ドラゴンボール超 放送前情報まとめ【DB超・ネタバレ有】

tawasigosigosi
ドラゴンボールのテレビアニメ新作「ドラゴンボール超(スーパー)」について、情報を集めました。随時更新していきます。

■放送開始日時・放送局まとめ

フジテレビほかにて7月5日より放送開始!
現在ドラゴンボール改を放送している局でそのまま放送されると思われます。

■日曜 9:00 – 9:30
関東広域圏 フジテレビ
北海道北海道文化放送
岩手県岩手めんこいテレビ
宮城県仙台放送
山形県さくらんぼテレビ
新潟県新潟総合テレビ
石川県石川テレビ
長野県長野放送
静岡県テレビ静岡
中京広域圏 東海テレビ
岡山県・香川県岡山放送
広島県テレビ新広島
福岡県テレビ西日本
佐賀県サガテレビ
近畿広域圏 関西テレビ
鹿児島県 鹿児島テレビ
■その他
島根県・鳥取県山陰中央テレビ 木曜 16:20 – 16:50
福井県福井テレビ 土曜 5:25 – 5:55
富山県富山テレビ 土曜 6:25 – 6:55
大分県テレビ大分 日曜 5:45 – 6:15
高知県高知さんさんテレビ 水曜 14:31 – 15:00
秋田県秋田テレビ 水曜 16:20 – 16:50
熊本県テレビ熊本 土曜 5:30 – 6:00
長崎県テレビ長崎 土曜 10:55 – 11:25
愛媛県テレビ愛媛 日曜 9:30 – 10:00
宮崎県テレビ宮崎 火曜 15:25 – 15:55
ドラゴンボール改 – Wikipedia

間違いあるかもしれません。引用元のwikiでの確認推奨です。

■どんな内容なのか?

「ドラゴンボール超」は、悟空が魔人ブウとの壮絶な戦いを終え、平和を取り戻した地球を舞台とした「ドラゴンボール」シリーズ18年ぶりの新作。原案を鳥山が担当し、7月5日よりフジテレビほかにて日曜9時より放送される。
「ドラゴンボール超」新キャラ登場のビジュアル、Vジャンではマンガ版始動 – コミックナタリー

17年ぶりの劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』より復活を果たした「ドラゴンボール」シリーズ。長いアニメシリーズの歴史の中でも、同作よりはじめて原作者・鳥山氏が制作段階から関わり、続く『ドラゴンボールZ 復活の「F」』においては脚本を担当し、原作者の手によって新たな物語が紡がれ始めたことで、再び大きな盛り上がりを見せている。
新シリーズ「ドラゴンボール超」ビジュアル解禁! 謎の新キャラクターの姿も | シネマカフェ cinemacafe.net

■鳥山明先生によるコメント

ふと思うと、『ドラゴンボール』というアニメもいつのまにかやたら
デカい話になってきましたね。
自分で書いておいて、こんなこと言うのも変ですが、始めた当初は、
まさか宇宙が舞台になるなんて思ってもみませんでした(笑)
とはいっても、いつもどおりとてもわかりやすい展開なのでご安心を。
『ドラゴンボール超』ぜひテレビで楽しんでくださいね!
スタッフ・キャスト | ドラゴンボール超 東映アニメーション

■ネタバレ情報

悟空働く

■ドラゴンボール超のあらすじ

今回のシリーズは、悟空が史上最強の敵・魔人ブウとの壮絶な戦いを制し、平和を取り戻した地球のその後から物語はスタート。長い眠りから目覚めた破壊の神ビルスとの出会い、かつて「宇宙の帝王」と恐れられたフリーザの復活など、悟空たちに次々と迫る脅威に加え、地球の周辺では星が消える不思議な現象が起こっていた。地球に何が起こっているのか…。
新シリーズ「ドラゴンボール超」ビジュアル解禁! 謎の新キャラクターの姿も | シネマカフェ cinemacafe.net

■破壊新ビルスによく似た新キャラクター「シャンパ」


https://matome.naver.jp/odai/2143487423418062801/2143487888424628403
ビルスの右いる太った方がシャンパ
ビルス(ビール)
ウイス(ウイスキー)
シャンパ(シャンパン)
でアルコール類系の名前。
右の女版ウイスの名前はまだ不明

『ドラゴンボールZ 神と神』にて登場する破壊神ビルスに似た「シャンパ」という謎の新キャラクターの姿が描かれている。
新シリーズ「ドラゴンボール超」ビジュアル解禁! 謎の新キャラクターの姿も | シネマカフェ cinemacafe.net

■キャストはこれまでと大きな変更なし!

