【10-FEET】ライブではなかなか聞けない?! 1stアルバム「springman」の隠れた名曲

tanaka513
数々の名曲を産み出している日本のロックバンド「10-FEET 」。今回はあえてライブの定番曲ではない隠れた名曲をまとめていきたいと思います。本当は全曲紹介していきたいのですが、今回は独断と偏見により4曲ピックアップしてまとめてみたいと思います。

ファーストアルバム 「springman」

10-FEET ファーストアルバム 「springman」
2002年発売にも関わらず、今もなおライブでよく演奏される「CHERRY BLOSSOM」など多くの名曲が収録されている。

EVERY

「ラララ ラーララ ラーララララララ」のコール&レスポンスでもお馴染みのEVERY。
アンコールのコールとしてもすっかりお馴染みですね。
たまーにライブでも演奏することがありますが、フェスなどではなかなか聞くことのできない名曲ですね。
ファーストアルバム「springman」の一曲目に収録されています。
聞いているだけで元気が出ます。ついつい「really really really~」と口ずさんでしまいます。
PVのメンバーが若い。

AND HAG

10-FEETとしては珍しく恋愛感情を描いた楽曲。しかしながら10-FEETらしいストレートな表現は健在でついつい好きな人と会えた喜びを重ねながら聞いてしまう曲です。サビの「This Night Your Face 見たい!AND HAG!」の歌詞が印象的です。
過去にはライブで頻繁に聞くことができましたが、最近はあまり聞くことができていません。
2008年のVANDALIZEツアーでは、10-FEETと同じ京都出身のバンド「ロットングラフティー」とコラボし「ロッテングラフィート」としてAND HAGを披露したこともありました。これも素晴らしいコラボでした。この模様は「4th Live&ドキュメンタリーDVD 」でも見ることができます。

LOODY

何をやってもダメな人の歌。
なぜか自分自身と置き換えて感情移入しながら聞いてしまいます。
あんなにかっこいいライブをする10-FEETだってこの曲のような思いをしてるんだ!自分も頑張らなければ!といつも勇気と希望を与えてくれる名曲です。
残念ながらyoutube上に音源はありませんでした。
嫌なことばかりで気持ちが落ち込んでしまっている人は、ぜひともアルバムをチェックしてみてください。

Be Friends Again

Be Friends Again
実はほぼ3コードでギターソロもオクターブ奏法のみでギター初心者がコピーするのにぴったりの曲です。なのにすごくかっこいい!ライブでも盛り上がること間違いなしの1曲です。
ライブバージョンを聞きたい方は是非とも1stDVDをチェックしてください。
1stDVDにはデビュー当時の10-FEETが、お客さんが数名しかいないライブハウスでBe Friends Againを演奏する貴重な映像を見ることができます。ファンの方は必見です。

今回はspringmanから選りすぐりの4曲をご紹介しました。
その他も名曲ばかりなのでまだ聴いていない人はぜひチェックしてみてください。
その他のアルバムも随時まとめていきたいと思います。

2ndアルバム「REALIFE」のまとめはこちらからどうぞ

3rdアルバムのまとめはこちら

https://matome.naver.jp/odai/2143126886715281601
2017年11月06日