あなたの心が揺れ動く!アニメ,ゲームの名演説集!

haremasita
HELLSINGの少佐の演説はすごいですね~。なんかもう戦争狂ってかんじでキャラクターの味というモノを表現してくれます。

「HELLSING」少佐の名演説

名演説といえばこの人!
ヒラコー先生のセンスが光る!

諸君 私は戦争が好きだ
諸君 私は戦争が好きだ
諸君 私は戦争が大好きだ

殲滅戦が好きだ
電撃戦が好きだ
打撃戦が好きだ
防衛戦が好きだ
包囲戦が好きだ
突破戦が好きだ
退却戦が好きだ
掃討戦が好きだ
撤退戦が好きだ

平原で 街道で
塹壕で 草原で
凍土で 砂漠で
海上で 空中で
泥中で 湿原で

この地上で行われるありとあらゆる戦争行動が大好きだ

戦列を並べた砲兵の一斉発射が轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ

空中高く放り上げられた敵兵が効力射でバラバラになった時など心がおどる

戦車兵の操るティーゲルの88mm(アハトアハト)が敵戦車を撃破するのが好きだ

悲鳴を上げて燃えさかる戦車から飛び出してきた敵兵をMGでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

銃剣先をそろえた歩兵の横隊が敵の戦列を蹂躙するのが好きだ

恐慌状態の新兵が既に息絶えた敵兵を何度も何度も刺突している様など感動すら覚える

敗北主義の逃亡兵達を街灯上に吊るし上げていく様などはもうたまらない

泣き叫ぶ虜兵達が私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げるシュマイザーにばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな抵抗者(レジスタンス)達が雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを80cm列車砲(ドーラ)の4.8t榴爆弾が都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ

必死に守るはずだった村々が蹂躙され女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ

英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ

英米攻撃機(ヤーボ)に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ

諸君 私は戦争を
地獄の様な戦争を望んでいる

諸君 私に付き従う大隊戦友諸君

君達は一体何を望んでいる?

更なる戦争を望むか?
情け容赦のない糞の様な戦争を望むか?

鉄風雷火の限りを尽くし
三千世界の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか?

クリーク  クリーク  クリーク
戦争! 戦争! 戦争!

よろしい ならば戦争(クリーク)だ

我々は満身の力をこめて今まさに振り下ろさんとする握り拳だ

だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けて来た我々に
ただの戦争ではもはや足りない!!

大戦争を!!

一心不乱の大戦争を!!

我らはわずかに一個大隊
千人に満たぬ敗残兵にすぎない

だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している

ならば我らは諸君と私で総兵力100万と1人の軍集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう

髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう

連中に恐怖の味を思い出させてやる

連中に我々の軍靴の音を思い出させてやる

天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事がある事を思い出させてやる

一千人の吸血鬼の戦闘団(カンプグルッペ)で
世界を燃やし尽くしてやる

『全フラッペン発動開始』

『旗艦デクス・ウキス・マキーネ始動』

『離床!!』

『全ワイヤー全索引線解除』

『「最後の大隊大隊指揮官より全空中艦隊へ」目標英国本土ロンドン首都上空!!』

第二次ゼーレヴェー(あしか)作戦
状況を開始せよ

征くぞ 諸君

『欧州だ…欧州だぞ…ッ』
『あの灯光が…!?』
『あれか!?ロンドンか?ロンドンか!?』
『見ろ!!もう見えるぞ!!見える!!』
『欧州…!!ヨーロッパの灯だ…』
『ヨーロッパだ!!』

そうだ あれが我々が待ちに望んだ欧州の光だ

私は諸君らを約束通り連れて帰ったぞ

あの懐かしの戦場へ
あの懐かしの戦争へ

『少佐殿』
『少佐』
『代行殿!!』
『少佐殿!!』

そして あしかは遂に大洋を渡り
陸へとのぼる

ミレニアム大隊各員に伝達!!
大隊長命令である!!

さあ諸君

地獄を作るぞ

「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」ビッグボスの名演説

MGS PWの最後を飾る演説!

