元サッカー選手(J2) 強姦致傷事件で逮捕 【事件】

himepinyo

1人暮らしの女性宅に侵入し性的暴行を加えたとして、神奈川県警は4月30日、元サッカー選手の男を逮捕しました。

1人暮らしの女性宅に侵入し性的暴行を加えたとして、神奈川県警は4月30日、元サッカー選手の男を逮捕しました。

強姦致傷と住居侵入の容疑で逮捕されたのは、埼玉県蕨市中央1丁目に住む団体職員で、元サッカーJ2選手の神村奨容疑者(26)です。神村奨=かみむら しょう

発表によると神村奨容疑者は2014年3月31日午前2時半ころ、神奈川県相模原市南区のマンションに住む当時大学2年生だった女子大生(21)宅に侵入し、性的暴行を加えた疑いが持たれています。

神村奨容疑者は無施錠だった玄関から侵入し、女子大生の両手をタイツで縛った上、バスタオルを使い目隠しをして強姦しました。

また、「静かにしろ。殺すぞ」などと女子大生を脅した上、暴行を加えて全治約1週間の頭部挫傷などの軽傷を負わせたということです。

警察での取り調べに対して神村奨容疑者は「間違いありません」などと供述し、容疑を認めています。
神村奨容疑者が強姦致傷事件-元サッカーJ2選手 相模原の相模大野駅 | ニュース速報Japan

なお、相模原市南区にある小田急電鉄相模大野駅周辺では、2009年~2015年3月にかけて、同様の強姦事件などが10件前後発生しているとのこと。

これらの事件はどれも、マンションで1人暮らしをしている20代の女性が被害者でした。警察に申告していない被害者女性を含めれば、さらに件数が増える可能性も。

相模大野駅の近くには神村奨容疑者の実家があり、全ての事件または複数の事件に関与している疑いがあります。

神奈川県警は周辺で相次いでいる連続強姦事件との関連についても、詳しく捜査を進めています。

http://breaking-news.jp/2015/04/30/019042

神村奨 容疑者

神村奨容疑者は2011年にサッカーJ2の水戸ホーリーホックに所属。その後別のチームに移るなどしましたが、2013年には現役を引退していました。
神村奨容疑者が強姦致傷事件-元サッカーJ2選手 相模原の相模大野駅 | ニュース速報Japan

名前
神村奨

年齢
26歳

生年月日
1989年3月29日

国籍
日本

出身地
神奈川県相模原市
神村奨容疑者が強姦致傷事件-元サッカーJ2選手 相模原の相模大野駅 | ニュース速報Japan

J2 水戸ホーリック

神村 奨(かみむら しょう、1989年3月29日 – )は、神奈川県相模原市出身の元プロサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)。

新潟市豊照サッカー少年団で小学校1年時からサッカーを始める。 5~6年時は東京都の町田JFCでプレーする。 中学年代は三菱養和SCでプレーし、3年時は全国クラブユース選手権でベスト8まで進み、優勝チームにPKで敗れた。 その後、中心メンバーと共にユースチームに進み、3年時のJユースカップで3位に入賞した。 大学は専修大学に進学し、2008年AFC U-19選手権予備登録、全日本大学選抜。2009・2010年関東選抜メンバーにも選出され、2011年、水戸ホーリーホックとプロ契約した。

2012年、シンガポール・Sリーグのアルビレックス新潟シンガポールに移籍。

2013年、インド・Iリーグのシロン・ラジョンFCに移籍。

2013年8月、JFLのFC町田ゼルビアに移籍[2]。同年限りで現役を引退[1]。 2015年4月30日、1人暮らしの女性宅に侵入して暴行したとして、強姦致傷と住居侵入の容疑で逮捕された。
神村奨 – Wikipedia

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

強姦致傷罪…無期または5年以上の懲役
住居侵入罪…3年以下の懲役または10万円以下の罰金
神村奨容疑者が強姦致傷事件-元サッカーJ2選手 相模原の相模大野駅 | ニュース速報Japan

https://matome.naver.jp/odai/2143080440441153501
2015年05月05日