【韓国】韓国海軍の高速艦が故障で誤射、水兵の頭に直撃し死亡!パクリが原因か?

x5dub9zj
韓国の技術力の低さ・パクリ行動が原因で高速艦の76ミリ砲の誤射事故が起きた問題で重傷を負った21才の若さで生死を彷徨った水兵が、17日未明に息を引き取ったという。
ファン・ドヒョン鑑
2015年7月26日、韓国のテレビ局YTNによると、海軍の誘導弾高速艦で76ミリ砲の誤射事故が発生し、水兵1人が死亡した。

事故当日、ファン・ドヒョン鑑は艦砲装填装置が故障したため海上射撃訓練を中止し、平澤港に寄航中だった。ファン・ドヒョン鑑に搭載されていた76ミリ砲は昨年10月にも西海NLL(北方限界線)での南北交戦で故障を起こしており、構造的な問題を抱えていた。これを受け、海軍は誘導弾高速艦10隻に設置されていた76ミリ砲をすべて改良していた。ファン・ドヒョン鑑は02年に第2延坪海戦で北方限界線を警備中、北朝鮮軍警備艇の奇襲で戦死したファン・ドヒョン軍曹の名前にちなんで命名された。
韓国海軍の高速艦が故障で誤射、水兵の頭に直撃し死亡=韓国ネット「就役から3年もたってないのに…」「海軍のほぼすべての事業に不正が絡んでいる」 (Record China) – Yahoo!ニュース

忠清南道泰安沖を航行中の海軍ファン・ドヒョン鑑で76ミリ砲弾1発が突然発射され、デッキにいた1等兵の頭に直撃した。水原亜洲大病院に緊急搬送され治療を受けていたが、170日以上生死の境をさまよった末、17日未明に21歳の短い生涯を終えた。
韓国海軍の高速艦が故障で誤射、水兵一人死亡 韓国ネット「就役から3年もたってないのに…」 : 厳選!韓国情報

韓国のネットユーザーの声

「ファン・ドヒョン鑑が進水してからどれだけたってるんだ。うわべだけペンキを塗ってごまかし、主要な部品は老朽品を使いまわしていたんじゃないのか。国のために殉職した人の顔に泥を塗るな」
「こいつら、部品管理ができないんじゃないのか」

「すでに海軍は自浄能力を失っている。ヘリコプター、高速艇、潜水艦などほぼすべての事業に不正が絡んでいるし、それに今回の事故だ」
「軍隊がこんな状態じゃ、もうどうしようもない」
「不正問題を多く出している海軍の武器がまともに動作する方がおかしい」

「また不正があるんじゃないのか?国防不正は国民の命を担保にした悪質な犯罪だ。重罰に処さねばならない」
「原理原則に沿って行動していたら事故は起こるはずがないのに…。また不正の臭いがする」
「こんな状態で本当の戦争になったらどうするんだ」

「責任者がはっきりしていないのが問題だ」
「ファン・ドヒョン鑑は2012年に就役したばかりで3年もたたないのに、もう故障事故か」

犬鷲型ミサイル艇(誘導弾高速艦)は欠陥が多い!?

本級の初期型に関しては様々な欠陥が報道されていた。1番艇は就役前に、ウォータージェットエンジンから潤滑油が漏れる、ディーゼルエンジンのエアタンクから空気が漏れる、航海レーダーが消える等の理由で61件の改修を行い、さらに就役後2カ月間だけでも、ウォータージェットエンジンのタービン翼と冷却装置が腐食する、ディーゼルエンジンから潤滑油と燃料油が漏れる、磁気羅針盤に20度以上の誤差が出る、艦内通信システムの交信が不可能などの理由で95件の改修を余儀なくされた。
犬鷲型ミサイル艇 – Wikipedia

その後もレーダーとエンジンに再び欠陥が発見されたことから改修の必要が生じ、大青海戦中も改修中で参戦できなかった。これらの問題が完全に解決されていないため、1番艇は就役後も極めて運用が低調である。2番艇以降は外国製のウォータージェット推進装置に変えて新たに韓国の斗山が独自開発した推進装置を装備するが、これが原因で、高速走行時に直進できなかったり、推進軸のベアリングの問題により速度が急に落ちる等の新たな欠陥が発生し、戦力化が当初の2010年9月末から2012年8月以降に遅延していた。
犬鷲型ミサイル艇 – Wikipedia

2014年現在、以上の問題は解決され[5]、同年4月1日には15番艇が就役しているが、2015年には新たに現代WIA製76mm速射砲の欠陥が提起されている(#事件・事故)。
本級とあわせて運用する予定の、より小型の200トンクラスのPKG-Bを36隻建造することも計画中である。
犬鷲型ミサイル艇 – Wikipedia

過去にも「76ミリ砲」で事故が起きていた!パクリ製品が原因?

