富士通が野菜つくってるの?なんで?それは工場の技術が野菜作りに生かせるから!

hcheckin
富士通が野菜つくってるの?なんで?それは工場の技術が野菜作りに生かせるから!富士通のクラウドサービス「Akisai(秋彩)」

▼どんな野菜をつくっているの?

富士通の低カリウムのリーフレタスは現在、1株480円で売られている

生産するのは、カリウム含有率の低いリーフレタスだ。秋田県立大学の持つ特許を使い、低カリウム野菜の事業化で先行する会津富士加工(会津若松市)からノウハウの提供を受け、10月に試作を開始。14年1月から量産出荷を始める。
半導体技術者が育てるレタスの味は? 「畑違い」富士通の挑戦  :日本経済新聞

低カリウム野菜は、カリウムの摂取制限がある透析患者、腎臓病患者も安心して食べられる野菜だ。カリウムは野菜の生育に欠かせない要素で、どの野菜にも含まれる。摂取制限がある人は野菜を湯がいて食べる必要があり、生食は禁物だが、低カリウム野菜ならサラダが食べられる。
半導体技術者が育てるレタスの味は? 「畑違い」富士通の挑戦  :日本経済新聞

▼野菜の生産方法は?

レタス栽培は半導体製造工場の建物を転用
低カリウムレタスは会津若松市にある「会津若松Akisaiやさい工場」で栽培されています。このやさい工場、実は半導体工場の空いていた建物にあったクリーンルームを転用しているのです。
富士通がレタスを作っている?その最新の野菜生産方法とは : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

厳格な衛生管理を行っているクリーンルームで栽培することで、低カリウムという特徴に加え、「無農薬」「洗わなくても食べられるほど雑菌が少ない」という特徴をレタスに持たせることができるのです。
富士通がレタスを作っている?その最新の野菜生産方法とは : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

ホコリや雑菌を徹底的に削減したクリーンルームで栽培することで、洗わずに食べられるレタスができます。また、温度、湿度、CO2、照明などをICTで完璧にコントロールできる空間だから、高品質の低カリウムレタスを安定的に、しかも一年中収穫できます。だからこそ、クリーンルームを野菜栽培に活用するのですね。
富士通がレタスを作っている?その最新の野菜生産方法とは : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

▼野菜と半導体生産工場の共通点

半導体と野菜という違いはあれど、モノの生産を管理し一定の品質でつくるという点では共通しており、半導体メーカーは新規の大規模な投資なく今まで培ってきた技術を転用できる。半導体は需要と供給の波が激しく定期的に進化する製造プロセスに対応して生産設備の改変が必要だが、野菜ならば需要はある程度一定しており、生産設備の改変も必要ない。
“ITと野菜”の意外な関係–東芝、富士通が野菜を展示したCEATEC JAPAN 2014 – CNET Japan

天候によって生産量が左右されないため、食料の安定供給という点でも社会的なメリットがある。
“ITと野菜”の意外な関係–東芝、富士通が野菜を展示したCEATEC JAPAN 2014 – CNET Japan

▼工場で野菜をつくることのデメリットは?

コストが課題とのこと。特に1つの工場から全国に出荷するのでは輸送コストが掛かりすぎるため、地域ごとに工場を作り、地産地消の方がベスト
“ITと野菜”の意外な関係–東芝、富士通が野菜を展示したCEATEC JAPAN 2014 – CNET Japan

▼農地での作業実績や作物画像などのデータをクラウドに保存

富士通は農業経営を支援するクラウドサービス「Akisai(秋彩)」を始めた。農地での作業実績や作物画像などのデータを保存・分析し、収穫量増加や品質向上につなげるもので、施設園芸を対象にしたサービスもある。会津若松工場の植物工場に導入し、データを蓄積することで「植物工場のレファレンスモデルをつくる」

▼工場で野菜をつくっている、他の会社はあるの?

東芝は横須賀に試験的にこの野菜工場を設置し、試験的に生産を始めている。
“ITと野菜”の意外な関係–東芝、富士通が野菜を展示したCEATEC JAPAN 2014 – CNET Japan

東芝は東芝ライテックという照明機器専門のグループ企業があり、そこで野菜の栽培専用にチューンナップした蛍光灯を開発し栽培に活用している。今後、こうした野菜の工場栽培がより一般的になれば照明機器の需要も高くなるため、市場として花開く可能性がある。
“ITと野菜”の意外な関係–東芝、富士通が野菜を展示したCEATEC JAPAN 2014 – CNET Japan

https://matome.naver.jp/odai/2143808332984831401
2015年07月28日