これを知れば怖くない!二日酔いのメカニズムと回復法

moepapa
社会人の宿命とも言える、飲み過ぎ後の頭痛、二日酔い。そんな二日酔いも仕組みと対策、回復方法を知っていれば少しはマシになるものです。

二日酔いとは

二日酔い、宿酔(ふつかよい)とは、酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態。エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったそれが二日酔いの症状を引き起こす。
基本的には、夜間に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象を指す。また、宿酔(しゅくすい)とも云われる。急性アルコール中毒とは異なり、生命に直接の危険はないが、しばしば、吐き気や頭痛などの著しい不快感を伴う。なお、飲酒後短時間に現れるものは悪酔い(わるよい)という。一般的に二日酔いは悪酔いが翌日になって現れる状態を指す。
http://www.youtube.com/watch?v=HOZiSOKgrY4

原因と対処法

ズキズキ頭痛

アルコールには血管を拡張する働きがあります。
この働きによりストレスなどで収縮した血管を拡張し、気分を高揚させてくれるのもお酒を飲む楽しみです。
しかし、アルコール以外にアデノシン(日本酒に多く含まれる)やアセトアルデヒド、酢酸にも血管拡張作用があり、 これが長く続くと血管が炎症を起こし二日酔いの症状であるズキズキとした頭痛の原因となります。

血管を収縮させることが一番です。
血管収縮作用の代表はコーヒーなどカフェインです。
また、セントロニンにも血管収縮作用があり、牛乳などに含まれます。
しかし、これらは即効性には幾分かけるため、すぐに痛みを抑えたい場合には頭痛薬を飲んで安静にするのが良いようです。

頭痛・だるさ・吐き気・食欲不振

脱水症状に起因する体調不良です。

二日酔いで最も多いのがこの脱水を原因とする各種症状です。
脱水症状は頭痛、身体疲労(だるさ)、吐き気、食欲不振などの様々な症状を引き起こします。

アルコールには利尿作用があるため、飲酒により摂取した水分以上の水分が失われます。
アルコール50gで600~1000mlの水分が失われます。これはビール500mlを2本飲むと1L近くの水分が失われる計算となります。
ビールよりもアルコール度数の高いお酒なら飲めば飲むだけ水分が失われ脱水による二日酔いの原因となります。
まずは水分を補給、できれば適切な電解質も補給すべきです。
https://www.youtube.com/watch?v=31OQ8MW456g

胃酸過多による吐き気・食欲不振


https://matome.naver.jp/odai/2143292528746932401/2144994807018596603
アルコールは胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態を引き起こします。
この胃酸過多による塩酸は吐き気や食欲不振、下痢といった二日酔いの症状の原因となります。

アルコールは胃酸の分泌を促し、胃酸過多の状態を引き起こします。
この胃酸過多による塩酸は吐き気や食欲不振、下痢といった二日酔いの症状の原因となります。

ソルマック
対策としては、この手の胃腸薬、整腸薬がいいです。
このソルマックプラスなどは、胃がやられている二日酔いのは鉄板の薬ですね。

参考

https://www.youtube.com/watch?v=ay90gVYK_0Q
https://www.youtube.com/watch?v=YaSr9jmta60
https://www.youtube.com/watch?v=74dUU8G2G-A
https://matome.naver.jp/odai/2143292528746932401
2018年11月30日