医療タブー!抗ガン剤による〝ゆるやかな毒殺″【常識は嘘だらけ】

sting222
「抗がん剤を投与すると、一部の患者には腫瘍縮小がみられる。しかし、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。

抗ガン剤による〝ゆるやかな毒殺″

乳がんを作り出す医師がいる!

多くの症例を診断してきた教授は、「かつて、乳がんを作り出す医師がいた」というショッキングな話を語ってくれた。
抗がん剤は危険!増癌剤 – 真の健康普及会 「実践勉強会」

静岡県清水市(現 清水区)で、「乳がんは清水の風土病」といわれていた時期がある。
この地域に「乳がんの名医」がいて、1990年当時、発生率は2人/1万人だったのが、この名医のいる病院だけで90/人口24万も手術をしていた。再発率はほぼ0%だった。
1992年後遺症をめぐって取り寄せたカルテには、がんの記載など一切なく、がんでないのに摘出手術をしていたことが発覚した。

医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか?
医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? – ライブドアニュース

なぜ、“効かない”抗がん剤は使われるのか?
医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? – ライブドアニュース

治療ガイドラインで決まっているからです。ほとんどのがんは、各専門学会が治療ガイドラインを作成しており、例えば「ステージ2でリンパ節転移がなければ、抗がん剤治療。使う薬剤は○○」と定められています。

ガイドラインから大きく外れた治療は公的保険が利かなかったり、何か問題が起きたときは、医師個人の責任が問われかねません。
医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? – ライブドアニュース

訴訟にでもなったら大変ですから、医師はガイドライン通りに抗がん剤を使おうとなるのです。
医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? – ライブドアニュース

医者が、ある抗ガン剤について「これは効きますよ」と説明する。
「抗がん剤で殺される」。: 日本人は知ってはいけない。

医者は〝四週間″の間は〝縮みまっせ〟……と言っているのに、患者家族は『お父さんよかったネ……これで〝治るんだって!〟』と握手するわけでしょ?(近藤‥そう)これサギというか、絶望的じゃないですか。

最後は治療の副作用での死

白血病の抗がん剤は、ヒ素
抗がん剤は危険!増癌剤 – 真の健康普及会 「実践勉強会」

ヒ素・・・・・ヒ素(砒素、ヒそ、英: arsenic、羅: arsenicum)は、原子番号33の元素。事件になったこともある物質なので皆さんご存じだろうが、生物に対する毒性が強いことを利用して、農薬、木材防腐に使用される。石膏ボードの一部にもこれが含有しているとして問題になっている。

米国癌学会で抗ガン剤治療を受けた多数の患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定。
内海 聡 – ボクは癌の記事はあまり書かないと言ってきたが、その一番の理由はもはや癌ごとき周知の事実だからだ。これは前… | Facebook

「抗ガン剤・多剤投与グループほど”命に関わる副作用”は7~10倍」
「腫瘍が縮んでも5~8ヶ月で再増殖」
「多剤投与グループは腫瘍は縮んでも生存期間が短い」
「腫瘍を治療しないほうが長生きする」・・・・と現代の治療”常識”を覆す治験結果が記されており、さらには「抗ガン剤では患者は救えない」「投与でガンは悪性化する」と結論している。

抗がん剤がたくさん使われて、喜ぶ人はいるんですか?
医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? – ライブドアニュース

一番喜ぶのは製薬会社です。会社の利益のために、高価な抗がん剤をどんどん使ってほしい。

ガンを何倍にも増やす増ガン剤

1988年のNCIリポート『ガンの病因学』で15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べた結果、抗ガン剤は、ガンを何倍にも増やす増ガン剤だと断定している。
抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。 | デイリー ルーツファインダー – 楽天ブログ

一番上の抗癌剤はナイトロジェンマスタードと書いてある。
もしかして、ベトナム戦争で枯葉剤としてまかれ、多くの癌や奇形を出したマスタードガスに関係するのかと思い調べてみると、上の表の1行目のナイトロジェンマスタードや2行目のシクロホスファミドについて塩野義製薬の以下の説明を見つけた。

抗癌剤の副作用情報を確認してみると。ちゃんと二次発癌と書いてある。
抗がん剤は、実は増癌剤だった – るいネット

抗癌剤が増癌剤であることは薬の添付文書、説明書であるインタビューフォーム、薬の辞典なども書いてある常識だったのだ。

シクロホスファミドは日本で一番使用量の多い抗癌剤
抗がん剤は、実は増癌剤だった – るいネット

万有製薬の提供する以下の情報では、抗癌剤の近くで作業するだけでも、不妊、流産、先天性障害、白血病、癌等を引き起こす可能性があるという。

なんと抗癌剤は本当に発癌性物質のマスタードガスから作られていた。

シクロホスファミドとマスタードガスの化学式の配列を見比べたら、シクロホスファミドはマスタードガスに殺虫剤や農薬や神経ガスに使うPのリンを付け足したものであであり、シクロホスファミドの致死量は1500mg。これはマスタードガスと同じであり、シクロホスファミドはマスタードガスと同等の毒物であることがわかる。

こんなとんでもないビジネスが成り立つのは、「癌=治らない」という、まったくの嘘に、大衆も医者も洗脳されているからです。
天下泰平 : 癌患者の8割が病院で殺されている!

