新車フィット★値引き交渉してもらえる月は?相場や口コミ情報など

eglobalmind777
人気のコンパクトカーの中でも、ホンダのフィットは人気です♪

◆新車「フィット」の値引き交渉◇

人気のコンパクトカーの中でも、ホンダのフィットは人気

新しく車を購入する場合、中古車でしたら何かと割引をしてもらえそうですが、新車の場合はどうなのでしょうか?
新車を買うときは、割引がききそうもないと思っている方も多いでしょう。
ですが、新車であっても表示価格から値引きしてもらって安く買うことは可能です。
できることなら、最大限、割り引いてもらってお得に買い物をしたいですよね。
普段の買い物と比べて新車を買う場合は額も大きいため、数パーセントの値引きでも大きな金額になりますから。
さて、最近、人気のコンパクトカーのなかでも、ホンダのフィットはとても人気があります。
フィットを購入したいと考えている方も多いと思いますので、フィットを新車で買う際に値引きしてもらうにはどのような方法がよいのでしょうか?
ただ単にお店で「もっと安くしてください」と言うだけではNGです。
具体的に、似たようなタイプの他社の車と比較して、値引きを交渉しましょう。
例えばホンダのフィットを新車で購入したいと考えている方は、マツダから出ているデミオや、トヨタから出ているヴイッツなどと比べている旨を伝えましょう。
どれもフィットと同じようなタイプなので、迷っているということでしたら、相手は値引きに応じてくれるでしょう。
ディーラー同士を合い見積もりさせて、商談を進めて行くと値引きに成功する可能性が高いです。
当然ながら、それぞれの車によって販売価格が違いますので、フィットならこれぐらいは出せる、デミオならこれくらいは出せるというような自分で予算を決めていくとよいでしょう。

◆新車「フィット」の値引き交渉続きその1◇

スムーズに新車の値引きをしてもらいたかったら、来店すぐに競合させるのはNGです。
そこは相手の営業マンも人間ですから、最初から値引きの交渉となれば、お客としての第一印象が悪くなってしまいます。
強引で嫌なお客だと思われたら優しく対応してもらえませんので「迷っている」という相談から入ることをおすすめします。
初日は相談して、車種のアドバイスを受けて、値段の交渉に入らずに終了しましょう。
例えば、車種はフィットと決めていても「まだ決めかねている」と言っておきます。
そして、2度目の訪問から、商談に入り、徐々に競合させます。
フィットが本命だとしても「マツダのデミオもいいなと思っています」とか「妻がヴィッツをイチオシなんですよ」などと伝えましょう。
伝えるポイントとしては「フィットだけに決めてはいないこと」「コンパクトカーが良いので、車種が似たようなもののなかから選ぶつもりであること」「より良い条件を出してくれたお店で買う予定でいること」です。
そして、見積もりをお願いしましょう。
ほかにも、フィットを買う予定の方でしたら、同じようなコンパクトカーでスズキのスイフト、日産のマーチなども競合させるとよいでしょう。
競合させるなら、フィットと同じような価格帯のものがおすすめです。
コツとして、相手の営業マンに「最初からここで買うことに決めている」と悟られないことです。
新車の値引きは基本的に難しいので、営業マンに「競合させているけれどうちが本命だ」とわかってしまえば、値引きは期待できません。

