【orange】実写化キャスト決定!『まれ』コンビの土屋太鳳&山崎賢人に賛否両論☆

aaaokiniiri
NHK「まれ」で出演した土屋太鳳(つちやたお)&山崎賢人のまれコンビが、12/12公開予定の「orange」実写化映画で再共演する事が判明した☆

高野苺の青春SFラブストーリー『orange(オレンジ)』(双葉社「月刊アクション」連載中)の実写映画化が決定した。2015年12月に全国東宝系で公開予定。

実写キャストが発表された☆

高宮菜穂役:土屋太鳳

成瀬翔役:山崎賢人

須和弘人役:竜星涼

茅野貴子役:山崎紘菜

萩田朔役:桜田通

村坂あずさ役:清水くるみ

『orange(オレンジ)』とは

『orange』
野県松本市を舞台に繰り広げられる高校2年生のクラスメイト6人による青春SFラブストーリー。
現在1巻から4巻まで発売中で、累計150万部を突破。『全国書店員が選んだおすすめコミック2015』5位、『次にくるマンガ大賞2015』12位、『このマンガがすごい!2015 オトコ編』 15位にもランクインするなど、女性のみならず多くの男性からも支持されている作品だ。

<あらすじ>

原作は長野県松本市を舞台に、高校2年生の少女・菜穂を主人公に据えた青春SFラブストーリー。

ある日菜穂に10年後の自分から届いた1通の手紙。そこにはこれから起こる未来の出来事と、未来の自分と同じ後悔を繰り返さないために、16歳の菜穂がとるべき行動が書かれていた……。

10年後の自分の後悔が、高校2年生のときに好きになった翔を救えなかったことだと知った菜穂は、仲間と共に未来を変えていく決意をする。
人気漫画「orange」実写映画化!12月に公開決定 – シネマトゥデイ

「26歳になった私には、後悔していることがたくさんあります」
「失わない未来」のために、臆病な自分を変えていく・・・!!

実写キャストが7/25発表です♪

「orange」実写映画のキャストと称する画像出回る

実写映画のキャストと称する画像がTwitterで出回っていることについて、原作者がキャストはまだ発表していないと否定している。

「orange」実写映画のキャストと称する画像
問題の画像は、高宮菜穂や成瀬翔、須和弘人など主要キャラクターの名前と俳優の写真が並べられている。公式サイトの人物相関図と配置などが似ており、加工ではないかとの指摘が寄せられていた。

高野 苺@ichigo_takano

orange実写化のキャストはまだ未発表です。だまされないようにお気をつけ下さい。
原作者の高野苺さんは自身のTwitterアカウントで呼びかけている。

登場人物とorange実写映画キャスト予想

実写化に当たっては、やっぱり原作のイメージに沿ったキャストに出演してほしいものですよね。

<高宮 菜穂>控えめな性格で、自分よりも他人の幸せを優先してしまう。転校生の翔に恋をする。

高宮 菜穂(たかみや なほ)
主人公の少女。10年後の未来の自分が書いたとされる手紙が届く。高校2年生の5月、翔を好きになる。そして、翔を事故から救うため手紙に記されていた通りに行動しようと努力する。やがて、弘人・あずさ・貴子・朔にも10年後の自分から手紙が届いていたことを知る。
10年後の未来では須和と結婚し、一児儲けている。
有村架純
広瀬すず
川口春奈

<成瀬 翔>東京からの転校生。母親の自殺が原因で心に闇を抱えている。10年後にはいないと手紙に書かれている。

成瀬 翔(なるせ かける)
東京から転校してきた少年。菜穂や須和達ともすぐに打ち解け仲良くなるが、どこか他人を寄せ付けない一面がある。転校初日に母親が自殺し、そのことがトラウマとなっている。母親の死後は、祖母の自宅に身を寄せていた。
10年後の菜穂から16歳の菜穂へ届いた手紙では、17歳の冬に事故で亡くなると書かれている。
福士蒼汰
岡田将生
山崎賢人
中川大志

<須和 弘人>菜穂のことが好きだが、翔との恋を応援する

須和 弘人(すわ ひろと)
菜穂のクラスメイトの少年。奈穂に想いを寄せている。菜穂と同じく10年後の自分から手紙が届く。転校してきた翔と仲良くなるが、菜穂は翔が好きなことに気付く。明るく推しの強い性格であるが、菜穂への想いとは別に菜穂と翔がより親密になるよう心を砕く心優しい一面がある。サッカー部に所属している。
10年後の未来では菜穂と結婚しており、一児の父親である。
生田斗真
松坂桃李
三浦翔平

<村坂 あずさ>グループのムードメーカー

村坂 あずさ(むらさか あずさ)
菜穂のクラスメイトの少女。通称「あず」。名前の由来は狩人の『あずさ2号』から。実家はパン屋であり、奈穂や須和達から美味しいと評判である。
吉木千沙都(ちいぽぽ)
杉咲花

