぽいサイドバーを実現するフリーソフト「MetroSidebar」 – GIGAZINE

◆ ウィンドウを最前面に固定

使い道のない、もしくは存在すら知られていないPauseキーを有効活用します。
機能はシンプル。Pauseキーを押すことで、ウィンドウを最前面に止めます (ポーズさせます)。
最前面でポーズの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

◆ マルチモニタ利用者にはこれがオススメ

マルチモニタ環境での作業を効率的にしてくれるソフト。モニタ間のマウスカーソル移動制限をはじめ、多彩な機能を備える。

1. モニター間のマウスカーソル移動制限
2. 違うモニターにフォーカスが移った時のマウスの自動移動
3. ウインドウ移動の補助機能
4. モニターの端にウインドウを引っ付ける機能
5.他のウィンドウの端にウィンドウを引っ付ける機能
6. ホットキーによるウィンドウの操作(Ver.3.0.0以降)
7.移動中/サイズ変更中のウィンドウを半透明にする機能
8. モニター毎に別の壁紙を設定
9. フォトフレーム機能(ファイル指定/フォルダ指定)

◆ 壁紙も重要!?

クール・風景

ラブリー

素敵な雑貨を扱うアフタヌーンティー。公式サイトでオリジナル壁紙を配布しています。

◆ ツールバーのカスタマイズ

https://matome.naver.jp/odai/2144005411334130501
2015年08月20日