「どうせ治らないのなら、高価な抗がん剤を使って稼がせてもらってから死んでもらおう。それに、10人に1人くらいは効く場合もあるしな」

というのが、医者の心境なのです。

癌マフィア

世界には癌産業(癌によって膨大な利益を上げるビジネス)が存在する。税収(40兆円)の7割に匹敵する額。莫大な金が動いている。
内海 聡 – 「抗がん剤で殺される」より。… | Facebook

癌は凄い費用がかかる。肺ガンの治療だけで一人当たり平均650万円で、保険以外に平均で120~150万ぐらい取られる。
内海 聡 – 「抗がん剤で殺される」より。… | Facebook

がん細胞は自らの遺伝子を変化

「抗がん剤を投与すると、一部の患者には腫瘍縮小がみられる。しかし、がん細胞は自らの遺伝子を変化させ、たちまち抗がん剤の毒性に耐性を獲得してしまう。
わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい 日本の真相!〜船瀬俊介・著 成甲書房

だから抗がん剤はがん細胞に対してまったく効力を失う。がん患者はただ、抗がん剤の毒性をこうむるのみだ。私は深く絶望している」これは、害虫が農薬に対して耐性を獲得する現象とまったく同じだ。デヴュタ所長は、がん細胞が耐性獲得する遺伝子を「アンチ・ドラッグ・ジーンズ」(ADG:反抗がん剤遺伝子)と命名している。

抗がん剤認可で、日本の厚労省が観察期間を「4週間」とした謎が解けた。半年、1年と経過観察していたら、腫瘍の「リバウンド現象」がバレてしまうからだ。
わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい 日本の真相!〜船瀬俊介・著 成甲書房

エックス線検査が原因

イギリスの研究チームが、医療用エックス線検査で起こったと考えられるがんを調べたデータがあります。
岡田正彦・新潟大学医学部教授 長生きしたければがん検診は受けるな  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

その研究では、日本人のすべてのがんのうち、3.2~4.4%はエックス線検査が原因だと結論づけています。残念ながらこのレポートは、日本では話題にされることはありませんでした。

胸部エックス線検査でさえこれだけ有害なのですから、被曝量がその数十倍から百数十倍もあるCTを使った検診が身体にどれだけ大きなダメージを与えるかは、火を見るより明らかです。
岡田正彦・新潟大学医学部教授 長生きしたければがん検診は受けるな  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

手術となったら、肺にしろ、胃にしろ、肝臓にしろ、組織をごそっと取り去ります。
岡田正彦・新潟大学医学部教授 長生きしたければがん検診は受けるな  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

しかも、がんはリンパ管を通って転移するので、近くのリンパ節も全部取らなくてはいけない。大変な肉体的ダメージを受け、免疫力が大幅に落ちます。手術後には何度もエックス線写真を撮りますし、抗がん剤治療も必ず行われます。放射線療法をする可能性も高い。なおかつ、人間の身体にとって最もハイリスクな寝たきり状態を強いられ、何重もの責め苦を負うわけです。これで健康でいられるわけがありません。

アメリカでも手術をしてもしなくても5年生存率は全く同じで、標準治療を受けた患者の平均生存率は3年、全く受けなかった場合の生存率は14年6ヶ月だった等の報告も多数ある。
抗がん剤は危険!増癌剤 – 真の健康普及会 「実践勉強会」

バリウムを飲んでの被曝量は、肺がん検診の100倍

胃がん検診は、胃がんを減らすどころか、むしろ増やしている可能性があります。
岡田正彦・新潟大学医学部教授 長生きしたければがん検診は受けるな  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

肺がん検診はエックス線写真を1枚撮れば済みますが、胃がん検診ではバリウムを飲んで検査をしている間、ずっと放射線を浴びなくてはなりません。その被曝量は、肺がん検診の100倍近くも高くなります

平成19年に調査した医療施設のすべての環境からシクロホスファミドが検出されたということは、すべての医療施設は常温で揮発する発癌性物質で汚染されていると考えて対処しなければならない。
抗がん剤は危険!増癌剤 – 真の健康普及会 「実践勉強会」

