Windows XPはマイクロソフトにとって念願のOS

jpman
Windows XPはマイクロソフトにとって念願のOS

Windows XPはマイクロソフトにとって念願のOSだそれはウィンドウズナインエックス系とウィンドウズNTTを統合しコンシューマーから様までのあらゆる用途を王architectureでカバーできるOSプラットフォームだからOSカーネルが一本化されることでマイクロソフトはようやく達のOSを開発するというリソースの分散を避けることができる2つのOS系列

OSカーネルが一本化されることでマイクロソフトはようやく2つのOSを開発するというリソースの分散を避けることができる2つのOS系列の互換性を気にせずソフトが開発できるため開発の効率も上がるそれになんといってもMSどす時代からの遺産をいまだに引きずるウィンドウズナイン系の古いアーキテクチャと決別できるわけだこれまでのウィンドウズの歴史を振り返ってみるとウィンドウぜ

ウィンドウズプロジェクトが始まった80年代前半はアップルコンピューター子も今敏の原型となるリサを発表したことでIBM PCプラットフォームもGUI開発ブームに開いていた当時のソフト業界のトップ企業のビシオン

それどころかウィンドウズは開発発表から発売までも3年もかかりリリースは85年14尻幻のソフトと言う不名誉な所まで取りインターフェイスはタイルウィンドウ表示でオーバーラップウィンドウのMacintoshに大きく見劣りが下もちろん市場でも

だが市場で成功しなかった電話他の人を愛も同じだった石井コープはビシオンの失敗で消えIBMのトップ日もほとんど普及しなかったそこでIBMはBeOSにかぶせるGUIインターフェースではなくいいOS光景となる本格的なOSの開発を始めることにしたこれがOS/2

OS/つの計画は産声をあげたばかりのウィンドウズの前途に安心をもたらした業界にはBeOSの光景は当然OS/つと言う空気が広がりウィンドウ生の期待がしぼんでしまったのだ

しかししたたかなマイクロソフトはOS/通開発に協力しながらウィンドウズの
を続けたそしてOS/通と同じ87年に新しいウィンドウズ2点0.3を出荷したこの第二世代ウィンドウズではインターフェイスはずっと洗練されたものになりDDEと呼ばれるアプリケーション間での データ交換も可能とずっと完成度は高くなった

またインテルの32ビットCPUアイ386太陽版も登場しBeOSアプリケーションの快適なマルチタスクも可能になっただがまだこの段階ではウィンドウズのOS後継OSとしての地位は固まっていなかった

https://matome.naver.jp/odai/2143199934282664601
2015年05月19日