これからの海には危険がいっぱい!日本の海でも出会う可能性があるヤバい生物たち

kyyiee
楽しい夏のレジャーといえばやっぱり海!だけど、これからの季節は危険がたくさん潜んでいます。今回は海で気をつけたい危険な生物をまとめてみました。

夏だ!海水浴だ!

夏のレジャーの代表はやはり海
楽しむ前に
日本の海で出会う可能性のある危険な生き物を
知っておこう

渡邊 皇貴@explorerpress

今年の夏もみんなで海行くぞ?
お?お?ww

海の怖い生き物はやはりサメ?

日本の近海には100種類くらいのサメがいますが
映画ジョーンズのように人を襲う種類のサメは7種類と意外と
少ないのです。
人を襲うサメの種類は意外と少ないのですが

ほとんどのサメに関してはこちらを見ると逃げてしまうので
夏にダイビングやスキューバを楽しみたい方は安心してください。
どうしても怖い方は乾電池を袋に入れたものをもっていると
サメよけになるそうです。
人を襲うサメの種類は意外と少ないのですが

映画「ジョーズ」のイメージか
人食いサメのイメージが強いが
日本近郊ならほとんど心配無し?
「サメ出現! 夏のビーチ激震……」とのテレビ欄に午後ローかと思ったが、ただのワイドショーだった。

Eq-p@prediction_

【動物異変】茨城沖のサメ、16匹確認 headlines.yahoo.co.jp/hl?a 超巨大地震前兆の可能性があります。このサメの出現は、周辺で磁気異常が発生しているかも知れません!!

まず大事なのは・・・

海に行ったときの基本姿勢は、わからないものは触らない
これがとても重要です。
陸上でも毒を持った生物はもちろんいます。
でも水中生物は、想像以上に猛毒を持った生物がいます。
海の危険生物を知ろう!~ハブクラゲに刺されないために~特にビーチで遊ぶ方はご注意を | 石垣島でシュノーケル しっかりサポートの少人数(4名)ツアー

危険生物といえども自分の方から攻撃してくる生き物はほとんどいません。生物たちは自分の身を守るために防衛しているのです。私たちが気をつければ危険を避けることができます。海に出かけるときは、自然を見せてもらう訪問者としての謙虚な気持ちを忘れずにいたいものです。
海の危険生物 | 体験・遊びナビゲーター

一番身近かも?「クラゲ」の中でも特に気をつけたい2種類

のんびり漂うクラゲは癒やし系の海の生き物として水族館で大人気。
でも、それは水槽の中と外、完全に遮蔽されているからこその感想。
クラゲはれっきとした刺胞動物。毒針で獲物を刺し、麻痺させて食べてしまう動物なのだ。獲物はたいてい小さな動物プランクなどだけれど、小魚を捕える猛者もいる。人間はもちろんクラゲの獲物ではないけれど、あの長い触手に触れてしまうと勝手に毒針が発射される仕組みになっている。注意一秒、ケガ一生。クラゲを見たら触らないこと。
海のいきもの 危険なアイツ編 | Marine Diving web(マリンダイビングウェブ)

カツオノエボシ

カツオノエボシ
クラゲといっても海中に没することはなく、常に気泡体(青い風船部分)が海面に浮いているという変わり種。伸縮自在の触手は、気泡体同様に青く美しいが、強烈な刺胞毒を持っている。刺されると激しく痛み、ミミズ腫れや炎症を起こす。症状が重い場合は頭痛、吐き気、不整脈などを起こし、死亡例もある。
海のいきもの 危険なアイツ編 | Marine Diving web(マリンダイビングウェブ)

もげ@moge310

#魚類版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負 p.twipple.jp/Ut4LD カツオノエボシ キラキラしててめっちゃ綺麗やけど猛毒持ち(´・ω・`)
ハブクラゲ
「ハブ」の名を冠する猛毒クラゲ

ハブクラゲ
「箱クラゲ」というグループのクラゲで、立方体の傘を持ち、四隅からは強い刺胞毒を持つ触手が伸びる。沖縄の猛毒ヘビ、ハブの名を冠されていることからわかるように非常に毒性が強く、死亡例もある。熱帯ではハブクラゲ、本州付近の箱クラゲの仲間は、夏に沿岸で増えてくるアンドンクラゲがよく知られている。
海のいきもの 危険なアイツ編 | Marine Diving web(マリンダイビングウェブ)

