畑の青魚といわれるえごま油(エゴマ油)とは?たけしの家庭の医学で紹介

藤井ヤクモ
たけしの家庭の医学でも紹介され、いっそう注目を浴びる「エゴマ油」。畑の青魚とも言われます。どんな効果があるのか、みていきましょう。

畑の青魚とは?

青魚に多く含まれるEPAやDHAの元となるαーリノレン酸が豊富に含まれまる、エゴマ油のこと。
畑の青魚とは?【エゴマ油】 | 人生が活きるメディア情報発信サイト 【GOOD PRESS】

エゴマ油とは?

漢字で書くと『荏胡麻油』

えごまは大葉(青シソ)と似た葉をもったシソ科の植物

青魚に多く含まれるαリノレン酸(アルファーリノレン酸)が
えごま油(エゴマ油)にも青魚同様に多く含まれてれいる

身体にとって不可欠なオメガ3(n-3)系の必須脂肪酸

αリノレン酸(アルファーリノレン酸)は摂取後に
体内でEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変わる

畑の青魚 - エゴマ油に含まれるαリノレン酸には以下の効果が期待

老化、認知症の予防

血栓の予防

ダイエット効果

生活習慣病予防に効く、エゴマ油

お料理にどうやって使う? エゴマ油

エゴマ油は、ミネラルも多く含んでいる

エゴマ油の弱点
・熱に弱い
・酸化しやすい

炒め物に使うのはNGで、開封後はできるだけ早く使い切るようにしましょう

エゴマ油は、直接、サラダやお豆腐、納豆などにかけるのが良さそうです。

後述しますが、筆者は直接飲んでいます

アトピーや花粉症に効くといわれる「エゴマ油」

荏胡麻(エゴマ)の主成分「αリノレン酸(n3系脂肪酸)」は、活性化の強いアレルギー・炎症の化学伝達物質(メディエーター)の代謝を抑える働きがあると言われています
花粉症やアトピーなどアレルギーに荏胡麻(エゴマ)

良い油を摂取する事は、体質改善にもなり
花粉症やアトピーなどの、アレルギーに対しても有用なようです。

余談:筆者のエゴマ油 摂取方法

はと麦と一緒に、スプーン1杯のエゴマ油

油っぽさが、はと麦で緩和され、飲みやすくなります。

はと麦
薬効
利尿・むくみ 滋養強壮 肌荒れ・シミ・ニキビ・色黒 リュウマチ・神経痛 イボ
はと麦と一緒に、スプーン1杯のエゴマ油

アトピーもちの筆者は、肌荒れにもよいと言われる「はと麦」と一緒に、スプーンで一緒に「エゴマ油」を1杯、毎日飲んでいます。

https://matome.naver.jp/odai/2142717677977565501
2015年03月29日