<ドローン検定>愛好家らが挑戦 8月から本格的に実施

toshizou.koga

福岡県久留米市で21日、「ドローン検定」が実施され、仕事でドローンを使う人や愛好家ら9人が、大学教授らが監修した関連法規や工学、気象学など50問に挑んだ。
ドローンを使う同市の空撮業者や大学、高等専門学校の教員らが作ったドローン検定協会が主催した。ドローンによる事故が多発する中、モラルある利用の啓発が狙い。
この日はプレ検定の位置付けで、8月から1~4級に分けて本格的に実施する予定。主催者は「安心してドローンが使えるような基準にしていきたい」と意気込む。
<ドローン検定>愛好家らが挑戦 8月から本格的に実施 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

小型無人機を使った空撮専門会社「空撮技研」(香川県観音寺市、合田豊社長)は、産業用小型無人機の専門店「ドローンファクトリー」を高松市今里町にオープンした。同店は今月発足した「香川県ドローン安全協議会」の事務局としても活動する。
ドローンは工事現場や災害現場での測量のほか、橋梁やビル、太陽光発電パネルなどの点検、農業での農薬散布や植物生育状況確認などに活用されている。
産業用「ドローン」専門店…太陽光発電パネル点検や測量、農薬散布に 高松 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

お騒がせ少年のせいで一挙にクローズアップされた無人飛行機ドローン。
『ニューズウィーク日本版』(6・16)が12ページの大特集「ドローンの時代」。『NW』ならではの好読み物だ。
軍事目的からアメリカで開発され、〈今や米空軍の機体の3割がドローン〉〈試作機レベルでは最高時速150キロを出せる機種もある〉。民間での利用もかなり進んでいる。
〈83年に開発が始まったヤマハの農薬散布用無人機は、いわば民間用ドローンの先駆け的存在。今では日本国内だけで2500台以上稼動〉
【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】ドローンは可能性無限大 一方、「事故率1%」:イザ!

産業用「ドローン」専門店…太陽光発電パネル点検や測量、農薬散布に 高松
小型無人機を使った空撮専門会社「空撮技研」(香川県観音寺市、合田豊社長)は、産業用小型無人機の専門店「ドローンファクトリー」を高松市今里町にオープンした。同店は今月発足した「香川県ドローン安全協議会」の事務局としても活動する。

4月22日に首相官邸の屋上で小型の無人飛行機「ドローン」が発見された事件。この件でドローンの危険性がにわかに問題視され、内閣官房が大慌てで規制に動き始めた。だが、これを内心快く思っていないのが経済産業省だ。ドローンなどの無人機やロボットの普及・開発を支援し、新たな市場形成を目指す同省にとって、規制強化はその流れに逆行しかねないからだ。無人機の開発技術では米国や中国に水をあけられているだけに、過度な規制に「待った」をかけたがっている。
ドローンの運用規制をめぐり、内閣官房を中心に登録制や免許制で取り締まる動きがあることに、経産省のある職員は「登録制や免許制はナンセンス。効果はほとんどないだろう」と断言する。
「ドローン規制はナンセンス」焦る経産省 このままでは燃料電池車の二の舞に…:イザ!

神奈川県は20日、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げている箱根山・大涌谷周辺(同県箱根町)の立ち入り規制区域内の現状を調べるため、調査用カメラを載せた小型無人機「ドローン」を飛ばした。
火山活動の監視に使うセンサー設置に向け、地面の形状を調べるのが目的。温泉供給施設の不具合の有無も確認する。蒸気が最も強く出ている場所から半径200メートル以内は一切の立ち入りが認められておらず、すぐ外側の箱根ロープウェイ大涌谷駅付近からドローンを操縦し、中心部に向けて飛ばした。
箱根山火山活動 ドローン飛ばし大涌谷調査 神奈川県、半径200メートル内:イザ!

シード・プランニングは15日、国内の産業用無人飛行機・ヘリコプターの市場動向に関する調査結果を発表した。調査期間は2014年11月~2015年3月。
通信技術やカメラなどの進歩にともない、玩具用途が主だった無人ヘリコプター・模型飛行機の用途が、農薬散布、物品の運搬、建築物の点検など、産業用途で広がりつつある。同調査では、産業用(軍事除く)の無人機(飛行機・ヘリコプター)の使用用途、各国の規制などについて、現状と今後の普及状況の分析を行っている。
ドローンなどの産業用無人飛行機市場、2020年には現在の10倍以上に成長 | RBB TODAY

https://matome.naver.jp/odai/2143487965225549101
2015年06月21日