俺達は国を棄てる。

お互いの祖国を棄て、この惑星と一体になる。

そこには国もしそうもイデオロギーもない。

俺達は必要とされる土地へ赴き、俺達の為に戦う。

国の為でも、政府の為でもない。
俺達は必要とされているからこそ戦う。
そして持てぬモノ達への抑止力となる。

時代が俺達の目的を決める。

だが、俺達はカネで買われることになる。
時代が望めば、様々な革命や犯罪、テロに手を貸すことになるかもしれない。

そうだ、俺達は地獄へ堕ちる。

しかし、俺達にここ以上の居場所があるか?

ここは俺達にとっては唯一無二の家。
天国でもあり地獄でもある。

それが俺達の天国の外側(アウターヘヴン)だ。

「METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS」ジーンの演説

兵士の心を揺るがす圧倒的演説力!

ジーン:聞け!すべての兵士たちよ。冷戦はやがて終わる。

合衆国そしてソビエト連邦、彼らには世界を導くだけの力も権威も残されていない。泥沼と化したベトナム戦争にアメリカが苦しんでいる間、西側同盟諸国の経済は飛躍的発展をとげた。

そして、計画経済の破綻によってソ連にはこれ以上の軍拡に付き合う余力がなくなった。

だが、冷戦が終わったからといって平和が訪れるわけではない。
超大国の支配から解き放たれ、これまで抑えつけられていた諸国の民族主義は活発化するだろう。

そして、貧富の差の拡大がお互いの憎しみ煽る。大国の管理から外れて世界中に拡散する核兵器。それらがいつ、どこから飛んでくるかわからない時代が訪れる。

たとえ同盟国であろうがいつ敵になってもおかしくない。それどころか、同じ国の兵士同士が殺しあう時代が訪れるであろう。

今のお前達のように、昨日までの隣人が、戦友が家族が、お前に銃を向けるかもしれない!

スネーク:黙れ ジーン!

ジーン:お前を恨んでいる人間は居ないか?お前を馬鹿にしている人間はいないか?お前は誰かに必要とされているのか?お前を殺してやりたいと思っている人間は、本当にいないのか!!!???

ソロコフ:ひ…ひぃぃ…

スネーク:やめろ!ジーン!

ジーン:フッ・・・私の部下がお前たちの中にもまぎれているぞ?私を裏切ったお前達を殺すために・・・

スネーク:嘘だ!だまされるな!

兵士達:殺される…殺される…!

スネーク:おい、しっかりしろ!あいつの声を聞くんじゃない!

ジーン:お前達の敵はお前達のすぐ隣にいる!お前か?いや、おまえだったか!?

この地球は、無数の震撼を突き刺した巨大な爆薬のようなものだ!世界は容易く殺されてしまう。たった一発の核ミサイルで!いや!ただ一発の銃弾で!居たぞ、敵だ!

兵士達:うっ・・・ う・・・うわぁぁぁぁ!!!

(銃声)

兵士達:誰だ・・・だれが敵なんだ!本当に撃ってきやがった!

(銃声)

ジーン:うわっははははははは!

(銃声)

スネーク:やめろ!やめるんだ!やめさせろ!ジーン!

ジーン:止めたければ自分でとめてみればどうだ?スネーク。弾道メタルギアの準備は整った。この工場はもはや必要ない。

スネーク:だから部下を殺すのか?

ジーン:私が殺すのではない。人間が自らを滅ぼすのだ。あまりにも凶暴で、愚かでもろい。

よく見ておけ、スネーク。これが人間の正体だ。

「機動戦士ガンダムMSイグルー2重力戦線」キシリア・ザビの名演説

兄譲りの名演説!
兄ギレンの演説が有名だが、妹キシリアも負けてはいない!

鷲は舞い降りる!
これはスペースノイドにとって大きな飛躍なのである。

ギレン総帥は決断されたのだ。
ジオン独立戦争開戦劈頭、 我々は 正義の剣を地球へと打ち込んだ。
然るに 地球連邦の者どもは 未だ重力に呪縛され惰眠を貪っている!

