iPhoneユーザーに知ってほしい「Androidの魅力」

ks647191
iPhoneにはないAndroidの魅力についてまとめました。

iPhoneは日本で大人気

アップルの勢いはとどまるところを知らず、つい先日も、2014年10~12月期の決算発表で、iPhoneの販売台数が7450万台に上り、四半期の販売台数として過去最高を記録しました。
AndroidがiPhoneより優れている15の機能 – TeachMe iPhone

だえもん@daemo_pe

でも買うならiPhoneが無難って感じ 1番良くはなくても失敗は無さそう

栗まりね@maline1220

そろそろ携帯変えようかと思ってショップ行ったけど、気に入ったのなかったなぁ
やっぱり無難にiPhoneにした方がいいのかね。
ケース変えられるという魅力。
でもiPhoneに不満点がないんやったらiPhoneにしといた方が無難やで
やはり「iPhone=無難」というイメージがユーザーに植え付けられているようですね。

飛ぶように売れ続けるiPhoneですが、もちろんAndroidのスマートフォンを愛する人も多く、人気の理由もしっかりとあります
AndroidがiPhoneより優れている15の機能 – TeachMe iPhone

AndroidがiPhoneより優れているところ

1. micro SDで容量アップ

micro SD
外部メモリで容量を増やせるのは大きい。
iPhoneは一度容量を選んでしまったら専用機器を購入しない限りそれ以上増やすことはできない。

2. 音楽等のファイル管理

iPhoneではiTunesというソフトを使ってミュージックアプリに音楽を入れますが、AndroidはPCのエクスプローラからドラッグアンドドロップで簡単にぶち込めます。

iPhoneに音楽を入れる方法。iTunesとやらを入れなきゃいけないし、若干めんどくさい…

こちらはAndroidに音楽を入れる方法。
iPhoneより簡単だと思いませんか?

3. カスタマイズ性が高い

正直、iPhoneからアンドロイドに変更したのも
カスタマイズ性に乏しく、
iPhoneに飽きてしまったという感じもある。

それと同時に、
カスタマイズ性の高いアンドロイドを
触ってみたいという

ミーハー心をくすぐられる感じが、
アンドロイドの魅力だと思う。
AndroidスマホとiPhone6の違いを徹底比較してみた | アンドロイドマニア.com

カスタマイズの一例としては

自作ホーム画面
自作着信音
自作ロック画面
AndroidスマホとiPhone6の違いを徹底比較してみた | アンドロイドマニア.com

iPhoneのホーム画面
iPhoneユーザーは見慣れているホーム画面。
シンプルで使いやすい反面、人によっては飽きてしまうかも…?ちなみにiPhoneはこれ以上カスタマイズすることは内部の改造行為をしない限りできません。
それに比べてAndroid
初音ミクですね。Androidはアプリを使うことによってテーマを自由自在にカスタマイズできます。もちろん特殊な改造等は一切必要ナシ!
アプリの表示を文字だけにすることも可能。
シンプルですね
Windows Phoneっぽくすることも可能です

4. 防水、防塵の機種が多い

日本のスマホの大きな特徴の一つが防水機能だ。日本メーカーのスマホはほとんどが防水対応し、急な雨やキッチンまわりでの利用などでも安心して使うことができる。
海外のスマートフォンに防水対応製品が少ない5つの理由 – ライブドアニュース

5. ウィジェットの使いやすさ

ウィジェットはアプリが取得した特定の情報をホーム画面に表示するためのパーツで、例えば天気予報やカレンダー、SNSの更新通知や、アルバムの写真のスライドショー、音楽プレイヤーのコントローラなど、わざわざアプリを起動しなくとも、ホーム画面に並べておくだけで情報の表示およびコントロールが可能になる。
「ウィジェット」を活用してAndroid端末をもっと使いやすく | マイネ王

ホーム画面にカレンダーを置いたり・・・
かっこいい時計を置いたり・・・
音楽プレーヤーを置いたり!
ウィジェット機能はiOSには無い。これもAndroidの強み。

6. 安価

価格こそがAndroidの最大の特長です。
日本人がAndroidよりiPhoneを選ぶ本当の理由 – NAVER まとめ

iPhoneが発売されたその日から、それは誰もが憧れるブルジョア商品でした。高価で、派手じゃないのにファンシーで、小金持ちの白人たちはそれを自分の家の神童のように愛しました。それは俳優とかモデル、ラッパー、学者、収入以上にぜいたくに暮らすグラフィックデザイナーといった人たちのスマートフォンでした。歴史上、iPhoneほどに階級を表すガジェットはありませんでした。
Androidが売れるのは「良いから」じゃなくて「安いから」 : ギズモード・ジャパン

iPhoneが発売された頃はお金持ちの持ち物として認識されていたのですね。

iPhone 6が16GBが税別6万7800円、64GBが税別7万9800円、128GBが税別8万9800円で、iPhone 6 Plusが16GBで7万9800円、64GBで8万9800円、128GBで9万9800円となっています。
日本のSIMフリー「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」のApple Store公式価格判明 – GIGAZINE

高いですな・・・

SIMフリーiPhone 6,iPhone 6 Plusの価格
Plusの最上位モデルは10万近いお値段。

おすすめ!格安Android

priori2 LTE 希望小売価格 12,800円

7. LINEのポップアップ通知

「LINEをするためにスマホにしたい」という人も少なくない昨今、Android端末にするかiPhoneにするかを、LINEの使い勝手によって決めるという視点もあっていいかもしれない。
LINEを使い倒すなら、iPhoneよりAndroidが便利な6つの理由 | アプリオ

LINEは今やスマホユーザーが入れていて当然のコミュニケーションツールですよね。

既読回避の通知ポップアップ
LINEのAndroid版とiPhone版で最も差がつくのは、通知ポップアップの性能かもしれない。トークでメッセージを受信した際、いずれも画面上に通知ポップアップを表示させることができるのだが、Android版のほうがよりリッチにできている。

iPhone版では20文字程度のテキストが1メッセージ分しか確認できないのに対して、Android版ではスタンプを含めた複数メッセージをポップアップ上でスライドさせて、ほぼ無制限に閲覧できるのだ。
LINEを使い倒すなら、iPhoneよりAndroidが便利な6つの理由 | アプリオ

ポップアップから全て読める上に、通知から読む場合は既読はつかない。

8. 着信LEDがある

Galaxy NexusのLED

多くのスマホには、不在着信や新着メールなどが有るときにLEDを点滅させて知らせる機能が搭載されており、画面を点灯することなく通知の存在に気付くことが出来る。
不在着信やSMSの相手によって通知LEDの色を変えられる「LED Controller」 | あんどろいどスマート

しかし、iPhoneにはLED通知機能は今のところありませんね。

LEDの色を制御するアプリもあります。

https://matome.naver.jp/odai/2142746990924411701
2015年03月31日