大阪・神戸⇔九州へ行くなら船でGO!

フルーツラムネ
移動するための乗り物にも色々ありますが、旅行するなら船がおすすめ!乗ってる間原則ずっと座席に座らないといけない他の乗り物に比べ、なんてゆったりできること!急がないなら断然船で!

九州へ行くなら何で行く?

新幹線が一般的?
新大阪から博多まで所要時間約2時間30分。
料金は大人15310円。
メリットは新大阪駅が割とアクセス便利なこと、発車ぎりぎりに乗れること、飛行機のように面倒な手続きがいらない、未就学児は無料…などなど、やっぱり使いやすい乗り物ですね。
それとも飛行機?
スピードは文句なし。1時間で到着。
でも、空港までが遠いかな…
乗る前の手続きはとても面倒。
着陸してからも何だかんだとすっとは降りられない。
しかも出発予定時刻より相当早く来ないといけない。
ちなみに伊丹から大分まで10800円(ANA旅割75)。普通運賃だと24100円。
バスもあるね…
どんなところでも眠れる人はいいかも…
窮屈さは否めません。大阪から博多だと9時間30分ぐらい。
お値段なんと3500円ぐらいからあります。

船で行くメリットは?

おなじみさんふらわあ号。
時間はかかります。約12時間。大阪から別府までいわゆる雑魚寝で料金7090円(キャンペーン料金)。個室は11460円から。

長距離フェリーのメリット
●ゆったりとした時が流れる。
海の上でゆったり、のんびり時を過ごす。 とても贅沢な気分で旅を楽しむことができます。
●船内施設が旅を演出。
フェリーにはレストラン、バー、ラウンジ、娯楽室、浴室など快適な旅を演出するためのさまざまな施設が用意されています。
●部屋の等級が選べる!
フェリーには特等、1等などの個室から大人数で利用できる2等の広い部屋まであります。
●車の旅に最適!
フェリーでは車ごと移動できるので、渋滞・事故などの心配がなく、目的地までリラックスして移動できます。
日本長距離フェリー協会/フェリーのメリット

窮屈でない広い船内長距離の移動では、動けなく退屈。しかし、フェリーはバスや電車、飛行機と違って、動きまわることができます。
フェリー旅の魅力[Advectionfog]

フェリーって揺れないの?とよく聞かれます。特に長距離のフェリーは大型が多く、天気が荒れた時を除いてほとんど揺れることはありません。ましてや瀬戸内海の航路は荒れた天気でも全くと言っていいほど揺れないです(船内にいると、出港したのに気づかないことがよくあります)。
フェリー旅の魅力[Advectionfog]

船内はこんな感じ(いろんなフェリーの画像が混ざってます)

通路兼ロビー
ここに座って持ち込んだお弁当を食べたり、海をぼーっとながめたりしてくつろげます。
いわゆる雑魚寝ルーム。
荷物を置く棚もあります。夜行バスじゃ足を伸ばして寝られないけど、フェリーはそれができます。
大浴場。
旅館のように広くはないけれど、移動中にゆっくりつかれます。
個室です。
二人旅ならこんなお部屋も…
ちょっといいホテルに泊まっているかのよう…お部屋にトイレもついてます。
4人部屋。
家族旅行などに。2段ベッドになってて、奥にくつろぐスペースが。トイレはないけど洗面所があるよ。(トイレ付の部屋もあるよ)
レストラン。
たいていバイキング形式になっているようです。お値段は1500円ぐらい。ソフトドリンクは飲み放題で、やっぱりアルコールは別料金。
売店。
結構いろいろ売ってます。
お土産やタオル、飲み物、おやつ…

そのほか、ゲームコーナーがあるところも。
イベントも随時行われ、たまたま乗ったときに開催されてたらラッキー!

こんな航路があるみたい

株式会社名門大洋フェリー
大阪(大阪南港) ⇔ 福岡( 新門司港)

阪九フェリー株式会社
大阪(泉大津港) ⇔ 福岡(新門司港)
神戸(神戸港) ⇔ 福岡(新門司港)

株式会社フェリーさんふらわあ
大阪(大阪南港) ⇔ 大分(別府港)
神戸(神戸港) ⇔ 大分(大分港)
大阪(大阪南港) ⇔ 鹿児島(志布志港)

宮崎カーフェリー株式会社
神戸(神戸港) ⇔ 宮崎(宮崎港)
九州フェリー特集 |フェリー予約| WILLER TRAVEL

フェリーに乗って快適な旅を!

https://matome.naver.jp/odai/2143338982471121001
2015年06月04日