総帥は このキシリアに命じられた。
最早 我が腕により 正義の鉄槌を下すため 重力戦線を形成すると!

真の自由のために 我々は重力のルツボへと舞い降り 地球の解放を約するものであると!

「機動戦士ガンダム」ギレン・ザビの名演説

名演説製造機!

我々は 一人の英雄を失った…
しかし これは敗北を意味するのか? 否! 始まりなのだ!

地球連邦に比べ 我がジオンの国力は30分の1以下である…
にも拘らず 今日まで戦い抜いてこられたのは何故か?!
諸君! 我がジオン公国の戦争目的が正義だからだ!
これは諸君らが一番知っている。

我々は地球を追われ、宇宙移民者にさせられた。
そして 一握りのエリートが 宇宙にまで膨れ上がった地球連邦を支配して50余年…
宇宙に住む我々が 自由を要求して何度連邦に踏み躙られたか!
ジオン公国の揚げる、人類一人一人の自由のための戦いを 神が見捨てる訳はない!

私の弟、 諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ… 何故だ?!

新しい時代の覇権を、我ら選ばれた国民が得るは歴史の必然である。
ならば我らは襟を正し、この戦局を打開しなければならぬ。
我々は苛酷な宇宙空間を生活の場としながらも、
共に苦脳し、錬磨して今日の文化を築き上げてきた。

かつて ジオン・ダイクンは 人類の革新は宇宙の民たる我々から始まると言った。
しかしながら地球連邦のモグラどもは
自分たちが人類の支配権を有すると増長し、我々に抗戦をする。
諸君の父も 子も その連邦の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ!
この悲しみも怒りも 忘れてはならない!!
それを、ガルマは 死を以て我々に示してくれた!

我々は、今、この怒りを結集し、連邦軍に叩きつけて、初めて真の勝利を得ることが出来る!
この勝利こそ戦死者全てへの最大の慰めとなる!

国民よ! 悲しみを怒りに変えて 立てよ! 国民よ!!
我らジオン国国民こそ選ばれた民であることを忘れないで欲しいのだ!
優良種たる我らこそ人類を救い得るのである!!

ジーク・ジオン!!

何を言うか!ザビ家の独裁を目論む男が 何を言うのか!!

我が忠勇なるジオン軍兵士たちよ。

今や地球連邦軍艦隊の半数が我がソーラ・レイによって宇宙に消えた。
この輝きこそ我らジオンの正義の証しである。

決定的打撃を受けた地球連邦軍に
如何ほどの戦力が残っていようと それは既に形骸である。
敢えて言おう! カスであると!!
それら軟弱の集団がこのア・バオア・クーを抜くことは出来ないと私は断言する。

人類は我ら選ばれた優良種たるジオン国国民に管理運営されて
初めて永久に生き延びることが出来る!
これ以上戦い続けては 人類そのものの存亡に関わるのだ。

地球連邦の無能なる者どもに思い知らせ
明日の未来のために我がジオン国国民は立たねばならぬのである!!

「機動戦士ガンダムUC」オットー・ミタスの名演説

未来に真実を委ねるために戦う男!

期せずして、当初の任務に戻った格好だが、これは軍の命令によって行う作戦ではない。

生き延びるため。フル・フロンタルの手に『箱』が渡るのを阻止するため、本艦が独自で行う作戦である。

フル・フロンタルが示したサイド共栄圏構想と、ミネバ殿下が言う可能性に揺らぐ未来。どちらが正しいことなのかは、私にもわからない。

それを決めるのは我々ではなく、今を生きる若者たち。これから生まれてくる、まだ見ぬ子供たちだろう。

彼らに判断を委ねるためにも、我々は生きて帰らねばならない。
持ち帰った『箱』と共に、真実を世界に問わねばならない。

軍人として、ひとりの大人として。諸君の健闘に期待する!

「まおゆう魔王勇者」メイド姉の名演説

魔王に変身したメイド姉の渾身の演説!

