【東映×YouTube】女性クリエイターが魅せる”花魁”の世界が美しい

aqualm
YouTubeと東映がパートナーシップを結び、新たな形で日本文化を発信。人気女性Youtuber(動画クリエイター)佐々木あさひ、木下ゆうか、くまみきをはじめとする若手クリエイターが魅せる花魁の世界は必見。遂に完結した”花魁レンジャーWeek”プログラムに海外からもコメントが寄せられている。

「YouTube Space 時代劇 with 東映太秦映画村」とは

4月7日、YouTubeがYouTube Space Tokyoで記者会見を開催。そこでYouTubeと映画会社・東映がパートナーシップを結ぶことが発表され、日本国内のYouTubeクリエイターを支援する新プログラム「YouTube Space 時代劇 with 東映太秦映画村」が開始されることが明らかになった。
YouTubeが東映とのパートナーシップを開始! | ニュースウォーカー

グーグル株式会社YouTubeパートナーシップ日本代表の水野有平氏が挨拶。「これは非常に重要なプログラム。時代劇は、日本にとって重要なコンテンツのフォーマットです。この時代劇を世界に向けて、多くの人々に発信する役割を果たしていきたい」と抱負を語った。
YouTubeが東映とのパートナーシップを開始! | ニュースウォーカー

YouTubeクリエイター

東映京都撮影所所長の竹村寧人氏のコメント

「現在、映画やドラマの時代劇が減少している。世界中の方が時代劇の魅力を発見する機会として、このプロジェクトに期待しています。若手のクリエイターと時代劇の職人が接することで、新しい形の時代劇ができるのではないか」。
YouTubeが東映とのパートナーシップを開始! | ニュースウォーカー

プログラムでは、さまざまな時代劇の技術が学べるワークショップや各種の交流会、YouTube Space Tokyoのスタジオ内に作られた時代劇のセットによって、クリエイターへの支援を実現

本格的な時代劇セットを無料で使用できる

YouTubeの社内スタジオ「YouTube Space Tokyo」内に建てられた時代劇セット。東映京都撮影所の協力で建てられた本格的なもので、5,000人以上のチャンネル登録者がいるクリエーターであれば、無料で使用できるという。
YouTubeが時代劇をサポート!東映の本格セットが都内にオープン! – シネマトゥデイ

東映株式会社京都撮影所の竹村寧人所長は「時代劇には、先輩から教えていただいた伝統がある。セットは6畳と8畳という限られたスペースの和室となるが、ふすまや障子、御簾(みす)などを変えることで、殿様の部屋、お姫様の部屋、町屋、花魁(おいらん)の揚屋など、いろいろなセットに変えていくことができる」と解説。さらに照明などの効果により、およそ64のシチュエーションを作り出すことができるという。

東映では、この新たなパートナーシップを通じて、YouTubeで活躍するクリエイターと、東映京都撮影所が継承してきた殺陣・衣装・美術などの時代劇文化との融合による全く新しい時代劇作品の創造や、インターネットを活用した時代劇の魅力の世界発信に期待しています。
東映とYouTube がタッグを組んだ!「YouTube Space 時代劇 with 東映太秦映画村」開始! | 東映[広報]

そんな中、人気女性Youtuberにより「花魁レンジャーWeek」プロジェクトがスタート

▼今回プロジェクトに参加したクリエイター紹介動画

https://matome.naver.jp/odai/2143436461338717501
2015年10月20日