◆新車「フィット」の値引き交渉続きその2◇

最大限の値引きをさせるには「迷っている」「家族と意見が割れている」と思わせることが大事です。
そうすると営業マンはフィットを買ってもらいたいので、同じような車種に負けまいと最大限まで値引きをしてくれるでしょう。
競合させるなら、軽自動車を買うつもりなら、他社の軽自動車同士を比べましょう。
また、コンパクトカーでしたら、他社のコンパクトカー同士を比べて見積もりをもらいましょう。
タイプが違っては、相手も値引きもしづらいですし、本当に求めている車種がわからなくなってしまいます。
それから、競合車種が多すぎてもダメ、少なすぎてもダメですので、新車を買うなら同じタイプの三つ、四つあたりがちょうど良い数だと思います。
そして、さらに終盤に入ったら、同メーカーの別会社で競合させる手もあります。
これが上手く行けば新車でも、大幅な値引きをしてもらえるでしょう。
「ホンダのフィットに決めた。知り合いのディーラーから買ってくれと言われているが、お宅のほうが近いので迷っている」という内容で相談を持ちかけます。
ポイントとしては、「自分はフィットに決めているのでどの店で買ってもいい」ということ。
「良い条件を出してくれた店で決める」と伝えることです。
「友人のディーラーの条件に満足していないが、仕方ないからそちらで買おうと思っている」という台詞は効果テキメンです。
仕方なく商談が進められていることを知った営業マンは「より良い条件を出せば、うちから買ってくれる」と思いますので値引きもがんばるでしょう。
このような言い方ですと、相手の営業マンへの印象も悪くならない上、フィットを買うことが決まっているのなら、営業マンも喜んで交渉に応じてくれるでしょう。

◆フィットが値引きしてもらえる月◇

車を買うなら、12月がおすすめ

人気の車種のひとつ、フィットを今年、購入しようと思っている方も多いでしょう。
なんと言っても燃費が良いことは、車を維持していく上でとても助かることですから、その点でフィットは人気があります。
また、ほかにもフィットの人気のポイントは、コンパクトカーでありながら、車内が広いことです。
見た目は小さいながらも、中が意外と広くて使いやすいため、男性にも人気があります。
さて、新車でフィットを購入する際、このように人気車種のため、あまり値引きしてくれないディーラーもあるようです。
買いたい方も多い車ですから、販売店としては一生懸命に値引きしなくても、売れるということでしょう。
ですが、値引きのタイミングなど、時期を選んだり、コツを覚えたりすれば、新車のフィットでもお得に買うことができます。
まったく値引きがないというケースもたまにあるようですが、基本的に、言い値で買わないことにしましょう。
数万円でもお金が浮けば、その分、新車のフィットでドライブ旅行などに使えますから、賢く交渉していただきたいと思います。
さて、フィットを購入する時期ですが、車を買うなら、12月がおすすめです。
様々なサイトでも書かれていることですし、車を何度か購入している方はご存知でしょうが、12月は車の値引きしてもらえる可能性が高い月と言われています。
ボーナス時期に合わせてキャンペーンを行なっているお店も多いですし、販売店は年末商戦でなんとか売り上げを伸ばしたいと思っているからです。

◆フィットが値引きしてもらえる月続き◇

年末商戦のなか、フィットと、他社の車とどちらを買おうか、迷っているそぶりを見せれば、大幅な値引きが期待できるかもしれません。
12月のほかには、2月や3月の決算期もおすすめです。
また、ボーナス時期ということで12月のほかにも6月や7月も値引きが期待できる月でしょう。
新車を買う際は当然ながら動く金額も大きいですから、時期をしっかりと計画して、賢いお買い物をして頂きたいと思います。
一般的に、車の購入にかかる期間は一カ月、人によっては二カ月かりますので、購入を決める日が値下げしてもらえる月になるように調整します。
値引きしてもらう際ですが、ディーラーとの交渉回数は、3回程度が理想的です。
早くて2回という方もいらっしゃいますが、最初は相談に行って軽く見積もりをもらう程度にしましょう。
そして、2回目以降は、フィットと同じようなタイプのコンパクトカーを競合させ、迷っている感じで交渉をすすめます。
新車のフィットでどれくらい値引きになるのか、さまざまなサイトに参考データが掲載されていますが、ゼロというケースもあるなか、10万円、15万円の値引きに成功した例もあります。
タイミングや交渉の仕方でも値引き金額は変わってくると思いますし、担当した営業マンの決定権にも関係してきそうですよね。
担当者がある程度、権限を持っている人の場合と、新しい営業マンの場合でも、値引きは違ってくることもあるようです。
基本的に担当者は選べないようですが、できるだけ上の人と交渉できると良いですね。

