ネットで人気の芸能人ランキング

NEO海人

twitterのフォロワー数にて、ネットでの芸能人の人気をランキング

※説明文は「Wikipedia」参照
※2015年8月19日のデータ

10位 堀江貴文 1,351,779人

愛称、ホリエモンの有名な実業家。
ライブドア社CEOとして、プロ野球球団買収、ニッポン放送買収、ライブドア事件で有名に。
元 株式会社ライブドア代表取締役社長CEO
現在 SNS株式会社オーナー兼従業員[1]、株式会社7gogoファウンダー、テックビューロ・ラボ株式会社テクノロジーアドバイザー


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467905103

9位 徳井義実  1,409,870人

お笑いコンビ「チュートリアル」のボケ、ネタ作りを担当している芸人。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属
吉本男前ランキングにて、2002年度に4位に初登場し、翌年の2003年度から2005年度までは3年連続1位を獲得している。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467905503

8位 宮川大輔 1,470,531人

お笑い芸人。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属
2007年より「世界の果てまでイッテQ!」にて宮川が「お祭り男」として世界各地のお祭りに参加する企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」が全国的に人気を博し、老若男女問わず幅広い層の人気を獲得した。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467905803

7位 田村淳 1,583,467人

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」のボケ担当している芸人。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467906103

6位 三村マサカズ 1,831,543人

お笑いコンビ「さまぁ〜ず」のツッコミ担当をする芸人。
ホリプロ所属。
テレビ番組の企画でTwitterを始め、2014年現在も1日に数度更新している。仕事や私生活についての書き込みがほとんどだが、世相を嘆いたり、同業者を励ますコメントがときおりニュースサイトで取り上げられている。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467906403

5位 宮迫 博之 1,838,145人

お笑いコンビ「雨上がり決死隊」のボケを担当している芸人。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
持ちギャグは、自分の頬を叩き、両人差し指を前に突き出し「宮迫〜です!」。
近年は、司会者として活躍する場面が多い。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467906703

4位 ベッキー1,875,144人

タレント、女優、歌手。
サンミュージックプロダクション所属。
母親が日本人で父親がイギリス人のハーフ。
バラエティー、ドラマ、CMとマルチに活躍する女性。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467907103

3位 吉高由里子 2,187,016人

女優。
アミューズ所属。
2006年、映画『紀子の食卓』でデビューし、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞受賞。
「カイジ」「GANTZ」「横道世之介」「真夏の方程式(TVドラマガリレオ)」など、話題作に出演。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467907403

2位 松本人志 2,708,942人

お笑いコンビ「ダウンタウン」のボケを担当する芸人。映画監督。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属。
お笑い第三世代(とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン)。


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467907703

1位 有吉弘行  4,687,001人

お笑い芸人。
太田プロダクション所属。
1996年、『進め!電波少年』でのヒッチハイクの旅企画で話題となりブレイク。
それから7・8年間、広島のローカル局での出演以外は仕事がない状態に。
2004年、猿岩石を解散し、ピン芸人として活動開始。
2007年、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』で発生した「おしゃクソ事変」が話題を呼ぶ
その後順調に仕事は増え、2011年にはメディアの調査・分析を行うニホンモニターの調査による「2011年テレビ番組出演本数ランキング」において、出演総本数499本で1位となった


https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701/2143997833467908003
https://matome.naver.jp/odai/2143997568165448701
2015年08月19日