わたしは、私は、魂を持つものとして、みなさんに語らなければならないことがあります。

わたしは、私は実は農奴の子として生まれました。
私は、7人の兄弟姉妹の3番目として生まれました。
兄は、農作業中に腕を折り、そのまま衰弱して捨て置かれました。
姉はある晩、地主に召し出され、帰りませんでした。
冬の良く晴れた朝、一番下の弟は、冷たくなったまま、とうとう目を覚ましませんでした。
疱瘡にかかった兄弟もいます。

私は何もできなくて、生き残ったのは、私と妹だけです。

ある時、逃げ出した私たちに転機が訪れて、それは運命の輝きを持っていましたが、私はずっと悩んでいました。
ずっと、ずっと。

運命はあたたかく、わたしにやさしくしてくれました。
「安心しろ、何とかしてやる」
しかしみなさん。貴族の皆さん。兵士の皆さん。開拓民の皆さん。そして、農奴の皆さん。

私はそれを、拒否しなければなりません。
あんなに恩のある、やさしくしてくれた手なのに。
やさしくしてくれたからこそ、拒まねばなりません。

わたしは、人間だからです。
私は、自信がありません。
「このからだの中には、卑しい農奴の血が流れているじゃないか。」
「お前は所詮、虫けら同然の人間もどきじゃないか」、と。

だからこそ。
だとしても、私は、人間だと言い切らねばなりません。
なぜなら、自らをそう呼ぶことが、人間であることの最初の条件だと、私は思うからです。

夏の日差しに頬を照らされる時、目をつぶってもその恵みがわかるように、胸の内側に温かさを感じたことはありませんか?
他愛のないやさしさに、幸せを感じることはありませんか?
それは、みなさんが光の精霊のいとし子で、人間である証明です。

―やめろ!異端め。

異端かどうかなど、問題にもしていません。
わたしは、人間として、冬越し村の恵みを受けたものとして、仲間に話しかけているのです。

みなさん。
望むこと、願う事、考える事、働き続ける事をやめてはいけません。
精霊さまはその奇跡を以って、人間に生命を与えてくださり、その大地の恵みを以って、財産を与えてくださり、そのたましいの欠片を以って、わたしたちに自由を与えてくださいました。

― 自由?

そうです。
それは、よりよき行いをする自由。
よりよきものになろうとする自由です。

精霊さまは完全なるよきものとして人間を作らずに、毎日少しずつ頑張るという自由を与えてくださいました。

それが、「歓び」だから。

だから、楽するために、手放したりしないで下さい。
精霊さまの下さった贈り物は、たとえ王でも、たとえ教会であっても、侵すことのできない神聖な宝物なのです。

―異端め!その口を閉じろ!

閉じません!

私は、人間です!

もう私は、その宝物を捨てたりしない!
もう「虫」には戻らない!!

たとえ、その宝を持つのが、つらく、苦しくても、あの昏い微睡みには戻らない!

光が在るから!
やさしくしてもらえたから。

―この異端の売女めに、石を投げろ!何をしているのだ!?石を投げない者は、すべて背教者だ!!

投げようと思うなら投げなさい…っ!!
この狭く、冷たい世界の中で、家族を守り、自分を守るために、石を投げることが必要なこともあるでしょう。

私は、それを責めたりしない!

その判断の自由も、また、人間のもの。
その人の心が流す血と同じだけの血を、私は、この身を以って流しましょう。

しかし。

「他人に言われたから」
「命令されたから」
という理由で、石を投げるというのなら。

その人は「虫」です!!

自分の意思を持たない、精霊さまに与えられた大切な贈り物を他人に譲り渡して、考えることをやめた「虫」です!
それが、どんなに安らげる道であっても、宝物を譲り渡した人間は「虫」になるのです!

私は、「虫」を軽蔑します。
わたしは、「虫」にはならない…っ!

わたしは、私は、人間だから!!!

「Muv-Luv Alternative」パウル・ラダビノッドの名演説

死地に向かう若者たちに贈る言葉!

