【大賞は『鹿の王』】2015年本屋大賞発表!!受賞結果をランキングで紹介!

ぴよひこ1415
2015年の本屋大賞が発表されました。すべてのノミネート作品を紹介します。全部読みたい!!!これをきっかけに新しい本との出会いがあると良いですね❤

■もう有名ですが・・・本屋大賞は「本屋さんが一番売りたい本」を選ぶ賞です。

「全国書店員が選んだ いちばん!売りたい本 2015年本屋大賞」の発表会を、4月7日(火)明治記念館にて行いました。
本屋大賞

一次投票には全国461書店580人、二次投票には286書店より342人もの投票がありました。二次投票ではノミネート作品をすべて読んだ上でベスト3を推薦理由とともに投票しました。
本屋大賞

【大賞】

『鹿の王』 上橋菜穂子 383点

出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/9/24)
強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが―!?厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまる―。
\本屋大賞第1位/
上橋菜穂子さんおめでとうございます!
『鹿の王 上.下』入荷してます。本屋さんが選んだ本、1番売りたい本がおもしろくないはずがない!遊べる本屋も全力でプッシュ! pic.twitter.com/8UxMMGUCKl
えっ 鹿の王 本屋大賞なの!?
持ってるよ!作者さんのファンだよ!
嬉しい(((o(*゚▽゚*)o)))

2位 『サラバ!』 西加奈子 310.0点

出版社: 小学館 (2014/10/29)

西加奈子作家生活10周年記念作品

1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。
父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の姉も一緒だった。
イラン革命のあと、しばらく大阪に住んだ彼は小学生になり、今度はエジプトへ向かう。
後の人生に大きな影響を与える、ある出来事が待ち受けている事も知らずに――。

matcha@fukumasagami

ナイス >> 【サラバ! 下/西 加奈子】図書館本。歩がどんどんダメなほうへ向かっていくときはどうなるのかと心配していましたが、最後はいいほうに向かってくれてよかった。幼い時エジプトでの父母の諍 →bookmeter.com/cmt/46396278 #bookmeter

あんパパ@makotomo_930

【サラバ! 上/西 加奈子】「自意識」という言葉を調べてみた。これほどゴリゴリと自意識を意識させる話がこれまであっただろうか。一気に下巻へ。 →bookmeter.com/cmt/46399723 #bookmeter

タケイシ@lemonanko

『サラバ!』とてもとてもとてつもなくすごい本だった。西加奈子そのもの、だった。 pic.twitter.com/zPo404crRg

3位 『ハケンアニメ!』 辻村深月 309.5点

2位のサラバ!とはわずか0.5点差!

出版社: マガジンハウス (2014/8/22)
監督が消えた! ?
伝説の天才アニメ監督・王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。
プロデューサーの有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。
同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と次々にヒットを飛ばすプロデューサー・行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。
ハケンをとるのは、はたしてどっち?
そこに絡むのはネットで話題のアニメーター・並澤和奈、聖地巡礼で観光の活性化を期待する公務員・宗森周平……。
ふたつの番組を巡り、誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び新たな事件を起こす!
熱血お仕事小説。

@aoicobune

辻村深月「ハケンアニメ」読了。物語の力をまた、信じることができた。

陽月@meager_spoon

辻村先生は3位かー。去年に引き続き。ハケンアニメ!は黒木さんとコウちゃんに大半の印象を持ってかれたファン歴9年?目。

4位 『本屋さんのダイアナ』 柚木麻子 239.0点

出版社: 新潮社 (2014/4/22)
私の呪いを解けるのは、私だけ――。すべての女子を肯定する、現代の『赤毛のアン』。「大穴(ダイアナ)」という名前、金色に染められたバサバサの髪。自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界と彩子だけが光を与えてくれた。正反対の二人だけど、私たちは一瞬で親友になった。そう、“腹心の友”に――。自分を受け入れた時、初めて自分を好きになれる! 試練を越えて大人になる二人の少女。最強のダブルヒロイン小説。
ちなみに今年のだと本屋さんのダイアナが好き。柚木麻子さんの書く女の友情はたまらない…!ヘタな男女よりもよっぽど萌えるぜ!
ナイス【本屋さんのダイアナ/柚木 麻子】今の私にぴったりな本でした。もう大好き。心はほんのちょっとのことですれ違う。だけどまた繋ぎ合わせることだって出来る。ほんのちょっとのきっかけ →bookmeter.com/cmt/46387961 #bookmeter

5位 『土漠の花』 月村了衛 236.5点

出版社: 幻冬舎 (2014/9/18)
ソマリアの国境付近で、墜落ヘリの捜索救助にあたっていた陸上自衛隊第一空挺団の精鋭たち。その野営地に、氏族間抗争で命を狙われている女性が駆け込んだとき、壮絶な撤退戦の幕があがった。圧倒的な数的不利。武器も、土地鑑もない。通信手段も皆無。自然の猛威も牙を向く。最悪の状況のなか、ついには仲間内での疑心暗鬼まで湧き起こる。なぜここまで激しく攻撃されるのか? なぜ救援が来ないのか? 自衛官は人を殺せるのか? 最注目の作家が、日本の眼前に迫りくる危機を活写しつつ謳いあげる壮大な人間讃歌。

隈部 雅則@kumabetti

本屋大賞については、今回、何冊かノミネート作品を読んだ中では、5位『土漠の花』月村了衛(幻冬舎)が、とてもよかった。時期的に、扱うテーマについてはいろいろと賛否あるだろうが、なんと言ってもその文章力構成力がしっかりしているので、読み応えがあった。是非ご一読を。

fortune♡ 優@rennonmamachan

『土漠の花』が最高だとうちの旦那は言う。
旦那大賞おめ!!!