◆フィットの新車の値引き相場◇

値引き価格は少ないところでゼロ円、値引きが多いお店では15万円となっている

車を新車で購入する場合、とても大きな買い物になるので多くの方が慎重に交渉を進めたいと思っているでしょう。
お金に余裕のある方は値引き率など関係ないでしょうが、一般の方は少しでもやすく買いたいと思っている方がほとんどです。
人気車種のフィットをこれから買おうと思う方は、新車でもどれくらい割引をしてもらうか目標を決めておくと良いでしょう。
「ここまで値引きしてくれたらそのお店で買う」というラインを事前に決めておけば交渉もしやすいでしょう。
その値引きしてもらう目標金額ですが、それを決める前に新車のフィットの相場を確認してきましょう。
2013年モデル等、新車を見てみると、値引き価格は少ないところでゼロ円、値引きが多いお店では15万円となっています。
例えば、フィットの2013年モデル、RS (MT)で値引き15万円という実例があります。
また、2013年モデル13GのLパッケージですと、値引きが15万円、13GのFパッケージで値引きが5万円、また別のお店では値引きが10万円でした。
2013年モデルRSの値引きがゼロ円というデータもありました。
ご覧のように値引きがゼロというお店もあるようなので、さすが人気の車種ですよね。
まったく値引きしなくても新車でフィットが売れているわけです。
ですから、気合いを入れて交渉をしないと、まったく値引いてもらえないケースも多いということになります。
そして、平均的な値引き相場は、だいたい8万円ということになりました。

◆フィットの新車の値引き相場続き◇

フィットの値引き相場は8万円という、この金額を踏まえ、新車購入の際のポイントをおさらいしておきましょう。
お店の方との交渉時には、最初から金額を出さないこと、そして最後までこちらから金額は出さないことです。
また、フィットを販売している他店の見積もりも、もらっておくこと。
ディーラーや販売店など、他でも値引き交渉を行い、本命のところは最後に交渉をするようにします。
自分で値引き金額のラインを決めていると思いますが、それの具体的数字は最終最後まで出さないようにし、交渉をします。
その間にも、競合店の見積もりを取ったり、同じようなタイプの車、デミオやヴィッツなどの見積もりを取ったり、情報収集を行ないましょう。
本命のお店にはその見積もりを伝え、自分の目標金額に近づくまで粘り強く交渉しましょう。
急いで新車を買う必要がないのなら、なるべく時間には余裕を持って値引き交渉を行ないます。
急いでいると相手も足元を見てきますので、時間がかかっても納得の金額が出るまで交渉を続ける意気込みを見せましょう。
情報収集はけっこう大切なポイントになりますので、初回は近くのディーラーや販売店で話を聞くと良いでしょう。
担当者によっても、新車の値引きが出来る人、出来ない人がいますので、価格を下げられる権限がある方と会えるとよいですね。
また、情報収集はインターネットでもできますので、フィットの新車の値引きについて様々な情報を集めておくとよいでしょう。
新車をお得に買うには時間をかけて計画的に交渉することをおすすめします。