先のBETA襲撃により、我が横浜基地は致命的とも言える大損害を被ってしまった。
奮戦虚しく、多くの命と貴重な装備が失われ、正に精も根も尽き果てんばかりであった。

だが・・・・・・見渡してみるがいい。

この死せる大地に在っても尚、逞しく花咲かせし正門の桜のごとく、
甦りつつある我等が寄る辺を、

傍らに立つ戦友を見るがいい。
この危局に際して尚、その眼に激しく燃え立つ気焔を。

我等を突き動かすものは何か。
満身創痍の我等が何故再び立つのか。

それは、全身全霊を捧げ絶望に立ち向かう事こそが、生ある者に課せられた責務であり、
人類の勝利に殉じた輩への礼儀であると心得ているからに他ならない。

大地に眠る者達の声を聞け
海に果てた者達の声を聞け
空に散った者達の声を聞け

彼らの悲願に報いる刻が来た。

そして今、若者達が旅立つ。

鬼籍に入った輩と、我等の悲願を一身に背負い、孤立無援の敵地に赴こうとしているのだ。

歴史が彼等に脚光を浴びせる事が無くとも
我等は刻みつけよう

名を明かす事すら許されぬ彼等の高潔を、我等の魂に刻み付けるのだ

旅立つ若者たちよ

諸君に戦う術しか教えられなかった我等を許すな。
諸君を戦場に送り出す我等の無能を許すな。

願わくば、諸君の挺身が、若者を戦場に送る事無き世の礎とならん事を。

「進撃の巨人」ドット・ピクシスの名演説

兵士たちを動かす力強い名演説!

今この場から去る者の罪を免除する!一度巨人の恐怖に屈した者は二度と巨人に立ち向かえん!
巨人の恐ろしさを知った者はここから去るがいい!

そして!その巨人の恐ろしさを自分の親や兄弟,愛する者に味わわせたい者も!
ここから去るがいい!

四年前の話をしよう。ウォール・マリア奪還作戦の話しじゃ。
あえてわしが言わんでもわかっておるとおもうがのう。
奪還作戦といえば聞こえはいいが、
ようは!政府が抱えきれんかった大量の失業者の口減らしじゃった!!

皆がそのことに口をつぐんでおるのは、彼らを壁の外に追いやったおかげで!我々はこの狭い壁の中を、生き抜くことができたからじゃ!

わしを含め!人類全てに罪がある!

ウォール・マリアの住人が少数であったため、争いは表面化しなかった。
しかし!今度はどうじゃ!このウォール・ローゼが破られれば、人類の二割の口減らしをするだけじゃ済まんぞ!
ウォール・シーナの中だけでは、残された人類の半分も養えん!

人類が滅ぶのならそれは巨人に食い尽くされるのが原因ではない!!

人間同士の!殺し合いで!滅ぶ!!我々はこれより奥の壁で死んではならん!!

どうかここで・・・ここで死んでくれ!!

「コードギアス 反逆のルルーシュ」シャルル・ジ・ブリタニアの名演説

人は! 平等ではない!

人は! 平等ではない。

生まれつき足の速い者、美しい者、親が貧しい者、病弱な体を持つ者、生まれも育ちも才能も、人間は皆、違って、おるのだ。そう、人は、差別されるためにある!
だからこそ人は争い、競い合い、そこに進歩が生まれる。

不平等は! 悪ではない、平等こそが悪なのだ。

権利を平等にしたEUはどうだ。人気取りの衆愚政治に堕しておる。富を平等にした中華連邦は、怠け者ばかり。だが、我がブリタニアはそうではない。争い競い、常に進化を続けておる。

ブリタニアだけが前へ!! 未来へと進んでいるのだ。

我が息子、クロヴィスの死も、ブリタニアが進化を、続けているという証。戦うのだ! 競い、奪い、獲得し、支配し、その果てに、未来がある!!

オール・ハイル・ブリタニア!

https://matome.naver.jp/odai/2143652492796749901
2016年05月31日