サイバーエージェント藤田・ホリエモンの日本IT業界牽引最強コンビで755挑むも現段階では失敗!

alohastate
「堀江貴文氏仮釈放後第一弾プロジェクト」として立ち上げられたもので、サイバーエージェントと、堀江らが出資する株式会社SNSが2013年6月3日に共同で設立した「株式会社7gogo」により、2014年2月13日に提供を開始したスマートフォン向けアプリケーション755がサービスを転換中だと発表。

サイバーエージェントは7月23日、子会社「7gogo」が提供するトークアプリ「755(ナナゴーゴー)」について、現状では著しい成長拡大が見込めないため、サービスを転換中だと発表した。
サイバーエージェント トークアプリ「755」について苦戦を認める 「現在、サービスを転換中」 (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

2014年2月13日に提供を開始したスマートフォン向けアプリケーション755のコンセプトは、芸能人・著名人に紐づくファンをベースにしたアプリだった。

芸能人から返信がくる様子
【開発経緯】
藤田晋によると、ライブドア事件で収監されていた堀江貴文が仮釈放された際に、堀江が藤田に「LINEのようなアプリをなぜ作らないのか」と持ちかけ、その方向性を探る中で、藤田が見城徹や秋元康ら6人でやっている「ハワイ会」というLINEグループでの見城のコメントが「やたらおもしろい」ということに着目し、「これにユーザーが『やじうま』のようにコメントをつけることができたら、それまでにない新しいサービスになるのではないか」との発想から755がうまれた。

23日に行われた決算説明会の質疑応答で明かしたもので、芸能人・著名人に紐づくファンをベースにしたアプリだと成長拡大が見込めないため、一般ユーザー同士での交流や回遊を促すようサービス打開を進めていくという
サイバーエージェント トークアプリ「755」について苦戦を認める 「現在、サービスを転換中」 (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

それが、ベターでしょ

代表取締役も今年7月から、サイバーエージェント本社取締役の宮崎聡氏(崎の字は立つさき)が、森正樹氏に替わり就任した。
サイバーエージェント トークアプリ「755」について苦戦を認める 「現在、サービスを転換中」 (ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

さすが、21世紀を代表する会社が絡んでると、ちょっぱや人事だな。チャンスを掴むのも早いけど、失脚、退任タイミングもめちゃくちゃ早いな。

森正樹氏
今後に期待!

ホリエモン 色々挑戦し続ける姿に感動を与える。

その取組の1つ『755』が、現段階で20億円投資が失敗という形になっているかもしれないが、それは、今の時点。

この失敗があったからこそ、755は大きく飛躍することができたって近い将来聞きたいフレーズです。

応援してます。

https://matome.naver.jp/odai/2143784038042594601
2015年07月26日