◆フィットの値引き◇

車の下取りをしてもらって、フィット新車の購入費に当てる方が多い

フィットを新車で手に入れたいとお考えの方にとって、いくら値引きしてもらえるかは最も気になる情報でしょう。
インターネットでは、新車を少しでも安く買うためのさまざまな情報が得られます。
交渉の進め方などのコツが情報として公開されているので、それらをチェックしてから新車購入の交渉を始めたほうが良いでしょう。
フィットなどの人気がある車は、それほど値引きしなくても売れるものですから、ディーラーによっては全く値引きしていないお店もあるようです。
ネット上では、こうした新車の値引きに関する情報が掲載されていますが、なかには50万以上も値引きしてもらったという体験談もあります。
素直な方でしたらこうした情報は信じてしまうでしょうが、冷静に考えてみて、新車で50万も値引きされることはまずないと思います。
これは新車フィットが値引きされたのではなく、下取りなどを含め、50万もお得に購入できたということなのでしょうね。
ちょっとした仕組みがあるのですが、それがそのまますべて新車の値引き額だと思ってはいけません。
ディーラーなどでは一般的に、車の下取りをしてもらって、フィット新車の購入費に当てる方が多いのですが、その下取りの車の査定買い取り価格を上げたことで、新車を値引きしたように思わせることがあります。
どちらにしろ、フィットを新車で値引きしてもらうのですから、お得ですし、お客さんにとっては良いことです。
ですが、まるで新車のフィットが安くなった気持ちにさせて、お得感をアップさせるという手法です。

◆フィットの値引き続き◇

ディーラーに訪れるお客さんは、先にフィットの販売価格や値引き価格を調べておく方も多いのです。
また、反対に自分の車の下取り価格は、新車の値引きのことよりも下調べが不十分なケースも多いと言われています。
ですから、下取り価格を安く査定しておいて、交渉のあと、新車を値引きしたように見せ、下取り価格を上げているディーラーが多いそうです。
この方法ですと、目くらましのようになってしまい、十分な値引きをされたがわかりにくいですよね。
それを防ぐためにも今乗っている車の下取り価格を十分に調べて行く必要があります。
長く車を乗っていると、下取り査定もあまり期待していないせいか、下取りの金額は言い値で受けてしまう方も多いです。
実際はそうでもなく、人気の車種ですと思ったより高値で売れることもあり、それを知らずにフィットの下取りに出してしまう方もいらっしゃるでしょう。
人気車種はお店によっても買い取り価格が違うため、高く買い取ってくれるお店に持ち込むのが一番です。
新車を買うときは、同じお店で下取りに出す方がほとんどですが、そこはきちんと下取り価格が高いお店を調べて持ち込むことをおすすめします。
また、フィットを買うディーラーに持ち込むなら、事前に下取り相場を知っておき、新車値引きの交渉だけではなく、別途、下取りの交渉をきちんとすることもおすすめです。
フィットを購入する際は、今、使っている車の査定額を調べてからお店に行きましょう。
ネットでは一括で査定金額を調べられる便利なサイトがあります。
人気の査定サイトである「ズバット」などを利用して、自分で相場を把握しておきましょう。
そして、フィットを出来るだけ安く買うためには、それくらいの下調べは必須です。

◆フィットのメリットとデメリット◇

新車購入時は、同じようなタイプの車と比較している人も多い

ホンダの人気車種であるフィットは、2001年6月に発売されて依頼、ずっと人気があります。
2001年から2002年のカーオブザイヤー等の受賞歴もあります。
また、年間の自動車販売台数において、33年間の長い間、トップを維持してきたカローラを抜いて、フィットがトップに出たこともありました。
このようなことからおわかりの通りそれほど人気の車なのです。
そして、ホンダのフィットは、2013年9月にフルモデルチェンジを行い、フィットハイブリッドも発売されています。
この人気車種を新車で買うとき、最大でいくらぐらい値引きをしてくれるのか、これは消費者にとってはとても興味のあることですよね。
また、新車購入時は、同じようなタイプの車と比較している方も多いと思います。
ですから、フィットの値引きの程度によっては、ライバル車種のほうを選ぶ方もいらっしゃるでしょうね。
また、値引きの限度額を知る前に、まずはフィットのメリットとデメリットを知っておく必要があるでしょう。
フィットの燃費は、ハイブリットですとリッターあたり36.4キロメートルと国内では燃費性能はトップレベルあり、これもメリットの一つですが、さらに、車内の広さと使い勝手の良さでしょう。
フィットの特徴は、燃料タンクが前の座席の下あたりに配置されているので、その分、車内の空間が広く取れています。
また、ほかにも後部座席の足元スペースが広めであること、天井が高めであることから、男性の方でも窮屈な感じはしないでしょう。