6位 『怒り』 吉田修一 231.0点

出版社: 中央公論新社 (2014/1/24)
殺人事件から1年後の夏。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。それぞれに前歴不詳の3人の男…。惨殺現場に残された「怒」の血文字。整形をして逃亡を続ける犯人・山神一也はどこにいるのか?『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作!

よよ@yoyorea

昨夜は眠れなくて吉田修一さんの「怒り」を再読。(サイン会があったので珍しく購入w)やめられずに一気読み。二度目なのに何故か最後はもうぼろぼろに泣けてしまって泣きかぶったまま寝たら今朝目が腫れてたw 今日は寝ながら本読むのはやめよう…

『吉田修一の原作を李相日監督が映画化! 『怒り』の出演者を沖縄で一般公募オーディション – ORICON STYLE』

( 映画 オーディション )のニュース

麦倉正樹@mugikura

本屋大賞は獲らなかったみたいだけど、吉田修一の『怒り』は傑作ですよ。彼の小説を律儀に全部読んでるワタクシ的には。

7位 『満願』 米澤穂信 185.5点

出版社: 新潮社 (2014/3/20)

2014年のミステリー年間ランキングで3冠に輝いた、米澤ワールドの新たなる最高峰!

人生を賭けた激しい願いが、6つの謎を呼び起こす。人を殺め、静かに刑期を終えた 妻の本当の動機とは――。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在 外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなど、切実に生きる人々が遭遇 する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、 ミステリ短篇集の新たな傑作誕生!

眼球たん@cryptopussy

米澤穂信『満願』読了ー。どの短編も出来が良く面白い。「柘榴」はオチの予想が結と合致してもなお、最後の一文にはゾッとする。「万灯」は違和感こそ覚えれど、予想し得ないオチで面白い。
『祝宴』のほうが好みだけど、本著もゾッは負けていないゾッ

AkihitoAoi@akihitoaoi

本屋大賞はどう考えても米澤穂信さんの『満願』だろ!あれか、もう一通り売ったからそれで良いってかヽ(゚Д゚)ノ

mizuiro-kikyoh1582@1982Fusse

本屋大賞、米澤穂信の『満願』だとばかり思っていたので少なからずショックを受けております(・ω・`*)あぁ…なんでやねん(涙)

8位 『キャプテンサンダーボルト』 阿部和重・伊坂幸太郎 155.0点

出版社: 文藝春秋 (2014/11/28)
世界を救うために、二人は走る。東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29。公開中止になった幻の映画。迫りくる冷酷非情な破壊者。すべての謎に答えが出たとき、カウントダウンがはじまった。二人でしか辿りつけなかった到達点。前代未聞の完全合作。

a_ca_no@a_ca_no

王様のブランチで紹介 阿部 和重 の キャプテンサンダーボルト 人生に大逆転はあるのか? 現代を代表する人気作家ふたりが、 自らの持てる着想、技術をすべて詰め込んだエンターテイメント大作。 ift.tt/1w6Nq4U さんから

ムラタック@Takbob3

遅らばせながら、キャプテンサンダーボルトを読み始めた。
早くも面白くなりそうな感じ。

まるめろ@mar2futon

キャプテンサンダーボルトとっても良かった!ばらばらに散らばってた事柄がパズルのピースがはまるみたいに最後に繋がる感じと、アクション映画を観てるようなハラハラドキドキが合わさってて気分が高まりました。読んでて楽しかった。

9位 『アイネクライネナハトムジーク』 伊坂幸太郎 131.0点

出版社: 幻冬舎 (2014/9/26)
ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL……。
情けないけど、愛おしい。
そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!

伊坂さんは8位のキャプテンサンダーボルトでもノミネートされてます!

わりゃ@KUROSAWAWA

アイネクライネナハトムジークとキャプテンサンダーボルトが票割れなかったら、もっと上位いけたやろな。でも、二作品もランクインしてることがすごい。
伊坂幸太郎さんのアイネクライネナハトムジーク読了。最終章の終盤素敵すぎ。
アイネクライネナハトムジーク
面白かった
なんか次々と何かしら起こっていくこの感じが面白いなんで本屋大賞やなかったし

ここ最近アイネクライネナハトムジークって言葉が頭から離れなくて困ってたんですがいっそ神の御告だったんですかね

10位 『億男』 川村元気 42.5点

出版社: マガジンハウス (2014/10/15)
宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。人間にとってお金とは何か?「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?
♪『億男』著者が本当に見た億万長者の世界 tinyurl.com/qxw47nz … 「告白」「悪人」「モテキ」「寄生獣」等の大ヒット映画のプロデューサである川村元気氏のベストセラー小説『億男』が富裕層の間で「本物すぎる」と話題になっている。富裕層向けサービス…
川村元気の億男を読んだ 引き込まれた…すぎょい
今日、薦められて買った、「億男」面白かった。これは何回か読み返したくなりそう
https://matome.naver.jp/odai/2142845778303801801
2015年04月13日