改正道路交通法 中高生に【悲報】車運転者には【朗報】自転車の違反が6月から厳しくなる「改正道交法」

akbrx8
6月1日から「改正道交法」により自転車の摘発が増えるという内容だ。

危険な自転車

車を運転される方々は少なからず1度は自転車に対して、危ないなと思ったことがあると思います。

例えば自転車が横に並んで走っていたり、中高生などはスマホをしながら運転したり、ヘッドホン等で音楽を聴きながら運転したりするのを良くみかけます。

今回の「改正道交法」により車運転者が自転車に対して危険だと思うことが減るかもしれません。

改正道交法

6月1日からの改正道交法で何が変わるのか紹介していきます。

今までも自転車での危険行為は注意されることはありましたが、具体的に何か罰則があるということはあまり無かったのではないでしょうか。

そこで今回の改正道交法で定められた違反を3年以内に2回以上行った場合、「安全講習」を受講しなければいけなくなります。なお受講しなかった場合には「5万円以下の罰金」になります。

では具体的に何が違反になるのかを次に見ていきます。

違反内容

信号無視、交差点優先車妨害等、 通行禁止違反、環状交差点の安全進行義務違反
歩行者用道路徐行違反 、指定場所一時不停止等 、通行区分違反、歩道通行時の通行方法違反
路側帯通行時の歩行者通行妨害、ブレーキ不良自転車運転
遮断踏切立入り、酒酔い運転 、交差点安全進行義務違反等、安全運転義務違反

以上の14項目が違反対象となっています。

違反対象は?

中高生は、どうせ免許持っている大人とかだけでしょと思っているようですが、この道交法は14歳以上が対象になりますので十分中高生も対象となっているので注意してください。

講習について

安全講習もタダではありません。3時間の講習で「5700円」かかります。

ふざけるなと思う方もいるかもしれませんが、行かなければ5万円の罰金になりますのでどちらを選ぶかはあなた次第です。

自転車のルールを再度確認

これを機に自転車のルールについて再度確認すると良いのではないでしょうか

普段何気なくやってることが違反だったりしますので自分の自転車マナーを見直してみてください

https://matome.naver.jp/odai/2143289214719527901
2015年05月31日