◆フィットのメリットとデメリット続きその1◇

コンパクトカーでありながら車内のスペースは開放的です。
また荷物運びにも便利に作られており、後ろは背もたれを倒せば、広くフラットなスペースになります。
さらに、後ろの座面を持ち上げると、高さが生まれますので高い背の荷物も乗せられます。
使い勝手の良さとこの室内空間のオリジナルさが若い方にも好評で、フィットをアウトドア用として使う方やお仕事で使う方も多いのです。
「フィットじゃなければイヤ」という人は別ですが、このようなメリットを求めてフィットを選ぶ方が多いため、新車の値引きがあまりされない場合は、他社の同じようなコンパクトカーにする方もいらっしゃいます。
そして、交渉時には他の車と比べながら進めることも大切なポイントなので、フィットのメリットを良く知っておくことは、新車値引き交渉にも役立つというわけです。
ですから、今度はフィットのデメリットも知っておきましょう。
ハイブリッド仕様の場合、ガソリンに対して割高になるということがデメリットとして上げられます。
ホンダフィットは、ガソリン仕様の車種と、ハイブリッド仕様の車種があります。
この2つの価格の差は38万円ほどです。
この差額を取り戻すために、ガソリン代を使って取り戻そうとするなら、かなりの長い距離を走らなければなりません。
ハイブリットだけの車種でしたら、当然ながら、このようなデメリットはありませんが、フィットのようにガソリン仕様、ハイブリッド仕様に分かれていますので、割高となるのです。

◆フィットのメリットとデメリット続きその2◇

フィットを選ぶ際にガソリンかハイブリットかで悩む方もいらっしゃると思いますが、走行距離で考えると、一年間で一万キロを走らない方にとっては、フィットハイブリッド仕様は、損という計算になりますね。
もちろん、エコロジーの視点でハイブリットを購入する方は別ですが、お金のことだけを考えれば、年間一万キロを走らない方はガソリン車のほうがお得ということになります。
このようなデメリットも知っておくことは新車選びの際に役立つだけではなく、フィットに似たほかのメーカーの車と天びんにかけながら交渉を進める際に何かと有利です。
フィットハイブリッドでしたら、値引きの限界は相場で16万円ほどと言うデータがありますので、この16万値引きを目標に交渉しましょう。
競合車種の見積もりを取りながら、お店を数店、かけもちし、好条件を引き出します。
フィットガソリン車でしたら、競合車種としては、同じようなタイプの日産のノート、スズキのスイフトがよいでしょう。
ハイブリッド車でしたら、人気のトヨタのアクア、マツダのデミオが良いでしょう。
それぞれのライバル車種の見積もりを出しながら、フィットのメリットやデメリットも話しに出します。
競合させながら、新車値引きを最大限にしてもらえるまで交渉をがんばりましょう。
新車は値引きがしてもらえないと思い込んでいる方も多いようですが、粘り強く交渉しお得に新車を買いましょう。
フィットハイブリットで16万円の値引きが可能になった事例はありますので、自信を持って進めてください。

