【東京五輪】野球・ソフトなど8団体が書類選考通過

toshizou.koga

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、都内で種目追加検討会議(座長・御手洗冨士夫経団連名誉会長)を開き、20年大会の開催都市提案による追加種目選定で書類選考を通過した国際競技連盟(IF)に野球ソフトボールなど8団体を選んだ。
選考には応募資格を持つ国際オリンピック委員会(IOC)承認の33団体のうち26団体が応募。検討会議ではIOCが提示した評価基準をふまえ、若者へのアピール度や日本国内の盛り上がり、公平性などの観点から絞り込みを行った。 組織委は通過団体に対し、詳細な質問事項を送付。8月初旬に都内でヒアリングを実施した上で、9月30日までにIOCへ追加種目を提案する。IOCは来年8月にリオデジャネイロで開かれる総会で正式決定する。
野球・ソフトなど8団体が書類選考通過 東京五輪 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、都内で種目追加検討会議(座長・御手洗冨士夫経団連名誉会長)を開き、20年大会の開催都市提案による追加種目選定で書類選考を通過した国際競技連盟(IF)に野球ソフトボールなど8団体を選んだ。
通過したのは野球・ソフトのほか▽ボウリング▽空手▽ローラースポーツ▽スポーツクライミング▽スカッシュ▽サーフィン▽武術。
【東京五輪】野球・ソフトなど8団体が書類選考通過(1/2ページ) – 産経ニュース

国際オリンピック委員会(IOC)は8日、スイスのローザンヌで開かれた理事会で、2020年東京五輪の会場計画で未承認だった10競技のうち、セーリングなど8競技の会場を新たに承認した。実施が決まっている28競技のうち、自転車とサッカーを除く26競技の会場が決定、大会組織委員会や東京都は大幅なコスト削減を見込める状況となった。
「合わせて17億ドル(約2140億円)の節約が可能。IOCのバッハ会長からも大変高い評価をいただいた」。8日のIOC理事会後、組織委の武藤敏郎事務総長は計画変更によるコスト削減の見積もりを披露した。
「嘘つかれた」変更8競技から不満 東京五輪会場、IOC追加承認:イザ!

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、開催都市が提案できる追加種目の検討会議を開き、野球・ソフトボール、空手、スカッシュなど8競技団体が、書類審査による1次選考を通過したと発表した。
今月8日の応募締め切りまでに26団体が応募していた。
野球・ソフトなど8競技1次通過…五輪追加候補 : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、同五輪で開催都市の東京が提案できる追加種目の1次選考結果を発表し、野球とソフトボール、空手、ボウリング、ローラースポーツ、スポーツクライミング、スカッシュ、サーフィン、武術の八つの国際競技連盟(IF)が通過した。東京都内で開いた検討会議で決定した。
野球ソフト、空手など8団体通過 東京五輪追加種目1次選考 — スポニチ Sponichi Annex 五輪

https://matome.naver.jp/odai/2143495971594116201
2015年06月22日