ダークソウルやBloodborne、ディアブロシリーズの影響を受けたゲーム、Eitrとは?

ele373
これは期待!

Eitrとは?

Eitrは、あの大人気の2D殺人ゲーム「Hotline Miami」や、ちょっと話題になった一人称パズルゲーム「The Talos Principle」のパブリッシングを行ったDevolver Digitalによって開発されている2D(ほぼ全てがドット絵)のアクションRPGです。

アクションRPGとしての戦闘システムは、R2で攻撃(溜め可能)、R1でガードを砕く蹴り、L2でガード、L1でパリー(敵の攻撃を弾く)で、○をタップするとクイックステップで回避……と、明らかにフロム・ソフトウェアの『ダークソウル』と『Bloodborne』に影響を受けているスタイル。
となれば全部説明しなくても大体予想がつくと思うが、スタミナ消費に気をつけつつ、敵の行動パターンを読んで連撃の合間に一太刀入れたり、相手のキッツい攻撃をタイミングを読んでパリ―してからカウンターでやり返すような、まぁそういうゲームである。
ソウルシリーズ/ブラボ+ディアブロ+ドット絵! センス良すぎる2DアクションRPG『Eitr』【E3 2015】 – ファミ通.com

じゃあDiabloの要素はどこにあるんだよ!?って? それは・・・↓

そう、Lootシステム。
Diabloというかハクスラの醍醐味みたいなものですね。

一方でアイテムについては『ディアブロ』のアイテムのシステムを参照していて、倒した敵やダンジョンの宝箱からは、ランダムな性能の装備が出てくる(なおプレイヤーが死ぬとアイテムの耐久度が下がる)。
ソウルシリーズ/ブラボ+ディアブロ+ドット絵! センス良すぎる2DアクションRPG『Eitr』【E3 2015】 – ファミ通.com

キャラクターシート
装備やアイテム、ステータスは1画面で確認できるっぽい。
あとディアブロシリーズといえばこの大量のMOB
これぞハクスラ!

成長システムはちょっとヒネっていて、まず冒険を進めていくと“Favor”が貯まり、増えるごとに能力がブーストされるが、死亡すると失われてしまう。一方でFavorを消費してレベルアップすることも可能で、レベルに変換してしまえば失われなくなるが、レベルアップで得られる効果はFavorで得られるそれよりも少ない。プレイヤーは「より大きな効果を求めてリスクを取るか、リスクを避けてある程度の強化を確定させるか」という選択を求められることになる。
これはスピードラン(早解き)やトレジャーハンティング(レアアイテム探し)などのやり込みプレイにもいい具合に噛んできて、「調子こいてFavor全振りでサクサク進めようとして、一気に全Favorスッてお通夜」なんてことも起こり得る。
ソウルシリーズ/ブラボ+ディアブロ+ドット絵! センス良すぎる2DアクションRPG『Eitr』【E3 2015】 – ファミ通.com

元々ハードコアしかやらなかった人としては超良いシステムじゃん・・・!

そしてグラフィック的には『ゼルダの伝説』シリーズの雰囲気に憧れつつ、ソウルシリーズと『Bloodborne』のオドロオドロしさや、『Diablo』シリーズで大量に敵が出てくる時のザワっとする感じを、北欧神話のモチーフを取り入れつつ、『スキタイのムスメ』以降の今風のドット絵で仕上げたという感じ。
ソウルシリーズ/ブラボ+ディアブロ+ドット絵! センス良すぎる2DアクションRPG『Eitr』【E3 2015】 – ファミ通.com

というわけで以上、Eitrでした!
ちなみに読み方はエイター。

https://matome.naver.jp/odai/2143645085848085101
2017年03月16日