◆フィット新車の値引きにトライ◇

人気車種の場合は、値引きをせずに販売しているディーラーも多い

免許を取ると車がほしくなるものですが、若い方ですとどうしても車を買う費用には苦しむようです。
学生さんでアルバイトをして車を買うと言う方もいらっしゃいますが、新車は難しいですよね。
ですが、価格も中古車並みで、若い方にも大人気の車がホンダのフィットでしたら、新車でも購入可能でしょう。
収納力がたっぷりのフィットは、見た目がコンパクトながら、なかはゆったりで使いやすく、荷物もたくさん入ります。
運転に自信がない方も、こうしたコンパクトボディの車でしたら狭い道でも楽々、運転ができることでしょう。
運転席や後部座席も広々していて、グループでのお出かけや家族旅行にも使えますし、男性が運転しても窮屈さは感じないでしょう。
また、フィットは新車でも安いほうなので、中古車を買うなら新車のフィットを買うという選択肢の方も多いです。
フィットは、新車でも120万ほどで買うこともできますし、フィットのグレードの高いものでも180万ほどです。
エンジンの場所を配置換えするなど、ホンダの創意工夫が生み出したフィットの広々スペースと価格帯など、メリットも多いので、女性、男性問わずファンが多いようです。
また、女性が好みそうな色の展開もありますので、カラフルなフィットで楽しくお出かけができますよね。
そんなフィットを安く買おうと、値引きに関するさまざまな情報が出ています。
人気車種の場合は、値引きをせずに販売しているディーラーも多く、難しいところでもあります。

◆フィット新車の値引きにトライ続きその2◇

フィット新車の値引きが、それ以上は無理とわかれば、その代わりとして、オプションパーツをサービスしてもらえるように交渉することも良いでしょう。
例えば、足元のマットや、ドアバイザー、ボディコーティング、ETCなど、値引き以外でも、サービスしてもらいたいところです。
または、オプションを購入すると値引きも実現する可能性があります。
例えば、ナビゲーションや、オーディオなど、高いオプションをつけることで、車体の値引きをお願いしやすくなります。
ですから、交渉を有利に進めるためには、最初から有料オプションの話はしないことがコツです。
例えば、オプション商品を10万円ほど購入するなら、フィット新車の値引きは、3万円から高くて5万円ほどは要望を出してみましょう。
30万のオプションを買うつもりなら、思い切って、10万は値引き交渉をしてみると良いでしょう。
ディーラーはオプションでも儲けが出るため、新車であっても値引きがしやすくなりますからね。
オプションの商品は値引いていないので純利益も出しやすいと言われていますから、それを購入すれば、その分、車体値引きをしてくれるはずなのです。
また、フィットも新しいモデルが販売されてからは、一年ほど売れ行きの様子を見たほうが、購入時の値引き交渉はしやすいです。
新しいものが好きな方もいらっしゃると思いますが、市販された直後は、不具合でリコールに合うなど、可能性はないとは限りません。

◆フィット新車の値引きにトライ続きその2◇

新しいフィットがほしい気持ちもわかりますが、新発売に飛びつくのではなく、一年くらいは我慢したほうが、フィットも値引きでお得に購入できる可能性が高くなります。
改良型でしたら、2年目や3年目のほうが良いですし、ホンダ車でしたら、継続してディーラーで購入すれば、常連のユーザーさんとして値引きも強気でお願いできるでしょう。
スタート時には、値引き額15万くらいで強めに出て、10万から8万を目標に粘ってみましょう。
最初から値引きは強気の金額を出すところがコツで、そこから妥協をし、相手に合わせるという進め方がよいでしょう。
そして、最後は、オプションの無料サービスをお願いし、足元マットや、マッドガード、ドアバイザー、ボディコーティングをつけてもらえるように要求しましょう。
フィットの新車を値引きしてもらうには、納車が遅くなるということを承知で交渉をすすめます。
「納車が遅くなります」というような言葉にも動じず、時間はたっぷりあるとディーラーに思わせてください。
値引きがなければ買わない、またはよそで買うという、意志を貫きましょう。
購入を急いでいる方は足元を見られる可能性がありますので、車の値引き交渉には時間がかかるものだと思って最初からそのつもりでいてくださいね。
口に出すことが苦手な方は、渋い顔をするだけでも気持ちは伝わりますので、口下手な方でも新車の値引き交渉はできます。
交渉が苦手な方であっても、口に出さず表情だけで相手に伝わるものですから、値引きの金額が納得できない場合は、顔に思いっきり出してみましょう。

