円安の今だからこそ個人輸出のはじめ方まとめ

kazooloop
円安で国産品を輸出する人が増えているとの事でまとめました。

タオバオ(淘宝)

タオバオ(淘宝)に出店、出品して売るまでの大まかな流れは以下の通りです。
1.タオバオ(淘宝)にアカウント登録をする
2.アリペイ(支付宝)にアカウント登録をする
3.アリペイ(支付宝)で個人認証をする
4.タオバオ(淘宝)で開店申請、個人認証をする
5.商品代金受け取り用の中国の銀行口座を開設する
6.タオバオ(淘宝)に商品を出品する
タオバオ(淘宝)に出店、出品する方法 | 中国輸出・タオバオ輸出・中国で売る、ネット中国輸出ニュース

中国のインターネット販売サイトを使用して中国に輸出する方法です。

eBay

EbayとPaypalで輸出ビジネスを始める方法です。

Amazon

Amazonでセラーアカウントを作って、出品する方法です。

口座

ペイオニア(Payoneer)

アマゾン輸出を始めるには、以前なら米国で法人を設立し銀行口座を開設し、現地で税務申告するなど敷居が高かった。しかし、『月に100万稼げる「Amazon輸出」入門』の著者・山村敦氏はこう説明する。

「『ペイオニア』という米国の銀行口座を貸してくれるサービスがあり、アマゾン輸出のハードルが一気に下がりました。『ペイオニア』の手続き自体は10~15分もあれば可能。これを開けば、米国での法人設立や銀行口座開設などの煩わしい手続きが必要なくなるのです。ペイオニアの初期費用は26ドル、年間維持費は2000円前後と低コストなのも魅力的です」

実際にこの「ペイオニア」のサービスを利用しているアマゾン輸出者も急増している。口座取得後は、米国アマゾンにアカウントを作れば、準備完了だ。
月10万円の副収入!アマゾン個人輸出【準備編】 | 日刊SPA!

(1)「ぺイオニア」を申し込む
(2)米国アマゾンに出品
(3)商品が売れたら、日本のアマゾンやヤフオク、楽天などで商品を購入
(4)海外に発送

一見大変そうなアマゾン輸出も、実は踏むべきステップはかなり少ない。実質的な事前準備は「ペイオニア」を開くだけ。10~15分で完了する!
月10万円の副収入!アマゾン個人輸出【準備編】 | 日刊SPA!

こんな方法も紹介されていました。

Paypal

ペイパルはショッピングを楽しむ人にも、ビジネスをする人にも、より安心してご利用いただける決済サービスです。

ペイパルでは、ショッピングでの利用が中心の「パーソナル」アカウントと、商品・サービスの販売などに利用する「ビジネス」アカウントを用意しています。買い手が商品やサービスを購入すると、ペイパルが売り手の代行として代金を受け取ります。
PayPal(日本語) – ペイパル|ペイパルをはじめる|ペイパルとは

ペイパルは、世界最大級のオークションサイト「eBay」グループです。

ペイパルは、世界最大級のオークションサイト「eBay」グループの一員です。ペイパルに登録されたアクティブアカウント*1数は1億以上、ペイパルを利用できるオンラインショップは900万店以上です。また、203の国と地域で利用でき、26通貨*2に対応しています。

*1 過去12カ月の間に1度以上利用したアカウント。
*2 日本のペイパルアカウントをお持ちの方がご利用できる通貨は22通貨です。
PayPal(日本語) – ペイパル|ペイパルをはじめる|ペイパルとは

先行例(サイト運営者)

中国向け輸出留意点

国外からの中国向け通販
中国国外の企業が中国国外にサーバーと商品の発送拠点を設置し、中国向けに中国語で通販サイトを運営する場合、中国の法律に基づく手続きは必要ありません。
ただし、以下の点に注意してください。
中国国内と国外のインターネット回線の問題等により、中国国内からサイトに安定してアクセスできない可能性があります。
荷物の紛失や輸送途中のトラブルを防ぐため、荷物の追跡が可能な輸送サービスを利用することをお勧めします。
https://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/qa/03/04A-080905

中国の仮想商店街への出店
中国展開の形態の一つに中国の既存ECサイトへの出店があります。中国市場で知名度の低い企業の場合、仮想商店街の既存ユーザーへのアプローチが容易であるというメリットがあります。一方で、独自のマーケティング活動を行う上ではさまざまな制約もあります。
中国最大規模のタオバオ(淘宝)(C2Cサイト)へは、中国人の連帯保証人がいれば外国企業も出店できます。Tモール(天猫)(B2Cサイト)や、最近出現しているB2Bサイトへの外国企業による出店は調査時点(2013年11月)ではできません。
https://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/qa/03/04A-080905

1. 代金決済
一般に、中国国内では代引き、銀行振り込み以外に「支付宝」(アリペイ)というオンライン決済サービスが普及しています。また、銀聯カード(デビットカード)による決済も増えています。さらに最近は、お財布携帯決済方法の拡大も予測されます。
中国向け通販の代金決済に関しても銀行振込み、アリペイ、銀聯カードでの決済が可能です。銀行振込みは、振込み時のみでなく、受取時にも手数料が発生する点に注意してください。
https://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/qa/03/04A-080905

A. 上記I.の2.日本からの中国向け通販および3. 中国の仮想商店街への出店による販売では、商品の発送拠点が中国国外にあるため、中国での輸入通関が必要です。個人宛郵送品の輸入通関制度を利用することにより、個人宛の郵送品は一定額の範囲内であれば、または輸入税額が50元以下であれば、免税となります。
https://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/qa/03/04A-080905

https://matome.naver.jp/odai/2142889518293586901
2015年04月13日