EXILEのATSUSHIもハマる生体エネルギーとは

porio
ATSUSHIが信奉していると話題の生体エネルギーについてまとめてみました。
最初に提唱された佐藤 政二 氏
生体エネルギー研究所 所長。
1941(昭和16)年生まれ。

4歳のとき父の郷里長野県に移住。農業を志し、持ち前の好奇心と不屈のチャレンジ精神で、常にユニークで深い問題意識をもって自然と向き合う。その過程ですでに20年以上前に生体エネルギー理論の根本をつかむ。大自然からのこのメッセージは、できるだけ多くの人に知っていただき、あらゆる場面で役立てていただくべきであるとの観点から一般にオープン。その理論や技術の応用に関する講演や実践指導に全国を駆け巡りながら、「自然からもとめられる人類」をめざして充実した毎日をおくっている。
株式会社シマムラ

生体エネルギーについて

生体エネルギーは、あらゆるものを作っている基本のエネルギーです。 存在するものの全ては、物理的な引力で結びついているだけではなく、情報と情報をつなぐ力によって形成されていると考えられます。物体は情報の固まりだと考え、その情報を結びつける力という意味で「同化力」とも呼んでいます。
Q&A

ATSUSHIが取り入れていると噂になっています。
エッセイ集「天音」
2013年4月にATSUSHI自身の半生を綴ったエッセイ集
携帯電話用誘導翻訳充電器  天音S
エッセイ集「天音」と同じ名前は偶然でしょうか。

ATSUSHIも購入しているとされる商品

どんな成果が出ているか

*連作障害の克服をはじめ、常識をはるかに超えた農業技術
* 高品質農作物や加工食品の生産(さまざまなコンクールでの受賞)
* 遺伝子組み替えなしに植物の形質を変化させる(ナスがトマトになる)
* 毒とされる化学物質の組成はそのままで毒性が現れない(プールの塩素や青酸カリの実験)
* 金属の融点が変わり、新しい合金つくりが可能となる・・・etc
株式会社シマムラ

関連リンク

https://matome.naver.jp/odai/2142767196776735401
2015年03月30日