「喫煙者は不採用」就職活動でも喫煙者が煙たがられていた

dragon-one
喫煙者を不採用とすることは適法のようです。星野リゾート、セントラルスポーツを始め今後も喫煙者NGの会社が増えるかもしれません。

△肩身の狭い喫煙者

路上喫煙、たばこ税の増税に続き喫煙者を採用しない企業の登場でますます肩身が狭くなった喫煙者

路上喫煙の禁止エリア増、たばこ税が大幅増など、喫煙する人にとって肩身の狭い世間の風が吹いています。そのような中、喫煙者を採用しないと明言する企業もあらわれました。
「喫煙者は採用しない」は異常では…? - 就職・転職コラム | goo求人&転職

一部の企業では、「分煙」を通り越し、採用時、喫煙者と非喫煙者とで差をつける場合も出てきた。セントラルスポーツ(スポーツクラブ)、星野リゾート(リゾート運営会社)、ライブレボリューション(モバイル広告代理店)などでは、「入社までに禁煙すること」を人材の採用条件としているほどである。
喫煙者の就職差別 -喫煙者不採用の会社に喫煙を隠して就職:PRESIDENT Online – プレジデント

△星野リゾートが「喫煙者」を採用しない理由

サイトには「大変申し訳ございませんが、星野リゾートグループでは喫煙者は採用いたしておりません。それが企業競争力に直結している課題であるからです。」と告知し、その理由の詳細を説明しています。
「喫煙者は不採用」・・・企業が喫煙者を排除することは適法なのか – ネタりか

星野リゾートの採用ページより。星野社長からのメッセージとして「喫煙者は採用しない」旨が掲載されています。

理由は三点挙げられています。
「喫煙者は採用しない」星野リゾートが話題に : まだ東京で消耗してるの?

①作業効率

喫煙者は血液中のニコチン含有量の減少により集中力を維持することができなくなります。 私のホテル業界での経験の中で、スタッフの集中力を維持させるため、勤務時間中に喫煙をさせる対応を行っているケースを何度も見てきました。これはスタッフ本人の能力の問題ではなく、中毒症状という病理的な原因によるものであり、結果的に社員の潜在能力を低下させています。
あなたはたばこを吸いますか?|星野リゾート採用サイト

②施設効率

健康増進法の施行により、企業内の職場では分煙環境が必要になってきております。しかし、リゾート事業においては、少しでもスペースがあるなら顧客へのサービスに当てるべきです。
採算性の理由から厨房や作業用のバックスペースも節約している時に、社員の喫煙場所に投資するのは利益を圧迫することになります。
あなたはたばこを吸いますか?|星野リゾート採用サイト

③職場環境

喫煙習慣のある社員には喫煙のための場所が設置され、より頻繁に休憩が認められるということは、喫煙習慣のない社員から見ると不公平に感じる問題です。
「なぜニコチン中毒の社員だけを企業は優遇するのか」とアルコール中毒の社員が主張したら、従業員食堂の横に社員用のバーを設置するのでしょうか。ニコチンが切れて集中できないという状況は、アルコールが切れて手が震えるという状況と差はありません。
全員が喫煙習慣のない社員で構成するA社と、全員が喫煙習慣のある社員で構成するB社が競争すると、B社は最初から不利な環境に置かれます。人口が減少に転じ、本格的な淘汰の時代に突入し、企業が厳しい競争環境にさらされている時に、わざわざ最初から不利な環境を受け入れるべきではなく、星野リゾートグループはA社を目指すことで自らを防衛する必要があります。星野リゾートグループは、顧客にご満足いただき、効率的な運営をすることで競争力を身につけようとしている発展途中の組織です。その構成員である社員の皆さんには、私たちの組織がより有利に戦えるようご協力いただきたいと思っております。
あなたはたばこを吸いますか?|星野リゾート採用サイト

△喫煙者を不採用は法的には問題ないの?