キャストには、孫悟空・孫悟飯・孫悟天役の野沢雅子をはじめ、ベジータ役の堀川りょう、ブルマ役の鶴ひろみ、トランクス役の草尾毅、ピッコロ役の古川登志夫、亀仙人役の佐藤正治、クリリン役の田中真弓、チチ役の渡辺菜生子、ビーデル役の皆口裕子、ミスターサタン役の石塚運昇、魔人ブウ役の塩屋浩三、ビルス役の山寺宏一、ウイス役の森田成一らの出演が決定している。
『ドラゴンボール超』ビルス&ウイスに対を成す新キャラクターが明らかに | マイナビニュース

■テレビアニメ「ドラゴンボール」のこれまで

「ドラゴンボール」は週刊少年ジャンプ(集英社)で1984~95年に連載された鳥山明さんの人気マンガが原作。コミックスの累計発行部数は全世界で2億3000万部以上を誇り、86年から放送されたテレビアニメ版は、「ドラゴンボール」、「ドラゴンボールZ」、「ドラゴンボールGT」と名前を変えながら、11年以上にわたって人気を集めた。その後「Z」を再編集した「ドラゴンボール改」を2009~11年に放送。14年から魔人ブウ編を取り上げた「ドラゴンボール改」(魔人ブウ編)が放送されている。
[ドラゴンボール超]ビジュアル公開 ビルスや新キャラ・シャンパも | マイナビニュース

<これまでの放送>

『ドラゴンボール』1986年2月~1989年4月

『ドラゴンボールZ』1989年4月~1996年1月

『ドラゴンボールGT』1996年2月~1997年11月

『ドラゴンボール改』2009年4月~2011年3月

『ドラゴンボール改』(魔人ブウ編)2014年4月~2015年6月
http://corp.toei-anim.co.jp/press/2015/04/_730.php

■放送前に漫画版が開始

なお本日6月20日発売のVジャンプ8月号(集英社)より、とよたろうによる「ドラゴンボール超」のコミカライズ連載がスタート。第1話ではブウを倒し、つかの間の平和を享受する悟空たちの姿が描かれた。
「ドラゴンボール超」新キャラ登場のビジュアル、Vジャンではマンガ版始動 – コミックナタリー

■オープニングを担当するのは吉井和哉さん

同局編成部の野崎理プロデューサーは「オープニング(吉井和哉)やエンディング(グッドモーニングアメリカ)、番組ロゴが決まり、メーンビジュアルが完成。予告映像も放送され、皆さんからのリアクションも大きくなってくるのと同時に、期待感がこちらにひしひしと伝わってくる。初回放送から悟空もエンジン全開です」と自信を見せる。
「ドラゴンボール超」新シリーズのビジュアル初公開 新キャラも登場 – 産経ニュース

「超絶☆ダイナミック!」
歌:吉井和哉
作詞:森雪之丞/作曲:吉井和哉

子供達が学校の帰り道につい口ずさんでしまうメロディー
そしてその歌を呟けば、思わず強くなれるような、力が湧いてくるような曲を作りたいと思いました。
僕が悟空に持つイメージでもある、優しくて大きな強さの中にあるセクシーさも表現したかったです。
主題歌 | ドラゴンボール超 東映アニメーション

「ハローハローハロー」
歌:グッドモーニングアメリカ
作詞・作曲:金廣真悟

ドラゴンボール。前回携わらせてもらった「改」は、幼少時代に一度見たアニメのデジタルリマスター版。
当時そのエンディングテーマは影山ヒロノブさんが歌っていたし、良く知っている分、その部分を自分たちがするという事に、とても嬉しい反面、少しの違和感があり、なんなら未だに実感が無い状態です。
しかし今回は完全なる新しいストーリー。漫画にもなっていない未知なる冒険。とても楽しみだし、ワクワクしています。
ドラゴンボールの歴史とともに刻まれるような、とっておきの「超」新曲を持って来たので、楽しみにしていてください。
主題歌 | ドラゴンボール超 東映アニメーション

■海外でも話題のようです

7月5日にフジテレビ系で放送がスタートする『ドラゴンボール超(スーパー)』のメインビジュアルが公開され、早くも海外ファンの間でも話題になっている。
『ドラゴンボール超(スーパー)』放送スタートに海外のファンも大歓喜! – Ameba News [アメーバニュース]

6月14日に新シリーズの一部映像がネット上で公開されると、世界中のドラゴンボールファンが即反応。「新シリーズが見れるなんて夢のようだ」「そろそろ日本語の勉強しないとまずいな」「自分が生きている間に新シリーズが見れるのは予想外だったよ」といった喜びの声が次々と寄せられた
『ドラゴンボール超(スーパー)』放送スタートに海外のファンも大歓喜! – Ameba News [アメーバニュース]

■放送開始が楽しみです

本シリーズは、これまで原作においても描かれていない完全新作ストーリーなだけにファンからの期待も高い。1986年にスタートした最初のアニメシリーズより29年、新しい「ドラゴンボール」のはじまりを、ぜひチェックしてみて。
新シリーズ「ドラゴンボール超」ビジュアル解禁! 謎の新キャラクターの姿も | シネマカフェ cinemacafe.net

■公式サイトはコチラ

https://matome.naver.jp/odai/2143487423418062801
2015年06月30日