子連れはNG?子育て中でも美術館に行きたい!

kazarigiri
ツイッター上で見かけた、子連れの芸術鑑賞についてまとめました。

見たい展覧会があっても子供を連れていくのは難しい!

まだ分別のつく前の子供を連れての美術鑑賞。
子育て中の親は我慢しなければならないの?

実際に子連れで美術館にトライ!でも・・・

以前、美術館で絵本作家さんの展示があり、子供も大好きな絵本もあったので軽い気持ちで連れていって、結果、館内で騒いでたいへん迷惑かけてしまいました。
子連れで美術展|わたしみがき

入館直前に昼食をとり、お腹いっぱいで昼寝させている間に、と思ったのですが、なかなか寝ず、最初は大きい声をだしたりグズったり... 1度外に出て、何とか寝せてから再度入りました。
子連れで美術展|わたしみがき

動物絵みたい!美術館の開館時間に合わせていけば人少ないし赤ちゃん連れでも大丈夫かな?!→お客さん10人居ない→入り口に貸し出しベビーカーある!これ赤ちゃん大丈夫なやつや!→息子元気。きれー!連呼。でも静かにねーっシーッねーて注意しながらも入場→
→最初の展示で隣で観てたお客さんに舌打ちされる→息子氏、響く自分の声にだんだん興奮し出す→そばに立ってたスタッフの人が息子に笑顔でシーッね?ってする(決定打)→涙目で小走りで退場。
これです。貸し出しベビーカー置いてあったから寛容だと勘違いした私が悪いです。
ちなみに息子は1歳8ヶ月。泣いたわけではなく、「きれー!」と「あ」「わ」しか言ってません。でも美術館の中じゃ響くんですよね、はい。だから前にも書いた通り、浅はかだった私が悪いでこの話は終わりです。ただ美術館に赤ちゃんオーケーの日を作ってくれとお願いしてみることにします。おしまい

貸出ベビーカーがあるのは美術館のポーズ?

ベビーカーの貸し出しもありますが、やはり幼児対象?
乳児連れで美術鑑賞は難しいのかな。。。
◯ 金沢21世紀美術館|ママと一緒。ごくごくマップ

貸し出しベビーカーはポーズでしかない施設もあるとよくわかった。美術館は最たるものかもな。ベビーカー貸します!ただし声を出さない赤ちゃんに限ります!ってことですよねコレ。でも勘違いした私が悪いってことでいいです。浅はかだった、それだけです。でも赤ちゃんオーケーの日はいつか作って。
貸し出しベビーカーは免罪符ではない、確かにそうかもしれません。でも赤ちゃん連れて出かけた時に、訪れた施設でベビーカー貸し出しの文字があるかないかというのは色々なことを判断できる目安のひとつなんですよ。今回の美術館は私の認識が甘かったところは大きいですけどね。

子連れでの芸術鑑賞は、やはりあきらめなきゃいけないの?

「黙ってられない歳の子どもを、静かさが必要な施設(映画館、美術館)に連れて来るなって対応された」問題、気の毒だとも思うし、そりゃそうだとも思うし。

最中@右往左往@monaka_try

美術館に子供を連れて行くというのは一種の博打みたいなもので、あの独特の静けさで自分の声が響くのは子供にとって面白いし、焦って黙らせようとすればするほどドツボに。じゃあどうしろと? と言われると、子どもの寝ているタイミングで入るようにする、誰かに預ける、家族ときて交代で見る。とか、

イシゲスズコ@suminotiger

静かにできない種類の乳児じゃない大きさの子にも本物を見せてやりたいんだけど現状を考えるとなかなかに難しい。

イシゲスズコ@suminotiger

子ども生んでから美術館に言ったのは一回だけだな、草間彌生展にどうしてもいきたくて当事二歳半くらいだったかの末っ子を連れて思いきっていって、抱っこして声出しそうになったらいざというときは口塞げるかなって体勢で臨んだ。

Cook@CookDrake

もう一つポイントがあって、やはり子連れに向かない場所というのはあるのだが、欧米ではシッターに預けて大人だけで楽しむことが普通に行われている。日本だとそれは得てして責められる行為だが、あっちじゃ普通の大人の生活の一部。子どもを預けることを責める世間様が変わらないことにはと思う。

子連れOKも美術館もいくつかあるようです。

国立新美術館は各階多目的トイレがあるし、事前に予約すれば託児サービスを利用することも。都内で短時間で気分転換できる穴場スポットです。
今年の秋は子どもと美術館へGO!!

国立新美術館(六本木)

「子どもが屋外で楽しそうに走り回れる」
うららかな春 子連れで満足、美術館・公園ベスト10  :日本経済新聞

金沢21世紀美術館(金沢市)
授乳室などもあるようです。

「スライドマウンテン」(滑り台)といったノグチがデザインした遊具が126基あり「遊びながらアートを体感できる」
うららかな春 子連れで満足、美術館・公園ベスト10  :日本経済新聞

モエレ沼公園(札幌市)

子連れのための美術館企画がある美術館も。

子連れタイムを特別に設けず、一般のお客様と同じように鑑賞しました。会場では、赤ちゃん連れの参加者が一般のお客様から話しかけられるというほほえましい光景もありました。
2013/03/01 子連れ美術館探検!in茨城近代美術館を開催しました | 子連れスタイル推進協会

子連れだと「注意される!」と身構えてしまう傾向がありますが、実際のところ、子連れでなくても注意されてしまうこともあります。子連れだからと萎縮することなく、また、子連れ同士でかたまらずに、ばらけて鑑賞することがポイントなのかもしれません。
http://kozurestyle.com/?p=103

お子さんといっしょにお話ししながら作品を見てみませんか?
展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

求めているのは「子供に本物の芸術を見せたい☆」ではなくて。

なかくみ@kumahati8

まぁ仕方ないのは判ってるけどさ~
子供が大きくなる何年かだけの我慢でしょ?と言われても、ワタシはうっかり5年おきに3人産んでしまったので、15年以上美術館はおろか芝居も映画も数える位しか見に行った事ない…図書館ですらゆっくり通える様になったのは最近だ…涙
やっぱりそれは寂しいよ…

イシゲスズコ@suminotiger

月に一回、半日とか数時間だけでもいいから子連れ歓迎で入れる日とかあるといいなぁ。そしたらその日に照準合わせて行けるし。静寂のなかで見たい人はその程度なら避けられるかなと思うし。
大人になってもライフスタイルが変わっても持続可能な文化芸術の土壌がないと、子供が芸術に触れる機会も作りにくくなり、大人も段々遠ざかっていき、結果その芸術を支える人口が減る訳で。欧州のように国が補助金バシバシ出して芸術を守る国ではない以上、国民が守っていける仕組みを作らないと。

「行きたい展覧会を、見に行きたい。」
そんな当たり前の要望は、子育て中だと我慢しないといけないのでしょうか?
子連れOKの時間帯、ぜひ検討していただきたいです!

https://matome.naver.jp/odai/2142853739178375601
2015年04月09日