これが事故の原因かも?
韓国海軍のコルベット艦に搭載されているオットー・メララ社製の76ミリ砲

韓国海軍でもフリゲート艦など中型艦に採用していたが、これを参考にして同国のヒュンダイWIA社が2008年に新型の国産76ミリ砲を開発、海外への売り込み活動を始めた。これに対しオットー・メララ社は「コピー品だ」として特許侵害と営業損害で同社を訴えた。しかし韓国最高裁は、波よけの防盾の形などに独自性が認められるとして訴えを退け、ヒュンダイWIAは堂々と生産を開始した。
【軍事ワールド】韓国海軍“パクリ製造”の主砲暴発、実戦中に突然停止も…生かされない“人災”セウォル号事故の教訓(2/4ページ) – 産経WEST

オットー・メララ社が「コピー品」と断じた韓国産76ミリ砲の性能は、発射速度が本家の毎分85発を超える同100発で、海軍が新造艦に搭載。さらに、艦艇に搭載済みの既存のオットー・メララ製76ミリ砲についても、同様の速射能力を持たせる改造を韓国製部品を装着する形で行った。しかし、その結果は惨憺(さんたん)たる有様だった。
【軍事ワールド】韓国海軍“パクリ製造”の主砲暴発、実戦中に突然停止も…生かされない“人災”セウォル号事故の教訓(2/4ページ) – 産経WEST

まず昨年4月にコムドクスリ級高速艇「徐厚源」搭載の76ミリ砲が異常動作を起こした。10月には同級高速艇「趙天衝」が、北方限界線(NLL)を侵犯した北朝鮮艦艇に警告射撃を実施している最中に76ミリ砲の動作が突然停止。実戦中に故障するという最悪の事態を引き起こした。先の暴発・重体事故も起こるべくして起こったといえる。
【軍事ワールド】韓国海軍“パクリ製造”の主砲暴発、実戦中に突然停止も…生かされない“人災”セウォル号事故の教訓(2/4ページ) – 産経WEST

韓国の一部メディアは、こうした事故を起こしたのは「老朽化で引退する艦から移設したオットー・メララ社製の砲」だと報じているが、同社製の砲を導入している他国ではこんな事故は起きていない。そう考えると、改造に使った韓国製部品に原因があった可能性も捨てきれないのだ。
【軍事ワールド】韓国海軍“パクリ製造”の主砲暴発、実戦中に突然停止も…生かされない“人災”セウォル号事故の教訓(2/4ページ) – 産経WEST

パクリ大国、韓国のこれまでの作品

きのこの山の偽物。たこのこ厨が楽しそう。
ロゴがまるパクリで、実店舗まであるらしい。。
コンバースの偽物。
iPod nano の偽物。
iMacの偽物。

SNSユーザーの声

三姉妹ママ@angelicvoicejj

韓国海軍の高速艦で76ミリ砲が誤射、デッキにいた水兵の頭に直撃し死亡っていうニュースを見た。部署は違えどジェジュンが頑張ってるから、いくらあの国が嫌いでもたった21で亡くなった兵士がかわいそうで悲しくなった。
ご冥福を…
しかし, 76ミリ砲が直撃してて人間が即死してないなんて心配になる威力の低さだな…

韓国海軍の高速艦が故障で誤射、水兵の頭に直撃し死亡
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150728-…

オットーメララの76ミリで事故起こすって、どんだけ不良品を使ったのやら? こんな連中と共同戦線張ったらえらいことになるな。韓国海軍“パクリ製造”の主砲暴発…生かされない“人災”セウォル号事故の教訓」:イザ! iza.ne.jp/kiji/world/new…
韓国海軍でまた艦船装備の“パクリ改造”や偽装が明らかになった。多くの中型艦に主砲として積まれている「76ミリ砲」が伊メーカーの製品を“参考”に造られていたことが判明。メーカーの抗議にも韓国側は正当性を主張したが、改造砲は暴発したり実戦中に停止したりと考えられない事故を起こしている

pacem@pacemken

「コピーされた」と伊メーカーが韓国を訴訟

 改良されたのは同社は世界的に有名な艦砲メーカーで、その製品の中でも76ミリ速射砲は西側の“大ベストセラー”。優秀な性能と堅実かつ頑丈な設計で日本やカナダ、米国など多くの国が採用している西側艦艇の「標準艦載砲」だ。

ま~た!やりやがった!!

バ韓国がオットー・メララ社に申告せず
無断でパチモン(偽物)を作り
いろ~~んな事故を起こしている様子

ちなみにコレが問題のパチモン76ミリ砲
blogs.yahoo.co.jp/ryoudonowadai/…どうなの?日本 pic.twitter.com/GKMoXfrCwX

https://matome.naver.jp/odai/2143805506273701801
2015年07月28日