【自殺者増減の理由】グレーゾーン金利の規制まとめ

kasugahiroshi
おっそろしいもんが平然とあったんですなぁ。グレーゾーン金利という現代の闇。

さて、まずはこいつを見て欲しい


https://matome.naver.jp/odai/2143036922667291101/2143037642377712303
自殺者数の急増30000人から急減25000人へ
言いたいことは
・1998年から急に3万人突破
・2009年を最後に減り始め、2012年に3万人を割って2015年の今でもへり続けている。

自殺の理由は?震災?

平成25年 2013年 内閣府のまとめ

原因別
1998年から急に経済理由での自殺が増えている。
*青線は健康問題によるもの。

完全失業率・自己破産とはリンクしてるらしい。
「多重債務問題への対策」によって急上昇以前に・・・!

以上をまとめると、「負債(多重債務)」を原因・動機とする平成24年の自殺死亡率は、多重債務問題への対策が進展したことから、急上昇以前の水準まで低下しつつあるものの、新たな課題の出現により上昇する危険性もはらんでいると言える。
第3節 原因・動機別にみた自殺動向の変化|平成25年版自殺対策白書(概要) – 内閣府

おお!多重債務問題!

あの自殺者の急上昇は
時期的に見て、多重債務やらグレーゾーンやらの金融業の問題が大きかった。

そんで、グレーゾーン金利とは

お金を返さなくてもいい分も払うことが出来る(みなし弁済)
なんでそんなに払うのか、「借りるときに余計に返しますという約束書類を作っていて」それに拘束されていることが多い。

規制への戦い

年利15~20%の利息制限法を超えていた出資法の上限金利とほぼ同じ金利が、特例を理由に今後9年間存続し、「改正が事実上骨抜き」になること。

今までの有識者懇談会を無視した法案が突如金融庁から出されたこと
与謝野馨経済財政担当相のこれまでの発言と全く反対の改正案が作られた。金融庁に業界からの圧力がかかったとしか思えない・・・。
グレーゾーン金利廃止問題で自民党紛糾 後藤田正純氏政務官を辞任

保岡興治 悪モン

自民党 鹿児島県 第一選挙区(奄美地域)、死人が出るとまで言われるほどの汚い選挙戦

憲法改正・核武装について検討すべき。
原発は再開すべき。
国会で「テレビゲームによって子供は社会性や人間性を喪失し、規範意識も麻痺する」(いわゆるゲーム脳)と主張
業者計4社から78万6千円の献金を受け取っていた。
結婚祝い金として鹿児島市内の男女1組に3万円を支出。
自身の年金未納・9年10ヶ月間
道路運送経営研究会(道路特定財源の一般財源化に反対)から献金
統一教会信者と知りながら法務大臣の秘書官として受け入れていた

日韓議員連盟
日韓海底トンネル推進議員連盟
日朝国交正常化推進議員連盟

なにこいつ、選挙民は恥を知れ。

世直し 平成18年貸金業法改正

規制強化に追い風
・後藤田正純ら–規制強化
・保岡興治ら–従来通りの金利を残す日本弁護士連合会、マスコミ世論、民主党の応援を受けて、グレーゾーン金利の廃止等法案が第165回臨時国会に提出され、2006年12月13日成立した。

グレーゾーン金利の廃止
みなし弁済制度の廃止
余計めに返したとみなすヤツ
取り過ぎ金利での貸付けは、行政処分の対象
日賦貸金業者及び電話担保金融の特例の廃止(本体施行から2年半以内となる2010年6月18日に第5次施行)・・・2010年。


https://matome.naver.jp/odai/2143036922667291101/2147387626651086003
どんどん自殺が減ってる

効いてる

あちこちのCMでお金が返ってきますとか言ってる。

アレでお金返してもらった人たちが、息を吹き返してるのだろうか

2011年震災の年 はめられちゃう

大将、何やってまんねん

噂によれば、プロの仕掛け人ということだが……。
引っかかるおっさんは個人の問題です。

それとデヴィ夫人、テレビ向きではないがあんたは正義の味方だよ!

以上です。

https://matome.naver.jp/odai/2143036922667291101
2017年10月20日