<茅野 貴子>一見クール。心優しい姉御肌。

茅野 貴子(ちの たかこ)
菜穂のクラスメイトの少女。
中条あやみ
新川優愛

<萩田 朔>つかみどころがない独特な性格。

萩田 朔(はぎた さく)
菜穂のクラスメイトの少年。眼鏡を着用している。お笑い好きであり、翔にはお笑いのルールを教えていた。あずさとは度々いがみ合っている仲。
10年後の未来では、眼鏡は外している。
林遣都

ネタバレ!(翔の未来編)

ヒロイン・菜穂に送られてくる手紙の最終目標は「翔を助けること」
実は、翔は17歳の冬に事故で命を失ってしまうのです。
助けられたはずの事故。翔を救えなかったことを10年後の菜穂は後悔していました。
そして、物語が進むにつれて新たな事実が明らかになります。
「実は、翔は自ら命を捨てたのかもしれない…。」
だから10年後の菜穂は、単に事故当日の翔を助けるだけではなく、出会った日からの行動を変えて翔の心に触れようとしていたんですね。
漫画「orange」が実写映画化!物語のネタバレを大公開!結末は? | わかたけトピックス

ネタバレ!(10年後の菜穂たち編)

「orange」のメインとなる登場人物は菜穂・翔の他にもう4人。
須和弘人・村坂あずさ・茅野貴子・萩田朔。
菜穂たちは仲良しのクラスメイトで、翔が来てからは6人で遊ぶようになりました。
翔がいない10年後の未来。菜穂は須和弘人と結婚し、1児の母親となっていました。
もともと須和弘人は菜穂のことが好きだったので、順当な未来ともいえます。
一見幸せそうな家庭ですが、菜穂は10年前からの後悔をずっと抱えていたんですね。
漫画「orange」が実写映画化!物語のネタバレを大公開!結末は? | わかたけトピックス

そして、翔のことを忘れられないのは菜穂だけではありませんでした。
自分1人の力に限界を感じていた16歳の菜穂は、須和弘人に手紙のことを打ち明けます。
すると弘人は「手紙、届いた?」と返し、自分にも10年後の弘人から手紙が来ていることを明かしたのでした。
最終的には、仲良しグループの全員が未来からの手紙を受け取っていることが明らかになり5人は協力して未来を変えようと決意します。

…ここで注目したいのは須和弘人(すわ ひろと)君のイケメンぶり。
10年後の未来では好きだった菜穂と結婚しているのに、手紙では自分に「菜穂と翔にお互いの想いを気付かせてあげてほしい」と書いているのです。
ついでに「おまえにはサッカーがあるから大丈夫!」とも(須和はサッカー部員)
自分の恋心を捨ててまで友達の両想いを叶えようとするとか…心がイケメンすぎる!
漫画「orange」が実写映画化!物語のネタバレを大公開!結末は? | わかたけトピックス

ネタバレ(SF編)

少女漫画にSF要素を加えた「orange」

作中では「タイムパラドックス」が起こっていると解釈されます。

つまり、菜穂が手紙の指示通り未来を変えた時点で、「10年後の未来世界」にはつながらない「別の並行世界」に分岐しているという設定なのです。

よって、いくら16歳菜穂が未来を変えても「翔を失った世界」が消えるわけではなく、10年後の菜穂の後悔もなくなりません。

※16歳菜穂はこのことに心を痛めます。

なお、物語の途中から手紙の内容と現実に起こることがズレてくるのですが、これは別の時間軸に移動しているため。

菜穂たちは、徐々に手紙ではなく「自分たちの力」で未来を変えていこうとしていきます。
漫画「orange」が実写映画化!物語のネタバレを大公開!結末は? | わかたけトピックス

ネタバレ(原作4巻編)

2月に発売された最新第4巻では物語に新たな進展が!

なんと未来を変えた結果、菜穂と翔の思いが通じて晴れて2人は付き合うようになったのです!

年末の時期。クリスマスは2人きりで過ごす菜穂と翔。

大晦日は年越しのお祭りに仲良しグループみんなで行く予定です。

10年後から送られてくる手紙によれば、このお祭りの日に菜穂と翔は大喧嘩して距離が離れてしまったそう。

※それを慰めた須和と菜穂が付き合うことになって結婚まで。手紙でそれを知った須和はお祭りに行かないことを決意。

果たして、菜穂と翔は訪れるピンチを回避することができるのか!?

そして、翔は17歳冬の事故を回避できるのか!?

というか、未来から手紙が来るのって何で!?

次の第5巻発売が待たれます。
漫画「orange」が実写映画化!物語のネタバレを大公開!結末は? | わかたけトピックス

https://matome.naver.jp/odai/2143017226076656201
2015年07月20日