カナ@0326Piyo

今日は最高にたのしかったのにハブクラゲ に刺さされて救急で病院いくやら災難でした(笑)12日皮膚科いかないと跡残っちゃう

きょう感じたこと

『 油断は禁物 』

小柄ながら致死性の毒をもつ「ヒョウモンダコ」

危険を感知し色が変わったヒョウモンダコ
この色になってたらもう危険
一刻も早く遠ざかろう

タコといえば敵に襲われると墨を吐いて逃げる光景を思い浮かべる人が多いかもしれないが、ヒョウモンダコは体内で墨を生成する器官が退化していて、その代わりにテトロドトキシン(フグの毒と同じもの)を生成している。
咬まれれば呼吸困難に陥った後に最悪の場合死に至る。運が良ければ(注入された毒が少なかった場合)ほとんど症状が出ない場合もあるが、心肺停止に陥って生死を彷徨うことも珍しくない。
ヒョウモンダコが各地で目撃される!海水浴では要注意!

ざつがクダリ@Ztgkudari_bot

ヒョウモンダコの毒は、青酸カリの850~1000倍なんだって!…って言われても、ピンと来ないよね。実は、フグの毒と同じテトロトドキシンっていう毒なんだよ。まだ解毒方法は見つかってないんだけど、この毒に抗体を持つヒトが、たった一人だけいるんだよ。

一度噛んだら離さない?海のギャング「ウツボ」

ウツボの歯の構造
ウツボの歯は、口の奥に向かって生えていて、しかもその方向に折りたためるんです!
この特殊な構造は、捕まえた魚を逃がさない為と、捕まえた生物をスムーズに飲み込む為
と言われています。サメの歯と一緒の構造ですね!
ウツボ【海のギャングってホント?】ウツボの不思議な生態や行動の不思議。ウツボの生態を紹介。utsubo・ハナヒゲウツボ

もし、万が一ウツボに噛まれてしまったら、引かずに押し込んでやるとあの鋭い歯から簡単に
開放されるはずですが、とっさに上手くいくかは疑問です
ウツボ【海のギャングってホント?】ウツボの不思議な生態や行動の不思議。ウツボの生態を紹介。utsubo・ハナヒゲウツボ

しはん@4han_

ウツボに子供の頃に噛まれたおじいちゃん、傷跡が今でも残ってる

種類によってはとんでもない毒をもつ「イモガイ」

一見無害に見えるが毒をもつ「イモガイ」

血清のない猛毒!その毒性はインドコブラの37倍!
見た目はそれほど特殊ではないアンボイナはイモガイの仲間です。このアンボイナは毒を持った歯舌を持ち、これによってエサとなる魚を仕留めます。
世界一危険な貝!?アンボイナ! | megzimbeck.com

問題となるのはその毒性の強さです。神経毒の一種で、あらゆる貝の中ではもちろんのこと、猛毒を持つヘビとしてしられるインドコブラの約37倍という強い毒性を持っています。
血清もないことから、刺されてしまうと命を失ってしまうことも少なくありません。
世界一危険な貝!?アンボイナ! | megzimbeck.com

刺された場合の対処法
すぐに陸へ上がり、刺された場所から毒を手でしぼり出す(口で吸いだすと、口の中に傷や虫歯がある場合、そこから毒がまわるため危険)。
その箇所から心臓に近い場所をタオルなどで縛り、安静にしつつ直ちに病院へ向かう。

ただし、残念ながらイモガイの毒には有効な血清が存在しない。
そのため本人の持つ治癒力で、毒が自然に分解されるまで耐えることになる。

毒のピークは5~6時間後、それまで人工呼吸器により呼吸不全のリスクを回避しつつ耐え抜けば、命を落とすことはない。
海中に潜む悪魔!? 身近な海で気をつけたい危険生物!

確かイモガイとアンボイナは水温が上がって生息圏北の方にも広がっていたはず
あとイモガイも気をつけないと、死にますね

とりあえず刺されたら、仮死状態になって、呼吸困難後、死にますね
対処方法は蛇と一緒、ただただ縛る pic.twitter.com/mGMaXZgLqn

https://matome.naver.jp/odai/2143934292364927201
2015年08月12日