800人の副作用死亡

800人の副作用死亡を出した抗がん剤「イレッサ」。
抗がん剤は危険!増癌剤 – 真の健康普及会 「実践勉強会」

結果的にイレッサは800人を超える副作用死を出した。同社や肺癌学会には自らに都合が悪い情報についても詳しく公表する責務があるのではないか。被害者救済を求める裁判所に対し「副作用は不可避」「医療崩壊を招く」と批判するだけでは通らないだろう。

「ガンの生存率」について、医者は必ず決まり文句をいうが、これは「生存率マジック」を使っている。
抗がん剤は危険!増癌剤 – 真の健康普及会 「実践勉強会」

マクガバン報告は「アメリカ人を苦しめる疾病の大半は、誤った食事内容にある」……と結論づけた5000ページ余の画期的な研究リポート。
抗がん剤は危険!増癌剤 – 真の健康普及会 「実践勉強会」

それは、まさに医学・栄養学の真理。そこで正直に証言した医師たちが闇に〝消されている″としたら……それは身の震える恐怖だ。しかし、十二分にありうる話だ。抗ガン剤、放射線、手術……ガン三大療法は〝かれら″にとっては、目のくらむ「利権」だからだ。

しかし、日本のガン治療の現状は、まさに旧態依然……。
ほぼ100%、国家(厚労省)主導のガン・マフィアたちが医療現場を制圧している。いまだに、あなたがガンで病院にいけば、まちがいなく、この〝殺人療法″を施される。

人間の身体は、余計な手を加えずとも、自然に沿った生活をすることで、健康が保たれるようにできているのです。
岡田正彦・新潟大学医学部教授 長生きしたければがん検診は受けるな  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=LgphCeUo_Fw

Twitter

yamazaks@yamazaksv2

@kumikokatase 代替医療側のずるいところがまさにそこですね。抗がん剤治療をしている人は例外なく副作用に苦しんでいますから。そんなことをしても治らない、苦しませるだけだと言われたら、続けられなくなります。

泣き虫なキミへbot@nakimushinakimi

通常抗がん剤を投与する場合、入院してからだ。しかし、入院させず、この段階で投与するのだ。
それで、体を維持する。
しかしその分寿命は減り、死は近くなる。 #泣き虫なキミへ

un志水 満@tennsi21

この衝撃の事実️️@tabtab7: 抗がん剤は、実は増癌剤だった
rui.jp/ruinet.html?i=…
抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だった。
twitter.com/tabtab7/status…
抗がん剤は、実は増癌剤

yurui.yomu@yuruiyomu

『抗がん剤は癌を何倍にも増やす増ガン剤でしかない』という米国国立ガン研究所(NCI)の公式発表 ift.tt/1GBBeLm ift.tt/1nMe7bd

バロン@finalcut0011

【抗ガン剤では患者は救えない】
日本人の死因の第1位となっている癌。抗癌剤がマスタードガスから作られた発癌性物質であることは説明書にも書いてある常識だそうです。
⇒抗がん剤は、実は増癌剤だった
rui.jp/ruinet.html?i=…
←摩訶不思議、いのち縮めるがん治療。
癌にかかった人は、抗がん剤などで免疫力が落ちてしまいます。抗がん剤は正常な細胞もやっつけちゃうからです。だからワクチンなどの免疫療法を併用しても意味がないのです。抗がん剤などを使わず免疫療法のみを追及していくという選択肢もあってもいいのではないでしょうか。

サリ@sari100mSv

癌が進行しているのでなく、副作用の症状が進行で、体調が悪化して抗がん剤投与を中止。

脱洗脳@hiyokosuzume

抗がん剤治療は、殆ど効果が無いのではないか? 癌を克服した人は、もともと体力のある人か、抗癌剤治療に重きを置かず食事療法などを活用したのではないか?
★抗癌剤がかえって新しいガンを発生させているって知っていましたか?⇒ sky-net.chips.jp/t/g1lp
自分が、癌になったら抗癌剤やるか?
私はやらない。医療大麻で治療する。抗癌剤で苦しみながら
死んでいった人を何人も見てきた。
「抗癌剤で殺される」 著 船瀬俊介

クロ@kurooo_

半年ぐらい続けてるけど抗がん剤治療って本人も周りも負担大きくて辛い。一生懸命介護しても治療続けて辛そうにしてるばかりだし報われない感強い
“抗がん剤の投与でアルツハイマー病の好転がマウス実験で見られたとする2012年発表の論文について、研究4チームは24日の米科学誌サイエンス(Science)で、個別の実験を通じて同様の結果を得ることができなかったことを報告した。 ” buff.ly/GDXkSP
https://matome.naver.jp/odai/2143082604000533201
2015年06月17日