ゲーム開発企業gumiに対する不信!業績悪化と30億円の借り入れは、投資詐欺か?

misukiru
ゲーム開発会社であるgumiに対する不振が広まっています。業績が大幅に悪化して30億円の借り入れを行ったというものです。これは、投資詐欺に当たるのではないかと投資家の不満が募っています。

第3期半期決算発表の前日、3月5日に公表した業績下方修正は株式市場を仰天させた。
gumi、何を読み間違えたらこうなるのか | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

◆ツィッター好きの社長がダンマリ

国光宏尚・gumi社長のTwitter

これが起因してなのか、Twitter依存症の国光宏尚社長もだんまり。珍しくツイートがありません。
上場したての「gumi」がゴミな見通しを発表。国光だんまりで大炎上www : IT速報

◆野村證券の降格人事

gumi公開時、渋谷支店長であった福田和之は、公開後の15年3月に京都支店長に異動、ところが16年3月に本店お客様相談室長へと降格人事が行われた。
野村証券が上場ゴール「gumi」担当者を左遷 役員コース「京都支店長」から「お客様相談室長」に(一部訂正) – OUTSIDERS report

主幹事を大和証券から奪い取った際に、野村とgumiの間でバリュエーションを高めに見積もる“密約”を結んでいた、というコンプライアンス上の問題
野村証券が上場ゴール「gumi」担当者を左遷 役員コース「京都支店長」から「お客様相談室長」に(一部訂正) – OUTSIDERS report

◆gumiの売上高の下方修正

東証の上場審査能力ゼロ
東証は、上場審査が曖昧で、素人が上場審査しても同じではないかと言われています。

2015年4月期の売上高は、当初予想の309億円から265億円(前期111億円)へ下方修正。
gumi、何を読み間違えたらこうなるのか | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

今年3月5日になって突如、大幅下方修正し、売上高は265億円、経常損益は6億円の赤字(前期は1億6800万円の赤字)とした。
「裏切り者」gumi、経営危機の予兆か 「絶対にやってはいけないこと」を犯した代償 | ビジネスジャーナル

gumi問題を契機に証券取引所の上場審査が厳しくなるのは必至であり、同社のせいで上場できなくなる企業も出る可能性があります。
(2ページ目)「裏切り者」gumi、経営危機の予兆か 「絶対にやってはいけないこと」を犯した代償 | ビジネスジャーナル

◆株価に及ぼす影響

株価が急落したgumi

gumiの公開価格は3,300円であり、過剰に強気な業績見通しに基づいた公募価格決定過程の透明性が欠如していたようにも見受けられます。
【寄稿】gumi上場が壊したものと問いかけたもの – やまもといちろう

上場から2ヶ月で赤字に下方修正

上場からわずか2カ月半後に15年4月期業績見通しの営業損益を13億円の黒字から4億円の赤字へ大幅に下方修正
「裏切り者」gumi、経営危機の予兆か 「絶対にやってはいけないこと」を犯した代償 | ビジネスジャーナル

上場ゴールと揶揄される所以はこの手の「お友達ファイナンス」とでも言うべき身内増資でIPO目前の有利な株券を回し、評価額ベースとはいえ半年や三ヶ月で三倍近い株価に上昇せしめるというのは、確かにIPOにかかわる市場環境に過剰に適応した錬金術的な問題行為だ、と批判されても仕方のない
【寄稿】gumi上場が壊したものと問いかけたもの – やまもといちろう

今後の展開はどうなる?

川本CFOは、「配信開始から2年を迎えたブレフロを楽観視していない。コンサバティブな前提で計画を作ることになると思う」と述べた。
gumi、何を読み間違えたらこうなるのか | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

https://matome.naver.jp/odai/2142843904488389201
2017年12月26日