【意外と知らない】いたずら電話に困ったときの対応方法

テネ
何度も何度もかかってくる迷惑な電話にほとほと困っている方向けに、イタズラ電話を撃退する方法をまとめました。
イタズラ電話の苦悩
誰がかけてきているのか分からない度重なるイタズラ電話や無言電話は、被害者は、精神的に逼迫した状態に陥ってまうことも多くあり、とても危険な迷惑な行為です。
やってはダメな事
返事は、してはいけません。オウム返しする方法は、相手が無言の時には使えませんし、逆に声が聞けるので、犯人が喜ぶ場合も有ります。

▼自分で対応する方法

何を言われてもイーヒヒヒーみたいな不気味な笑い声だけで対応する。
お経や念仏を唱えている音声を聞かせる。

▼自分では解決できない場合

仲間や親に相談する
友達や先輩、親や親戚などと問題を共有して、解決案を考えましょう。
警察に相談する
最寄の警察に相談の窓口があります。警察は、証拠がないと動いてくれないことがありますので、イタズラ電話の被害をある程度記録に取ってから相談しましょう。
あなたが女性の場合、できるだけ女性の警察官の人に相談したい旨を伝えて相談の窓口を作ることをお勧めします。
また、地元の警察が対応してくれない場合、警視庁も相談窓口があります。
また、地元の警察に動いて欲しいときのもうひとつの方法として、地元の議員さんに相談する方法もあります。
探偵に相談する
警察が対応してくれる事が一番なのですが、動いてくれない場合は、探偵に犯人調査を依頼できます。探偵の仕事は、多岐に渡りますのですのでイタズラ電話の犯人探しも請け負ってくれます。
調査の目的は、警察に証拠として提出できる証拠の調査です。
証拠があれば、警察へも相談しやすくなります。
注意点は、費用がかかることと、探偵選びを慎重にすることです。

▼固定電話での対応方法

▼スマホでの対応方法

▼電話会社での対応方法

https://matome.naver.jp/odai/2143506249607336501
2019年09月01日