【深い】死刑囚が登場するマンガ【考えさせられる】

万河クミッコ
世間で暮らしている私たちとはかけ離れた存在・死刑囚。彼らはどんな罪を犯し、どんな最期をむかえるのか?死刑囚が登場するマンガをまとめてみました。

死刑囚が登場するマンガ、読んだことがありますか?

世間で暮らしている私たちとはかけ離れた存在・死刑囚。
彼らはどんな罪を犯し、どんな最期をむかえるのか?
死刑囚が登場するマンガをまとめてみました。

死刑に代わる代替手段模索のための死刑囚による社会貢献実験

死刑囚042

死刑囚042号(本名・田嶋良平)は、椎名という研究者からある実験に誘われる。

それは、死刑制度を廃止する代わりに、死刑囚の脳に殺意が芽生えると爆発するチップを埋め込め、監視しながら社会奉仕させるというものだった。

その提案を受け入れた田嶋は、とある公立高校で働くことになるが…。

単行本全5巻と、気軽に読める長さですが深いです。
ラストは結構衝撃的なので賛否が分かれるかもしれませんが、
私はこれで良かったのだと思いました。

死刑を廃止する。その代わり、死刑に相当する受刑者には一生無償労働してもらう。手淫は禁止。そんな法律が出されたら賛成しますか?
Amazon.co.jp: 死刑囚042(1) 電子書籍: 小手川 ゆあ: 本

「死刑に代わる代替手段模索のための死刑囚による社会貢献実験」という傍目には矛盾たっぷりの不思議なストーリー。

設定やキャラクターメイキングに多少の無理があることは否めませんが、細かいことを言うよりも、読むが易し。このマンガが描いているものが、生も死も超えた「魂」であることに気が付く筈です。
Amazon.co.jp: 死刑囚042 (1) (ヤングジャンプ・コミックス): 小手川 ゆあ: 本

刑務所外で無償労働をする代償に、殺意が芽生えると爆発するチップが脳に埋め込まれた「死刑囚042号」と、彼を取り巻く人間達を描きます。
『死刑』について考えさせられる作品です。最後はなかなか感動的ですね。
Amazon.co.jp: 死刑囚042 (1) (ヤングジャンプ・コミックス): 小手川 ゆあ: 本

罪とは、裁きとは、そして人の一生とは・・・・。

首斬り朝
江戸時代の死刑執行人(首斬り人)・公儀お様(ため)し役山田朝右衛門(「首斬り朝」)を主人公にした劇画。朝右衛門が処刑するのは武士ではなく、市井の町人たちであり、描かれるドラマは、主人公である朝右衛門がメインではなく、首を斬られる側の犯罪者が、いかにしてそのような犯罪を犯すに到ったかという点に置かれている場合が多い。

絵が独特なのと、セリフが江戸時代でも通じるくらいの古い言葉で書かれているので慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れると一気に引き込まれます!!

刀という人を斬る為の道具を持ち、人が人を支配していた時代にいた実際の人物の(もちろん各話はフィクションですが)話です。
山田朝右衛門 通称首斬り朝。目出度い正月やお祭りには呼ばれず、逆に表には出て来ないでくれと言われてしまう、人からは畏怖の目で見られる罪人の首斬り役を代々受け継ぐ山田家の新しき当主。人が人を裁き、その命を奪うという事が何を意味し、消え行く命は何を残すのか。罪とは、裁きとは、そして人の一生とは・・・・。
Amazon.co.jp: 首斬り朝 (1) (道草文庫): 小池 一夫, 小島 剛夕: 本

作画担当小島剛夕先生の絵がまだ荒々しいけどそれもまたマッチしてるし。
登場人物たちのセリフもいちいちしびれる。
Amazon.co.jp: 首斬り朝 (1) (道草文庫): 小池 一夫, 小島 剛夕: 本

スクリーントーンを一切使わず、時には筆ペンを用いた独特な劇画タッチです。

首切りという特異な題材だが人生の深いエピソードを扱っていてとても漫画劇画とは思えない内容だ。
子連れ狼と並ぶ傑作だ。
Amazon.co.jp: 首斬り朝 8―愛蔵版 (キングシリーズ): 小池 一夫, 小島 剛夕: 本

この作品は死刑を否定していない。しかし、決して肯定もしていない。

モリのアサガオ
新人刑務官である及川直樹は、死刑囚舎房に配属される。深く反省している者や無気力な者、自らの罪を罪と思わない者など死刑囚の性質も様々であった。そんな彼らと接していく中で、直樹は死刑制度の是非について深く考えるようになる。それとともに、死刑囚・渡瀬満との心の交流を深めていく。

こちらも絵が独特です。でも、この内容だからこそこの絵で良かったのかもしれません。

新人刑務官の目を通して、死刑囚の「日常」や、
被害者や看守たちの気持ちが描かれている。
Amazon.co.jp: モリのアサガオ : 1 ACTION COMICS (アクションコミックス) 電子書籍: 郷田 マモラ: 本

この漫画は果てしなく続く話のようであり、物語の主人公に感情移入してしまう私にとっては余裕がある時にじゃないと読みきれません。それくらい、頭も使いますし心も痛みます。 すごく現実的な漫画であり、死刑について色んな角度やパターンから描いています。
Amazon.co.jp: モリのアサガオ : 1 ACTION COMICS (アクションコミックス) 電子書籍: 郷田 マモラ: 本

私はこの漫画を読み終わるまで続きが気になり仕方なかったです。

死刑制度の反対云々は別として、政治家の指令で死刑に関わるのは機械ではなく感情のある人間であり、その現場の刑務官の心的苦労などがわかる本です。
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: モリのアサガオ : 1 ACTION COMICS (アクションコミックス)

この作品は、死刑を否定していない。しかし、決して肯定もしていない。人間を殺した人間を、同じ人間が殺す。
この一つの“現実”を、否定も肯定もしていないのだ。
描かれるのは、淡々とした公務員と死刑囚との日常である。
Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: モリのアサガオ : 1 ACTION COMICS (アクションコミックス)

いかがでしたか。
今回紹介したのは3作品のみです。巻数も比較的少なく、疲れずに読めそうなものを集めてみました。また死刑囚が登場するマンガを読んだ際にはこちらに追加していきたいと思います。

https://matome.naver.jp/odai/2142942859210986901
2015年04月19日