◆フィットの契約は月末に◇

同じ新車のフィットでも購入価格がだいぶ違ってくる

ホンダのフィットは見た目もキュートでコンパクト。
小さい車なので運転しやすく、かつ、中は広くて荷物がたくさん積めるというメリットが多い車です。
人気の車種を新車で買うとなると、現実的になかなか値引きをしてもらいづらいものですが、値引きのコツを知っているのと知らないのでは、同じ新車のフィットでも購入価格がだいぶ違ってきます。
どうせ買うならお得に買いたいですよね。
新車のフィットを少しでも安く買うための方法のひとつに、買う時期を選ぶという手があるのです。
実は、フィットの新車を売っている営業マンの方もそうですが、ディーラーの営業マンには毎月のノルマがあります。
その人のノルマというお店もありますが、お店単位のノルマだったり、会社全体のノルマだったりすることもありますが、誰のノルマにせよ、販売する車の目標台数は決まっているわけです。
そして、ノルマを達成できない時は、なんとしても販売台数を伸ばしたいために、大幅な値引きをすることもあるのです。
毎月のノルマをきちんと達成しようと思えば、ノルマに届かない月の月末は、悩んでいるお客さんには値引きでもして販売台数を少しでも増やしたいわけです。
そこで、タイミング良く値引き交渉が行なえれば、どうしても契約が欲しい営業マンは、がんばってフィットの値引きをしてくれることでしょう。
これは、買う側にとっては大きなチャンスですので、タイミングよく契約に運びたいものですよね。

◆フィットの契約は月末に続き◇

そこで、フィットの新車を買う際に、おすすめの契約時期は、月の20日?25日くらいということになります。
ですが、この月末に契約をするのであれば、交渉スタートはもっと前から行なっておく必要があるでしょう。
最低でも3回ほどは足を運ぶ必要がありますから、月初めから交渉をスタートしても良いくらいです。
そして、さらに契約日を週末に当てれば、キャンペーンやフェアの開催中と重なりさらにお得にフィットが購入できると思います。
値引きかオプションのプレゼントかはわかりませんが、フェアなどでは、プラスアルファが期待できるでしょう。
また、ディーラーでは、キャンペーン中などは通常ノルマにプラスしてイベント時のノルマが課せられるところが多いので、値引き交渉も上手く進むと思います。
週末や祝日などディーラーが忙しいときは、決裁権を持つ上司もその場にいることが多いので、値引き交渉もスムーズにいくでしょう。
営業マンが良く言う「上に相談します」という台詞も、その場で確認が取れるため、フェア開催中などは交渉がしやすいです。
また、日曜日にフェアが終了する時間の間際など、駆け込みで契約を取りたいためにフィットの大幅な値引きしてくれる可能性が高いです。
新車の値引きは難しいと言われていますし、人気がある車ですと余計に難しいものですが、タイミングさえ合えば最大の値引きが期待できそうですね。
販売する側の立場になって考えれば、値引きは契約のタイミングが大切だとわかります。

◆フィットの値引きは営業マン次第◇

営業マンによっては、大きく値引きできる人とそうでない人がいる

大人気のコンパクトカーと言えば、ホンダのフィットでしょう。
フィットを新車で買うご予定がある方は、是非、値引きについての情報収集も積極的に行なっていただきたいと思います。
予算もあるでしょうから、新車のフィットを買うなら、少しでもお安い値段で買いたいものですからね。
さて、値引き交渉が得意な方もいれば、苦手な方もいらっしゃるでしょうが、値引き交渉が上手くいくかどうかは、お店の営業マンとの相性も関係あるのです。
同じディーラー内でも、さまざまな営業マンがいますよね。
知人の紹介などで、営業マンを指名しない限り、お店に入ったタイミングで手が空いている営業マン、たまたま対応してくれた営業マンが、そのままあなたの担当になることが多いです。
ですが、この営業マンによっては、大きく値引きできる人とそうでない人がいるのです。
もちろん、値引きの権限がある上の方が担当になったほうが話は早いです。
ですが、肩書きのない営業マンだとしても、値引きの承諾はその都度、上に確認してくれますので値引きができないわけではありません。
あとは、その営業マンも人間性、また、自分と気が合うか、合わないか、そこが大きなポイントとなってきます。
新車のフィットを買う際は100万以上の大きなお金が動くお買い物ですから、お客さんとしては慎重に進めたいと思っても、相手の営業マンが強引でマイペースだと躊躇してしまいますよね。
ですから、お客さんと営業マンのフィーリングってとても大切なのです。

