4月から簡単な「紫外線対策」<いまからはじめる>

ごろーにゃネオ
紫外線対策の時期がやってきた・・・

あの時期がやってきた・・・・

奴がやってくる・・・・

紫外線が最も多くなる季節がきた。

肌の老化を進める因子として、紫外線の影響が大きいことがわかってからすでに20年以上が経つ。

自動車の排気ガスも影響あるらしい・・・

大気汚染が、肌の老化の引き金を引くということも知られるようになってきた。最近、注目されているのがドイツで行われた研究。幹線道路の近くに住む女性と、農村部の女性を比べると、白人の場合、幹線道路の近くの方が1.9倍シミが多いことがわかった。

1.9倍もしみが・・・・

対策は・・・

対策として、多環芳香族単価水素の害をなくすために、帰宅後に丁寧に顔を洗うといいという。

帰宅したら、すぐ洗顔しよう!!

紫外線を防ぐ方法は線量が多い時間帯を避けて行動するほか、日陰を利用したり、日傘や帽子を使ったり、紫外線をカットする日焼け止めを塗ったりするのが一般的。

基本はしっかりと!!

少し冷たいお風呂とビタミンC

赤須医院(東京都港区)の医師、赤須玲子さんに聞くと、「身体を少し冷たいお風呂で冷やし、ビタミンCを意識的に摂取しながら水分を補給し内側からメラニン色素を排出すればいい」という。

日光を断つとビタミンDの生成ができないと問題視する声もあるが、「必要なビタミンDは鮭を100グラム食べるとほぼとれる量。しっかり日焼け止めを塗って日光を防いでほしい」と話す。

鮭を食べよう!!!
https://matome.naver.jp/odai/2142968522471921301
2015年04月22日