気仙沼線・大船渡線BRT区間鉄道復旧をついに断念

utsunomiya-taka
東日本大震災で被災し、BRTで復旧された気仙沼線・大船渡線の鉄道復旧が断念したようです。
BRT車両
大船渡市の専用道を走るBRT車両
盛駅
BRT化工事された大船渡線と三陸鉄道南リアス線の線路

BRT区間鉄道復旧断念報道2015年7月22日

東日本大震災で被害を受けたJR気仙沼線と大船渡線の沿線自治体の首長らが24日、国土交通省で復旧に向けた会合を開く。東日本旅客鉄道(JR東日本)は仮復旧として代替運行しているバス高速輸送システム(BRT)の恒久化を自治体側に提案する見通しだ。
JR東、被災路線の代替バス恒久化を提案へ  :日本経済新聞

震災で不通となった区間に列車を再び走らせるには内陸部へのルート変更など、津波を避けるための防災対策が必要となる。気仙沼線では単純に震災前の状態に戻す場合で300億円、防災費用を含めれば700億円の資金を投じなければならない。
JR東、被災路線の代替バス恒久化を提案へ  :日本経済新聞

不通区間は、大船渡線が盛駅(岩手県大船渡市)―気仙沼駅(宮城県気仙沼市)間の43・7キロで、気仙沼線が気仙沼駅―柳津駅(宮城県登米市)間の55・3キロ。JRは代わりの輸送手段としてBRTを導入し、仮復旧させた。
被災で不通のJR2区間、鉄路復旧を断念 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

関係者によると、JRはすでに沿線自治体に説明を始め、BRTの利便性などを強調しているという。
被災で不通のJR2区間、鉄路復旧を断念 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

この2つの線についてJRは復旧に向けた検討を進めてきましたが、駅の高台移転を含めた復旧費用があわせて1100億円と多額に上ることに加え、震災前から利用が低迷していたことなどから復旧を断念する方針を固めました。
気仙沼・大船渡線の復旧断念へ – NHK 東北 NEWS WEB

内陸移設も検討されたが…

レールが残ってるところも剥がしてBRT道路にしちゃってるしね。始めからそのつもりだったんでしょう。残念だけどBRTは便利だもんなあ。貨物列車がなければ鉄道の意味合いも薄れるし。
汽車旅のしおり

三陸路線はBRTから鉄道への復旧断念なのね。まあ、本数増えて便利だし、運賃はJRのままだし、iCサービス使えるし、何かと便利だよね。何よりフリー切符が使えるJRネットワークの一部ってのは大きなメリット。
https://matome.naver.jp/odai/2143756566801983301
2015年12月15日