まだそんな吸い方してるの?「いまさら聞けない」タバコの吸いかた

St_factory
クール・スモーキングでおいしくタバコを吸いましょう。愛煙家必見、煙草を心ゆくまで楽しむための「タバコの吸い方」を紹介します。

煙草は非常に奥が深い大人の嗜好品

煙草の美味しい吸い方を知らなければ愛煙家は語れない。

煙草とは本来、味と香りを楽しむ嗜好品です。ニコチンによるリラックス作用は、コーヒーやココアなどと同じように「カフェイン」による2次的な作用に過ぎないのです。しかし煙草の煙には、甘味に代表されるように、豊かな風味と芳醇な香りがあります。その美味しさや香りは一生涯を通じて付き合ほどの奥深さがあります。

覚えておきたい煙草の「いろは」

煙草独特の甘みや香り、風味といったものは、煙草の葉が燃焼することによって生じるものではありません。湿度を持った葉が周囲の燃焼している葉によって燻されて、葉の成分が気化したものがその正体です。葉の燃焼によって生じる匂いも味の大きな要素ではありますが、それはある意味スパイスのようなもので、煙草の味の決め手ではありません。

キーワードは「クール&スロー」

スパスパ吸っているようでは、まだまだ醍醐味を楽しめていない!

では、煙草の美味しい吸い方とは一体何なのでしょう?
結論からいってしまうとそれは「煙の温度」です。「煙の温度」こそが美味しい吸い方のすべてなのです。なぜ煙の温度が重要かというと、煙草の葉の旨味成分が、あまり熱に強くないからです。そのため煙の温度が上がれば上がるほどに独特の甘みや香りが失われ、その代わりに辛みや渋みが強くなってしまうのです。

煙草は息を吸いながらでなければ、火がつきません。
しかし、その際に息を吸う力は限りなく優しくしましょう。
火がついた時に火種が赤く燃えているような状態ではなく、かすかに燃えている状態が理想です。

クール・スモーキング

煙草を美味しく吸うための方法が「クール・スモーキング」。

クール・スモーキングでは、火種を如何に小さく維持するかが課題となり、その達成のために以下のような吸い方が適していると言われています。
煙草を美味しく吸うために・・・クール・スモーキングのすすめ – Yahoo!知恵袋

Ⅰ. 息を吸わない

普通に肺の力を使って息を吸い込んでしまうと、煙草の吸い方としては吸う力が強すぎます。その結果火種が大きく、高温になってしまい、煙草の味が損なわれてしまいます。

Ⅱ. 弱く、ゆっくり、少しずつ

火種を小さく、また低温に維持するには、弱い力で、ゆっくり、少しずつ吸うのが理想的です。鼻で呼吸をしながら、それと平行して口の動きで煙を吸うイメージです。

Ⅲ. 熱々のスープ

煙を吸う一連の動きは、熱々のスープ口に運ぶ動きに似ています。
つまり、舌の動きや頬(口内の動き)で、口内の容積を広げ、その負圧によって煙を口へと運びます。

上記の吸い方で煙に甘味や香りを感じられれば、上手に吸えているということです。逆に、辛味や渋みを感じるようであれば、強く吸い過ぎですだといえます。もっと「ゆっくり、弱く」を心がけて吸ってみて下さい。

煙が辛くなってしまう原因

*煙の辛さの原因
1) 燃焼温度が高過ぎて、甘味が破壊される。
2) 煙の温度が高過ぎて、口内が低温火傷のようになる。
3) 煙草が乾燥し過ぎていて、甘味成分が気化されない。
4) 煙草が乾燥し過ぎていて、燃焼温度・煙の温度が高過ぎてしまう。
煙草を美味しく吸うために・・・クール・スモーキングのすすめ – Yahoo!知恵袋

忘れてはいけない煙草を吸う前の一工夫

①葉っぱを詰める
煙草のフィルターを下に向けて机などに「とんとん」する。
喫茶店で、喫煙者の方がやっているのを見かける事がありますよね。
葉を詰めて、葉の密度を上げることによって、吸引時に煙草の入ってくる空気(酸素)の量が減少します。そうすると吸引以外の燃焼が少なくなり、低い温度で「ゆっくり」吸うことができます。

②着火用具を選ぶ
着火用具にまでこだわることで、「最初の一口」をより楽しむことができます。マッチで吸えば、あの独特のリンの味がしますし、ZIPPOで吸えば、オイルの味がします。
また、ZIPPOのオイルに香水を混ぜることで、着火直後に香水の香りが広がり、自分独自の味を作り出すことができます。

+α.湿気を足す
グラスに着いた湿気(水滴)を煙草に付着させることで、煙草の「辛さ」の原因となってしまう乾燥を防ぐことができます。

保存方法も一工夫

煙草の葉が乾燥してしまうと、煙が高温になる原因になります。
そのため、なるべく湿度の高い場所で保存することが望ましいです。

学生にはこちらもおすすめ!

https://matome.naver.jp/odai/2142855945908985001
2019年05月10日