起業家必見!? 社畜を飼い慣らす4つの技法

null_gh67

これから起業家として活躍しようとしている方、すでに起業家として活躍されている方も今一度社畜の飼い慣らし方を学んでおくことを強くオススメします!

以下に社畜の育て方をまとめました。

昇給を与える


https://matome.naver.jp/odai/2143585943350624501/2143586482251727003

有能な社畜はなんとしてでも留めておきたいものです。
昇給を与えることは意識の高い社畜を留めておくための最良の方法です。
もっとも、昇給といっても会社に影響はありません。
本人が生み出した会社の儲けの3分の1から半分を社畜の給与にするという法則に変わりはないからです。
(例1)ひと月20万円給与を与えてやる代わりに40万円分働かせる。
(例2)ひと月40万円給与を与えてやる代わりに70万円分働かせる。
といった具合です。

会社にとって利益にならない社畜だと判断すれば解雇してしまえば良いだけの話です。

階級・役職を与える


https://matome.naver.jp/odai/2143585943350624501/2143586482151726803

「名誉と金さえ渡せば頑張ってくれるバカがいる」とはよく言ったものです。

競争させる


https://matome.naver.jp/odai/2143585943350624501/2143586482251727103

社畜同士を競争をさせます。すると、お互いが高めあって企業へ利益を生んでくれます。
競争原理をうまく活用することによって漁夫の利を得ることもできますし、なにより社畜に達成感を与えることができ有能な社畜をますます飼い慣らすことができます。

仕事に対する情熱を定期的に伝える


https://matome.naver.jp/odai/2143585943350624501/2143586482251727203

社畜が働けば働くほど会社の利益となります。
社畜をずっと会社で飼い慣らしておくためには頻繁に仕事に対する情熱を伝えましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2143585943350624501
2015年07月03日