◆フィットの値引きは営業マン次第続きその1◇

フィットの新車を買うために、値引き交渉を進め、何度か会っているうちに、仕事以外でもお付き合いしたいと思えるような営業マンもいますし、実際にそこからプライベートの友達付き合いが始まるというケースもあります。
それはやはり、真面目な人で信頼できる営業マンだからこそ、プライベートでもお付き合いを続けたいと思うわけです。
それは、営業マンがお客さんに対する気持ちも同じで、「良いお客さんだな」とか「友達としても今後もお付き合いしたいな」と思ってもらえれば、値引き交渉もスムーズに行くでしょう。
ですから、ポイントは営業マンと気が合うことです。
気が合ってお互いに良い関係を保ちたいと思えば、値引きもスムーズに行くでしょうし、サービス品にも違いが出てくると思います。
営業マンも人間ですから、良い人にはできるだけのことをしてあげたいと思うでしょうし、嫌なお客さんにはそうは思いません。
そして、担当者になってもらうなら、やる気がある生き生きとした営業マンがよいですね。
中には車が売れても売れなくてもどちらでも良いと思っているような、やる気がなく元気がない営業マンもいます。
売ることに対して欲がない営業マンは、新車のフィットの値引きもあまりしてくれませんが、売りたい気持ちが強い営業マンは、値引きにも応じてくれて何とか買ってもらおうと一生懸命な姿勢が見られます。
そして、営業マンに一任されている値引きの額以上については、上司へ掛け合ってくれるでしょう。
ですから、元気の良いやる気に溢れている営業マンを選びたいものです。

◆フィットの値引きは営業マン次第続きその2◇

そして、フィットの新車を買うなら、値引きしないことをモットーにしている営業マンと交渉しないことです。
中には、全く値引きしないで新車を売ることに誇りを持っている、プライド高き営業マンもいます
特に人気のフィットハイブリッドなどは、値引きなしでも買う方がいらっしゃいますので、オンレートで売ることに自信を持っている営業マンは担当してもらわないことです。
確かに優秀なのかもしれませんが、お客さん側からしたら避けたい営業マンです。
値引きはもちろんしてくれませんし、お客さんとプライベートでお付き合いをしたいとも思っていないでしょう。
もし、フィットの値引き交渉が上手く行かないという方がいたら、担当する営業マンを変えてもらう必要があるかもしれません。
気が合わない、やる気がなさそう、値引きに全く応じてくれない、このような担当者でしたら、お店に話して別の担当者にしてもらうか、お店自体を変えてまたゼロからスタートしてもよいと思います。
フィットは人気があるので、新車も値引きなしで買ったという人も実際に多いですから、値引きしてもらえなくても当たり前と思ってしまう方もいらっしゃいます。
ですが、データを見ますと、お店によっては大幅な値引きに対応しているところもあるので、これは交渉次第だと思います。
そのお店のなかで、販売台数がトップの営業マンに当たればラッキーでしょう。
上司への値引きの掛け合いも、他の営業マンより通る可能性が高いですから、トップセールスマンが担当になったら幸運です。
そんな時は、より積極的にフィットの値引きを持ちかけましょう。

https://matome.naver.jp/odai/2143330670399503001
2015年06月03日