法的には問題ない

企業が採用の際に、喫煙の有無を重要な選考基準としてふるいにかける行為は、適法です。

まず、企業が労働者を採用する行為も、企業と労働者の間の労働契約ですので、企業が誰と労働契約をするか、誰とは労働契約を締結しないかは、基本的に企業の自由です。

採用の際の差別が問題となった三菱樹脂事件最高裁判決でも、いかなる者を雇い入れるか、いかなる条件で雇うかについて、法律その他による特別の制限がない限り、原則として自由に決定することができると判断されています。

したがって、喫煙を理由に不採用とすることも適法です。
「喫煙者は不採用」・・・企業が喫煙者を排除することは適法なのか – ネタりか

厚生労働省はホームページで、公正な採用選考を行うべきであるとして、その中で禁止される事項として様々な項目をあげています。しかし、喫煙の有無の調査を行うことは、禁止事項にあがっていません
「喫煙者は採用しない」という会社の「方針」 法的に問題ないのか?|弁護士ドットコムニュース

企業が喫煙者を採用したくない理由

企業が喫煙者を採用したくない理由

様々に意見が寄せられましたが、

1.喫煙時間=サボリであり、労働能率の低下が発生する
2.非喫煙者に受動喫煙の問題が発生する
3.健康を害するため、医師にかかる率が高くなり、健康保険の財政が悪化してしまう
4.喫煙ルームなど余計な設備が必要になる

など、喫煙者に不利な条件が並んでしまいました。
「喫煙者は採用しない」は異常では…? - 就職・転職コラム | goo求人&転職

会社が「たばこを吸わない人」を求める理由は、大きく3つ。一つは「作業効率」。喫煙者は血液中のニコチン含有量の多少によって集中力が低下する例が少なくない。また、喫煙する社員がより頻繁に休憩をとることから生じる社員の不公平感がある。

たばこの臭いでお客などを不快にさせることや、「喫煙スペース」を設けることで施設の運用効率が悪くなることもマイナス点だ。もちろん、社員の健康への影響(職場環境)もある。
全文表示 | 「喫煙者は採用しない」企業広がる 製薬会社に書店、靴店… : J-CASTニュース

△喫煙者は非喫煙者にとって実は「うらやましい」存在

①喫煙を理由にサボれる

タバコを吸わない人って、実は“スモーカーがうらやましいなあ”と思っているのではないでしょうか。「休憩しているのに、何もしてなければサボっているように見られる。でもタバコを吸っていれば、それだけで言い訳になるし」「喫煙所では楽しそうに話しているよなあ。どんな会話をしているのだろう? オレも仲間になりたいよ」などと。
タバコ離れで、人間関係が“ぎくしゃく”する? (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

②人間関係に有利

ビジネスパーソンの52%が「タバコは職場の人間関係に“有利”だと思う」と回答。興味深いのは「有利」だと答えたのは、スモーカーよりも吸わない人のほうが多いこと。また「有利」だと思う理由を聞いたところ「喫煙所で別の部署の人や役員などと知り合え、人脈が広がると思う」「喫煙所を外から眺めていると、会話が弾んでいるように見える。きっと人間関係にも影響があるに違いない」といった声がありました。
タバコ離れで、人間関係が“ぎくしゃく”する? (1/2) – ITmedia ビジネスオンライン

25〜34歳までのビジネスパーソン1,000人に、「タバコは、職場の人間関係・出世に影響すると思いますか?」というアンケート調査を実施しました。その結果、「人間関係・出世どちらにも影響する」と答えた人が17%、「人間関係に影響する」と答えた人は37%で、ビジネスパーソンの54%が「タバコは職場の人間関係に影響する」と感じていることがわかりました。一方、「出世に影響する」と答えた人は3%に留まり、タバコが直接出世に影響すると考えている人は少ないようです。
タバコは、職場の人間関係に有利?不利? |転職ならDODA(デューダ)

https://matome.naver.jp/odai/2143674792473265401
2015年07月13日